脱毛中の日焼けに注意!どのくらい期間を空ければ再開していい?

contents

日焼けしていると脱毛できないの?」「脱毛サロンに日焼けをしないように言われたけどどうして?という疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

日焼けに注意していても、紫外線を浴びずに生活するのは難しいですよね。特に春〜夏は日差しが強く、肌を露出するイベントも多いため日焼けしやすい季節といわれます。

海やプール、スポーツなど屋外での予定がある場合は、日焼け後どのくらい期間を空ければ脱毛ができるのか気になりますよね。この記事では、脱毛期間中に日焼けを控える理由や紫外線が肌に与えるダメージなどをご紹介します。

おすすめの日焼け対策も確認し、脱毛をスムーズに進めきれいな肌を手に入れましょう。

>>おすすめの医療脱毛が知りたい方はこちらをチェック!
※本ページにはプロモーションが含まれています。

日焼けしていても施術できる脱毛サロン5選



日焼けしていても施術できる脱毛サロンは、以下の5つです。

クリニック名脱毛方法店舗数営業時間
ミュゼプラチナムS.S.C. iPS care 方式185店舗9:00〜21:00(店舗による)
Dione(ディオーネ)ハイパースキン脱毛(蓄熱式)111店舗9:00〜20:00(店舗による)
ストラッシュSHR脱毛50店舗11:00〜20:00
ラココSHR脱毛93店舗10:00〜21:00(店舗による)
ANELA(アネラ)SHR脱毛×SSC脱毛コラボ1店舗10:00~20:00

日焼けした肌でも照射可能な脱毛器を導入しているので、肌が黒めの方や色素沈着した部位の脱毛がしたい方にもおすすめです。

ミュゼプラチナム



ミュゼプラチナムでは、オリジナルのS.S.C. iPS care方式を使用しています。

美容成分が多く配合された美容液を使用し、脱毛とともに美肌に導いてくれるのが特徴的です。

脱毛器のパワーを従来より30%上げつつも刺激が少なく、日焼けした肌にも優しく照射できます。

47都道府県すべてに店舗があり、引っ越しを伴う転勤がある場合でも通い続けられるのがポイントです。

公式アプリで予約情報は確認できるので、手軽に予約キャンセルや当日予約が可能です。

ミュゼプラチナムのおすすめポイント
  • 追加料金0円
  • 店舗数が多く予約を取りやすい
  • 7歳から脱毛できる

ミュゼプラチナムのキャンペーン情報

ミュゼプラチナムでは現在、新生活応援セールキャンペーンを実施しています。

新生活応援セールキャンペーン情報
特典全身脱毛4回+顔脱毛4回+VIO脱毛4回+全身美白2回を全てセットで100円
対象初めてミュゼプラチナムに契約する方
条件初めての契約であること
期間4月30日まで
必要なものなし

ミュゼプラチナムの基本情報

ミュゼプラチナムの基本情報
店舗数185店舗
営業時間9:00~21:00(店舗による)
脱毛方式S.S.C. iPS care 方式
有料サービスなし
無料サービス麻酔料金

シェービング料金

キャンセル料金

解約手数料

支払方法現金

クレジットカード

信販

カウンセリング予約はこちら

ミュゼプラチナムの主なプラン料金

ミュゼプラチナムの主なプラン料金
プラン回数1回あたりの料金総額
全身脱毛(顔+VIO含む)1回¥33,000
コース終了後¥21,450
8回¥26,400¥211,200
12回¥23,100¥277,200

Dione(ディオーネ)



Dione(ディオーネ)は黒い肌に照射しても火傷のリスクが低いハイパースキン脱毛を導入しているクリニックです。

子ども専用の脱毛器があるので、3歳以上であれば脱毛をはじめられます。毛が濃く悩んでいるお子様や肌が黒い方におすすめの脱毛クリニックです。

Dione(ディオーネ)のおすすめポイント
  • 敏感肌に優しいハイパースキン脱毛
  • 3歳から脱毛OK
  • 店舗数が多く通いやすい

Dione(ディオーネ)のキャンペーン情報

Dione(ディオーネ)では初回限定割引キャンペーンを実施しています。

初回限定割引キャンペーン情報
特典
  • 顔脱毛1回¥3,300
  • VIO脱毛2カ所1回¥3,300
  • 選べる全身脱毛1回¥3,300
対象初めて契約する方
条件初めて契約すること
必要なものなし

VIO脱毛のパーツは「ビキニVライン上部・ビキニVラインサイド・ビキニIライン・Oライン」の4カ所です。

Dione(ディオーネ)の基本情報

Dione(ディオーネ)の基本情報を紹介します。

Dione(ディオーネ)の基本情報

店舗数111店舗
営業時間9:00〜20:00(店舗による)
脱毛方式ハイパースキン脱毛(蓄熱式)
有料サービス解約手数料
無料サービス麻酔料

シェービング料

キャンセル料

支払方法現金

クレジットカード

(店舗によって異なる)

