脱毛期間中の日焼けに注意!日焼けを控える理由と対策

contents

日焼けしていると脱毛できないの?」「脱毛サロンに日焼けをしないように言われたけどどうして?」という疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

どんなに気をつけていても、全く紫外線を浴びずに生活するのは難しいですよね。特に春〜夏にかけての季節は肌を露出するイベントも多いです。

海やプール、スポーツなど日焼けしてしまう予定をお考えの場合、脱毛までにどれくらいの期間を空けたらいいのか、どれくらいの日焼けなら脱毛できるのか気になりますよね。この記事では、脱毛期間中に日焼けを控える理由、日焼けが肌に与えるダメージ、日焼け予防の対策についてお伝えしていきます。

脱毛期間中に日焼けを控えた方がいい理由


日焼けした肌は軽い火傷を起こしている状態です。紫外線を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素が増え、肌が黒くなります。また、炎症している肌にレーザーや光を照射してしまうと、肌トラブルの原因になり強い痛みを感じます。

脱毛はメラニン色素にレーザーや光を照射して、脱毛や抑毛を期待する施術です。日焼けした肌はメラニン色素が多く、健康な肌に比べるとレーザーや光の影響を受けやすく副作用が強く出てしまいます。

このような理由から、脱毛期間中は日焼けを控えなければならないのです。

日