カウンセリング予約はこちら

営業時間や支払方法は店舗によって異なるため、事前に確認するのがおすすめです。

Dione(ディオーネ)の主なプラン料金

Dione(ディオーネ)の主なプラン料金
プラン回数1回あたりの料金総額
全身まるごと脱毛12回¥36,300¥435,600
顔全体12回¥6,600¥79,200

ストラッシュ



ストラッシュは蓄熱式の脱毛器を導入しているため、日焼けした肌でも問題なく脱毛可能です。

通学や部活で日焼けしやすい学生は、ストラッシュでの脱毛がおすすめです。

ストラッシュは「月額4,400円(税込)〜」で契約可能な月額制プランがあるため、ローンを組む必要がありません。
全プラン最大30%OFFの学割が適用され、割引は卒業後も続きます。

バイト代でローンを組まずに通える、学生に優しい脱毛サロンです。

ストラッシュのおすすめポイント
  • 割引対象が広い
  • 10歳から脱毛OK
  • 都度払い制が使える

ストラッシュのキャンペーン情報

ストラッシュのキャンペーン情報
【ペア割】最大30%OFF

【リベンジ割】最大30%OFF

【学割】最大30%OFF

【キッズ割】最大30%OFF

【紹介割】2人で最大6万円分のギフト

ストラッシュには、お得なキャンペーンが豊富にあります。

キャンペーンによって対象者や条件などが異なりますので、事前に確認するのをおすすめです。

ストラッシュの基本情報

ストラッシュの基本情報
店舗数50店舗
営業時間11:00〜20:00
脱毛方式SHR脱毛

IPL脱毛

有料サービスシェービング料

当日のキャンセル料(回数一回分消化)

無料サービスキャンセル料(予約前日まで)
支払方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • 信販
  • PayPay
  • LinePay
カウンセリング予約はこちら

キャンセルをしたい場合には、予約前日までにLINEのマイページにてキャンセルする必要があります。

前日以降のキャンセルは施術回数1回分が消化されてしまうので、余裕を持って早めにキャンセルの手続きをするようにしましょう。

ラココ



ラココは蓄熱式の「ルミクス脱毛」を導入しており、日焼けした肌でも問題なく脱毛が可能です。
ルミクス脱毛は低刺激なので、日焼けした肌に施術してもダメージが少ないという特徴があります。

「ルミクス脱毛」は連続照射で1秒間に1,000本の毛を脱毛でき、全身脱毛の場合でも施術にかかる時間はわずか30分です。
毛周期に関係なくできる脱毛なので、全身脱毛も最短6カ月で効果が出ます。

主なコース価格(税込)
全身脱毛【6回コース】118,800円
VIO脱毛【12回コース】118,800円

ラココの基本情報

店舗数93店舗
営業時間10:00〜21:00(店舗による)
脱毛方式SHR脱毛
麻酔代金なし
シェービング代金手の届かない範囲:無料

その他:1,080円

キャンセル料金前日18:00まで:無料

以降:2,200円

ANELA(アネラ)



ANELA(アネラ)は蓄熱式の脱毛器を導入しているため、日焼けした肌でも問題なく脱毛可能です。美肌ケアをしながら効果的に脱毛をしたい方は、ANELA(アネラ)に通いましょう。

ANELA(アネラ)では、10種類の美容成分と制毛作用のある成分を配合した美容ジェルの上から脱毛器の光を照射します。
保湿やエイジングケア、毛穴の引き締め効果も期待でき、顔とVIOを含む全身脱毛を受けた場合の所要時間は60〜90分です。

カウンセリングは無料なので、気軽に相談してみましょう。

主なコース価格(税込)
全身+顔+VIO脱毛【6回コース】105,600円
全身+顔+VIO脱毛【月額コース】月々6,578円

ANELA(アネラ)の基本情報

店舗数1店舗
営業時間10:00~20:00
脱毛方式SHR脱毛×SSC脱毛コラボ
麻酔代金なし
シェービング代金基本無料
キャンセル料金2日まえ20:00まで:無料

以降:1,000円

日焼けしていても施術できる医療脱毛8選



日焼けしていても施術できる医療脱毛は、以下の8つです。

クリニック名脱毛方法店舗数営業時間
エミナルクリニック熱破壊式・蓄熱式60店舗10:00~21:00(店舗による)
レジーナクリニック熱破壊式・蓄熱式22店舗月〜金:12:00〜21:00、土日祝日:11:00〜20:00(店舗による)
リゼクリニック熱破壊式・蓄熱式26店舗10:00~20:00(店舗による)
フレイアクリニック熱破壊式・蓄熱式(照射日ごとに選択可)18店舗月〜金12:00-21:00、土日祝11:00-20:00(店舗による)
ミラクリニック熱破壊式・蓄熱式11店舗11:00~20:00(店舗による)
じぶんクリニック熱破壊式・蓄熱式25店舗11:00~20:00(店舗による)
TCB東京中央美容外科熱破壊式・蓄熱式81店舗10:00~19:00(店舗による)
トイトイトイクリニック熱破壊式・蓄熱式3店舗11:00~20:00(店舗による)

長時間紫外線を浴び肌が黒くなってしまった場合でも施術可能な場合があるため、気軽に医療脱毛へ相談しましょう。

エミナルクリニック



エミナルクリニックは毛質や部位に合わせてレーザーの種類を使い分けてくれるので、日焼けした肌でも施術可能です。新型の脱毛器には、施術後の刺激を和らげる強力な冷却機能が付いています。

最短5ヶ月で脱毛が完了するので、日差しが強い夏を避けて施術ができるのも魅力です。メンズエミナルが併設されている院でも、受付や施術室などすべての空間が区分けされています。

女性専用の医療脱毛を探している方や日焼け後の肌で不安な方は、エミナルクリニックの無料カウンセリングを受けましょう。

主なコース価格(税込)
全身+顔+VIO脱毛【5回コース】129,800円
全身脱毛+VIO脱毛【5回コース】68,200円

エミナルクリニックの基本情報

店舗数60店舗
営業時間10:00~21:00(店舗による)
脱毛方式熱破壊式・蓄熱式
麻酔代金3,300円
シェービング代金無料
キャンセル料金無料

レジーナクリニック

レジーナクリニックは蓄熱式と熱破壊式の脱毛を使い分けられるので、日焼けや敏感肌にも臨機応変に対応してくれます。

日焼けした方にレジーナクリニックがおすすめな理由は、以下のとおりです。

  • 麻酔代が無料
  • 低刺激で黒っぽい肌の脱毛も安心
  • 肌トラブルの診療や薬代は無料
  • 手の届かない範囲のシェービングが無料

日焼けや黒ずみのある肌は刺激を感じやすい特徴がありますが、無料の麻酔で刺激を抑えられます。

主なコース価格(税込)
全身+VIO脱毛【5回コース】294,260円
全身脱毛【5回コース】215,250円
VIO脱毛【5回コース】90,000円
ワキ脱毛【5回コース】34,900円
顔脱毛【5回コース】105,000円

レジーナクリニックの基本情報

店舗数22店舗
営業時間月〜金:12:00〜21:00、土日祝日:11:00〜20:00(店舗による)
脱毛方式熱破壊式・蓄熱式
麻酔代金無料
シェービング代金届かない範囲:無料
キャンセル料金無料

リゼクリニック


リゼクリニックは、3種類の脱毛器を肌質や毛質に合わせて使い分けています。日焼けした肌の場合は、蓄熱式で刺激の少ない脱毛器で施術を受けられます。
脱毛特有の刺激が不安な方は、麻酔クリームや笑気麻酔を使用して施術を受けましょう。

コース有効期限は5年と長く、期間中はどの店舗でも施術が受けられるのが特徴的です。
転勤や引っ越しなどライフスタイルに合わせて近くの店舗で施術を受けられるのは嬉しいですよね。

キャンセル枠もリアルタイムで確認でき、枠が空いていれば当日予約もできます。
リゼクリニックオリジナルの支払い方式である「定額Pay」は、24回までの分割が無金利です。
金利が気になり支払い方法に迷っている方は、定額Payで脱毛をはじめましょう。

主なプラン【5回コース】料金(税込)
全身脱毛(VIO・顔なし)64,800円
全身+VIO99,800円
全身+VIO+顔129,800円

リゼクリニックの基本情報

店舗数26店舗
営業時間10:00~20:00(店舗による)
脱毛方式熱破壊式・蓄熱式
麻酔代金麻酔クリーム1本:3,300円

笑気麻酔30分:3,300円

シェービング代金剃り残し:無料
キャンセル料金無料

フレイアクリニック

フレイアクリニックは蓄熱式脱毛器を導入しているため、日焼けして褐色や黒褐色になった肌にも脱毛の施術が可能です。

日焼けへの脱毛が心配な方にフレイアクリニックをおすすめしたい理由は、以下の5つです。

  • 診察が無料でトラブルにも安全に対処
  • 低刺激で黒っぽい肌の脱毛も安心
  • 夜21時まで営業中で日焼けを避けられる
  • 肌トラブルの診療や薬代は無料
  • 解約手数料無料で未消化分は全額返金

脱毛器の種類は施術日ごとに選択できるので、肌の調子に合わせて機械を選びましょう。

主なコース価格(税込)
全身+顔+VIO脱毛【5回コース】142,000円
全身+VIO脱毛【5回コース】99,600円
VIO脱毛【5回コース】99,000円
手脚脱毛セット【5回コース】159,500円
腕全体脱毛セット【5回コース】75,900円
顔脱毛【5回コース】99,000円

フレイアクリニックの基本情報

店舗数18店舗
営業時間月〜金12:00-21:00、土日祝11:00-20:00(店舗による)
脱毛方式蓄熱式
麻酔代金3,300円
シェービング代金届かない範囲:無料
キャンセル料金施術日1営業日前の19時まで:無料

以降:1回分消化

ミラクリニック

ミラクリニックは、蓄熱式のメディオスターネクストプロを使用しているので、日焼け肌や顔の細い産毛などにも対応しています。

日焼けしやすい夏場を避けて、最短5ヶ月で脱毛を完了できます。ミラクリニックの医療脱毛はすべて都度払いです。脱毛したことがなく高額な料金を支払うのが不安という方でも、都度払いなら安心して利用できます。

主なコース価格(税込)
全身+うなじ脱毛初回限定:9,800円

通常価格:28,900円

全身+うなじ+顔脱毛34,900円
全身+うなじ+VIO脱毛37,900円
全身+うなじ+VIO+顔脱毛44,900円

ミラクリニックの基本情報

店舗数11店舗
営業時間11:00~20:00(店舗による)
脱毛方式熱破壊式・蓄熱式
麻酔代金3,300円
シェービング代金背中・うなじ・Oライン:無料
キャンセル料金予約2日前の19時まで:無料

以降キャンセル:1回分消化

じぶんクリニック



じぶんクリニックは刺激が少ない脱毛器を使っており、日焼けしている肌でも施術が可能です。

契約時に最大3回分の予約ができるので、最初に予約をしておくと計画的に脱毛できます。全身脱毛ですが40分ほどで施術が終わり、無理なく通院できるのも魅力です。

計画的にじぶんクリニックで医療脱毛をおこない、美肌を目指しましょう。

主なコース価格(税込)
全身+VIO【5回コース】68,200円
全身+VIO+顔【5回コース】134,200円

じぶんクリニックの基本情報

店舗数25店舗
営業時間11:00~20:00(店舗による)
脱毛方式熱破壊式・蓄熱式
麻酔代金1部位:3,300円
シェービング代金背面:無料
キャンセル料金無料

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科は、蓄熱式と熱破壊式の脱毛器を使い分けられるので、日焼けや敏感肌にも臨機応変に対応してくれます。

日焼けして黒くなった肌へのレーザー照射は、日焼け前よりも刺激が強いのが特徴です。
TCB東京中央美容外科はクリームタイプの麻酔2種類と、吸引して刺激を軽減する笑気麻酔の利用ができます。

主なコース価格(税込)
全身+VIO+顔脱毛389,000円
全身+VIO脱毛【5回コース】298,000円
全身+顔脱毛【5回コース】298,000円
全身脱毛クイック【5回コース】98,000円
VIO脱毛クイック【5回コース】48,000円
ワキ脱毛【5回コース】14,000円
顔脱毛【5回コース】102,000円

TCB東京中央美容外科の基本情報

店舗数81店舗
営業時間10:00~19:00(店舗による)
脱毛方式熱破壊式・蓄熱式
麻酔代金2,750円〜
シェービング代金剃り残し:3,000円
キャンセル料金予約時間3時間前:無料

以降キャンセル:1回分消化

トイトイトイクリニック



トイトイトイクリニックは、熱破壊式の脱毛器で施術をしてくれる医療脱毛です。熱破壊式の脱毛器は出力が強く、脱毛完了までの期間が短いといわれています。

日焼けしてしまったけれど脱毛したいという方は、クリニックへ脱毛が可能かどうか確認しましょう。肌に合うか不安な場合は、トライアルコースで脱毛を試すのがおすすめです。

トイトイトイクリニックには以下の割引制度があり、お得に脱毛を受けられます。

  • 学生割
  • 平日割
  • のりかえ割
  • 誕生月割
  • ペア割

医療脱毛は高額な場合が多いため、割引制度を上手に活用しましょう。

主なコース価格(税込)
全身+VIO脱毛【5回コース】65,000円
全身+VIO+顔脱毛【5回コース】126,000円

トイトイトイクリニックの基本情報

店舗数3店舗
営業時間11:00~20:00(店舗による)
脱毛方式熱破壊式
麻酔代金麻酔クリーム:無料
シェービング代金無料
キャンセル料金施術前営業日20時まで無料、VIOは当日キャンセル無料

脱毛期間中の日焼けがダメな理由

脱毛期間中の日焼けがダメな理由は痛みが増加してしまったり、脱毛効果が減少してしまったりするからです。

安全に効率よく脱毛をするためには、健康な肌の状態で照射をするようにしましょう。

脱毛期間中の日焼けがダメな理由は主に3つあります。

脱毛期間中の日焼けがだめな理由

  1. 【レーザーの痛みや刺激が増加】日焼けは軽いやけど状態
  2. 【肌トラブルの可能性が増加】レーザーはメラニン色素に反応
  3. 【脱毛効果の減少】高出力の照射ができない

脱毛期間中に日焼けをするデメリットについて詳しく解説しました。

一つずつ確認してみましょう。

1.【レーザーの痛みや刺激が増加】日焼けは軽いやけど状態

日焼けとは軽いやけどの状態であり、ダメージを受けた状態でレーザーを当てると痛みや刺激が強くなってしまいます。

紫外線によりダメージを受けた肌はバリア機能が低下しており、健康な肌状態と比べて肌の水分量が少なく乾燥しやすく敏感です。

そのため、日焼けした状態で照射をすると十分にレーザーによるダメージから肌を守ることができず、痛みが多く出てしまいます。

痛みを最小限に抑えるためには、極力日焼けしていない健康な肌の状態で施術を受けるのが大切です。

2.【肌トラブルの可能性が高まる】レーザーはメラニン色素に反応

日焼けした肌に照射をすると、健康状態の肌と比べて肌トラブルが起きる可能性が高まります。

レーザーはメラニン色素に反応するため、メラニン色素を多く含む日焼けした肌はレーザーの反応を強く受けるからです。

日焼けした肌にレーザーが強く当たると、赤み・乾燥・火傷・色素沈着といった肌トラブルが起きやすくなります。

肌トラブルを避けて安全に脱毛をするためには、日焼けした肌の状態ではなく、健康な肌の状態で脱毛をするようにしましょう。

3.【脱毛効果の減少】高出力の照射ができない

日焼けした状態の肌への照射は、十分にレーザーを当てることができないため脱毛効果が下がってしまいます。

日焼けした肌はダメージを受けたバリア機能が低下した状態であり、安全面の考慮から照射出力を下げなければなりません。

高出力の照射と比べて低出力の照射ですと脱毛の効果が下がってしまい、脱毛完了までの期間や費用が増加してしまいます。

一回の施術で最大限に効果を得て、効率よく脱毛をするためには日焼けの少ない健やかな肌状態で施術を受けるのが大切です。

日焼けした肌にも施術できる脱毛方法


日焼けした肌でも施術できる脱毛方法は、以下の3つです。

脱毛方法特徴メリットデメリット
SHR脱毛(蓄熱式)低出力のレーザーで連続照射をおこなうゴムで弾くような刺激が少ない効果出現まで3~4週間かかる
YAGレーザーレーザーの波長が長いため、深部までエネルギーが届く根が深い毛にも効果がある刺激が強い
ニードル脱毛電気が流れる針を毛穴に挿入し毛根を破壊する施術後すぐに効果を実感できる1度に広範囲の脱毛ができない

日焼けで色が変化した肌でも、脱毛可能な場合があります。美容クリニックや医療脱毛を検討中の方は、施術可能な脱毛方法を事前に確認しましょう。

SHR脱毛(蓄熱式)

美容脱毛をしたいが日焼けが不安という方は、SHR式(蓄熱式)の脱毛器を導入している脱毛サロンを選びましょう。

蓄熱式の脱毛器は毛根ではなく「バジル領域」にダメージを与えるため、黒っぽい肌でも使用できるメリットがあります。SHR脱毛は脱毛特有のゴムで弾くような刺激が少ないことも特徴です。

日焼けした場合の施術可否は店舗によって異なるため、カウンセリングで確認しましょう。

YAGレーザー

医療脱毛を検討中だが日焼けが気になるという方は、YAGレーザーの脱毛器を導入しているクリニックがおすすめです。

YAGレーザーは黒っぽい肌にも照射でき、美肌効果があるのが特徴です。根深い毛だけでなく産毛にも効果が期待できるので、毛質や肌色に不安がある方はYAGレーザーを検討しましょう。

ニードル脱毛

日焼けした肌でも施術できる脱毛方法の1つに、ニードル脱毛があります。ニードル脱毛は毛を電気を流した針で1本ずつ脱毛するので、肌の色の影響を受けません。

肌に炎症が起きていると施術を断られる場合が大半ですが、肌が黒いときは問題なく脱毛できます。ニードル脱毛は、肌が元々黒い方やほくろの上の毛が気になる方にもおすすめの脱毛方法です。

ニードル脱毛については、「ニードル脱毛とは?刺激はある?メリット・デメリットを総まとめ」で詳しく解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

どのくらいの日焼けなら脱毛できる?


健康状態の肌の色と同じであり、日焼けによる赤みといった肌トラブルのない状態ですと脱毛できます。

 

脱毛ができる日焼けの目安

  • 日焼けのない肌の色と同じ状態
  • 肌トラブルがない状態【赤み・皮むけ】

照射ができる日焼けの状態について詳しく解説しました。

ご自身の日焼けの状態と照らし合わせながら、確認してみましょう。

日焼けのない肌の色と同じ状態

日焼けしていない肌と日焼けした肌が目視でほとんど同じ状態であれば、日焼けしていても照射できます。

しかし、日焼けの部分が焼けていない部分と大きく差が出てしまっている場合には、レーザーを当てることができません。

焼けた肌と焼けてない肌との差が大きく出ないように、できる限り日焼け対策をするようにしましょう。

日焼けをしてしまった場合には、その日のうちに冷やしたり、ビタミンCを摂取したりするのがおすすめです。

肌トラブルがない状態【赤み・皮むけ】

日焼けによる赤みや皮むけといった肌トラブルがない状態であれば、日焼けをしていてもレーザーを当てられます。

肌トラブルがあると、安全面から肌トラブルを悪化させないために照射をすることができません。

安全に効率よく脱毛するためには、肌トラブルのない健やかな肌を保つのが大切です。

脱毛期間中は健康な肌状態を保つために、日焼け止めを塗ったり、外出後に肌を冷やしたりして日焼け対策をするようにしましょう。

脱毛しない部位の日焼けはOK

脱毛しない部位の日焼けであれば、日焼けをしていても脱毛できます。

日焼けの注意が必要なのは、安全面から肌ダメージがある部位に照射をすることが難しいからです。

そのため、脱毛する部位が健康的な肌の状態であれば、そのほかの部位に日焼けがあったとしても問題なく脱毛できます。

日焼けしにくい部位や服などで隠れている部位はさほど注意する必要はありませんが、焼けやすい部位などはしっかりと日焼け対策をするようにしましょう。

どのくらいの期間で日焼けは治る?



日焼けには2種類あり、赤くなる日焼けは2~3日で治り、黒くなる日焼けは数週間~数か月で治ります。

赤くなる日焼けはサンバーン(UVB)と呼ばれ、黒くなる日焼けはサンタン(UVA)と呼ばれます。

どのくらいの期間で日焼けは治る?
  • サンバーン(UVB)は2~3日で治る
  • サンタン(UVA)は数週間~数か月で治る

日焼けの種類によって、治る期間が異なります。

日焼けの状態と照らし合わせながら、確認していきましょう。

サンバーン(UVB)は2~3日で治る

肌に赤みや痛みが出るサンバーン(UVB)は発症してから、2~3日で治ります。

サンバーンは紫外線を浴びてからすぐに起きる日焼けであり、一気に大量の紫外線を受けると発症するというものです。

軽い火傷の症状である赤みや痛みなどが現れ、ひどい炎症の場合には皮膚細胞が死んでしまう事による皮むけが起きます。

紫外線耐性が弱い、色白の方がなりやすい日焼けの症状です。

軽い火傷状態ですので、外出などで紫外線を浴びた際には冷やすなどして症状を和らげるケアをしましょう。

サンタン(UVA)は数週間~数か月で治る

肌が黒くなるサンタン(UVA)は発症してから、数週間~数か月で治ります。

サンタンは紫外線を浴びてから徐々に肌が黒くなっていくという症状です。

肌を紫外線から守るために、メラニン色素が生成されるためこのような症状が現れます。

サンバーンよりも症状が治る期間が長く、数週間~数か月ほどの治癒期間が必要です。

紫外線耐性が強い方がなりやすく、サンバーンよりもサンタンの方が炎症が弱くなっています。

肌のターンオーバーを早めることで症状が早く治るため、良質睡眠を心がける、レチノールなどの美容品を使用するなどがおすすめです。

脱毛期間中におすすめの日焼け対策



脱毛期間中のおすすめの日焼け対策は、しっかりと日焼け止めを塗るなどがあります。

脱毛期間中におすすめの日焼け対策
  • こまめに日焼け止めを塗る
  • 日除けアイテムで紫外線をガードする
  • 紫外線が強い時間帯の外出を避ける

脱毛効果を十分に得るためには、正しい知識を持って事前に日焼け対策をするのが大切です。

日焼け対策について詳しく解説しましたので、確認していきましょう。

こまめに日焼け止めを塗る

脱毛期間中は日の当たる部位に、日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。

外出中でなくとも部屋の中に紫外線は入り込んでくるため、毎日欠かさず日焼け止めを塗るのが大切です。

脱毛期間中はレーザーによる肌へのダメージもあるため、肌に優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。

絶対に日焼けしないようにと効果の高い日焼け止めや水を弾くウォータープルーフなどを使用するのは注意です。

効果の高い日焼け止めは肌への刺激の強く、ウォータープルーフは落ち切らずに肌に残ってしまい、肌荒れを引き起こしてしまう事があります。

そのため、肌への負担が少ない優しい敏感肌用の日焼け止めで、紫外線対策をするようにしましょう。

また、日焼け止めは効果を発揮するには塗ってから15分ほどの時間を必要とし、効果が働く時間は3時間ほどです。

日中の間に日焼け効果を保ち続けるためには、3時間おきにこまめに日焼け止めを塗り直す必要があります。

手の届く範囲はクリームタイプの日焼け止め、手の届かない背中などの範囲はスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

塗り残しやムラがないようにしっかりとこまめに日焼け止めを塗るようにしましょう。

日除けアイテムで紫外線をガードする

なるべく日が当たらないように、日除けアイテムで紫外線をガードするようにしましょう。

日に当たることによって紫外線を受けて日焼けをするため、帽子や日傘などで日に当たらない工夫をするのが大切です。

また、上からの光だけでなく地面や建物からも紫外線が反射するため、全方向から守れるUVカット効果のあるカーディガンやアームカバーを着用するのもおすすめ。

夏は薄手のものや冬は厚手のものなど工夫しながら、日光を避けて紫外線対策をするようにしましょう。

紫外線が強い時間帯の外出を避ける

脱毛期間中は、紫外線が強く日焼けしやすい時間帯の外出を避けましょう。紫外線が強い時間帯は、10〜14時です。

春〜夏は特に紫外線が強いので、日中の外出を控えるだけでも日焼け予防になります。
紫外線が強い時間帯に外出するときは、日焼け止めアイテムを併用して肌を守りましょう。

脱毛期間中に日焼けしてしまった場合の対処法

脱毛期間中に日焼けしてしまった場合の対処法は、冷やして炎症を抑えるなどがあります。

脱毛期間中に日焼けしてしまった場合の対処法
  • 肌を冷やして炎症を緩和する
  • 肌をたっぷり保湿する
  • ビタミンCで美白ケアをする
  • 日焼けが落ち着くまで脱毛を休む

脱毛期間中に日焼けをしてしまった時は、炎症を緩和させる対処をすることによって治癒を早めることができます。

可能な範囲でスキンケアなどの肌回復のケアをするようにしましょう。

肌を冷やして炎症を緩和する

日焼けをしてしまったら最初に、日焼け部分を冷やすようにしましょう。

日焼けは肌が軽い火傷状態になっているため、火傷の対処法と同様に患部を冷やすのが有効です。

日焼けしたらできる限り早くに、冷たい流水で肌の負担にならぬよう優しくゆっくりかけ流すようにしましょう。

冷たい水をかけるのが難しい場合には、保冷剤や冷たい清潔なタオルなどで冷やすのがおすすめです。

症状の緩和には冷やすことが大切ですが、長時間冷やしすぎると凍傷になる可能性があるため気をつけるようにしましょう。

肌をたっぷり保湿する

しっかりと日焼け部分を冷やせたら、肌をたっぷり保湿するようにしましょう。

日焼けした肌は乾燥しているため、保湿することによって肌の回復を早めることができます。

日焼けした肌はダメージを受けている状態なので、低刺激の保湿剤で優しく肌がひんやりとするまで保湿をするようにしましょう。

敏感肌用の保湿力の高い化粧水や乳液を使うのがおすすめです。

保湿をする際はできる限り肌への負担を減らすために、摩擦のないよう擦ったり叩いたりせずに、コットンなどを用いて優しく潤いを与えるように塗りましょう。

サプリや化粧品で美白ケアをする

しっかりと保湿して数日後に日焼けが落ち着いてきたら、サプリや美白化粧品などで美白ケアをするようにしましょう。

ビタミンCやトラネキサム酸といった美白成分はメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、日焼けによるシミや色素沈着を防ぐ効果が期待できます。

ケアが不十分で濃いシミなどができてしまうと、シミの部分には施術ができなくなってしまうため注意が必要です。

サプリや美白効果のある食品、美白化粧品などを積極的に用いて、内側と外側から日焼けケアをするようにしましょう。

日焼けが落ち着くまで脱毛を休む

日焼けをしてしまったら炎症が落ち着くまで脱毛を休むことがおすすめです。日焼けにより肌が黒くなったり、炎症を起こしたりしている場合は、施術可能な範囲が狭まります。

肌の状態が元通りになるまで脱毛を休み、レーザーや光のダメージを最小限に抑えましょう。脱毛の予約をする際は、日焼けする可能性がある屋外イベントの前後を避けることが大切です。

脱毛と日焼けに関するよくある質問

脱毛と日焼けに関して多い質問は、以下の3つです。

  • 脱毛の日は日焼け止めを塗ってもいい?
  • 日焼けしていると当日施術はできない?
  • 夏でも脱毛できるの?脱毛におすすめの時期は?

各質問の回答を参考にし、日焼けをしやすい時期でも脱毛をスムーズに進めましょう。

脱毛の日は日焼け止めを塗ってもいい?

日焼け止めを塗ったままでは脱毛を受けられません。日焼け止めの成分は毛穴に詰まりやすく、脱毛効果を十分に発揮できないためです。

施術の直前に拭き取りシートで落とすと、拭き残しがあったり、肌へ大きな負担がかかったりします。施術当日は日焼け止めを使用せずに、日傘や帽子を利用して紫外線対策をしましょう。

日焼けしていると当日施術はできない?

日焼けしている範囲が広い場合は、当日の施術を断られるケースもあります。ただし、全身脱毛では日焼けしている部分だけ避けて施術したり、出力を下げて照射したりできます。

ひどい日焼けでない限りは、当日の施術も問題ないでしょう。

施術を断られるとキャンセル料が発生してしまうこともあるので、事前にクリニックへ問い合わせて確認するのがおすすめです。

夏でも脱毛できるの?脱毛におすすめの時期は?

夏でも脱毛はできますが、1年のなかで最も紫外線が強く、日焼けしやすいため注意が必要です。

「脱毛のあとに日焼けして肌が荒れてしまった」なんてことにならないよう、脱毛の時期を選ぶことも大切です。肌の露出が少ない秋〜冬は、脱毛におすすめの時期です。

脱毛は毛周期に合わせて回数を重ねなければなりません。肌の露出が増える夏までに脱毛を完了させるために、秋〜冬に脱毛をスタートするのをおすすめします。

脱毛した日の過ごし方


脱毛した日は、以下の3つの内容に注意し過ごすことが大切です。

  • 日焼け対策をして帰宅する
  • 入浴は控える
  • 肌に優しい化粧品を使う

美肌を目指して脱毛している場合でも、対策を怠ると肌荒れしてしまう可能性があります。脱毛は肌へ負担がかかるため、施術日は念入りにスキンケアをおこないましょう。

日焼け対策をして帰宅する

脱毛した日は日焼け対策をして帰宅してください。脱毛直後の紫外線は、普段の何倍もの悪影響を及ぼします。

日焼け止めクリームや日傘などを使用し、帰路の日焼けを防ぎましょう。汗をかくと日焼け止めクリームは落ちていくので、定期的に塗り直すのを忘れずにおこなってください。

入浴は控える

脱毛した日は入浴を控えることが大切です。脱毛後の肌は普段より乾燥しやすく、お風呂に入ると肌荒れの原因になります。

脱毛施術日当日は、ぬるめのシャワーで済ませて保湿を忘れずにおこないましょう。保湿には、使い慣れたクリームや敏感肌でも使える商品を使用するのがおすすめです。

肌に優しい化粧品を使う

脱毛した日は肌に優しい化粧品を使いましょう。脱毛のレーザーは肌への負担が大きいため、施術後はいつもより敏感な肌になります。

毛穴を引き締める効果のある化粧水や、さっぱりタイプの化粧品などに多く含まれているエタノールは、肌トラブルの原因になります。日常的に刺激の強い化粧品を使用している方は、脱毛日に使えるスキンケア用品を用意しましょう。

脱毛中は日焼け対策をしてきれいな肌を手に入れよう

脱毛をスムーズに行うためにも日焼け対策をすることが重要です。脱毛期間中の日焼けがNGな理由を振り返りましょう。

脱毛期間中の日焼けがNGな理由

  • 日焼けした肌にさらにダメージを与えてしまう
  • 出力を下げて照射するので脱毛効果が下がる
  • 日焼けがひどいと脱毛できない

日焼けした肌にレーザーを照射すると肌トラブルの原因になるため、脱毛中は以下3つの紫外線対策をとりましょう。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日焼け予防アイテムを使う
  • 紫外線の強い時間帯の外出を控える

脱毛期間中にどうしても日焼けが避けられない場合は、アフターケアを十分におこない、肌トラブルを最小限に抑えることが大切です。日焼けによる肌トラブルを防ぐことで、脱毛効果を高められます。

肌トラブルを起こすことなく脱毛に通い、きれいな肌を手に入れましょう。

脱毛するならキレイモがおすすめ!

キレイモがおすすめの理由

  • 日本中に店舗が拡大!現在28店舗!
  • 追加料金はなし!1回の施術で全身可能!
  • 数十万を超える利用者が大満足!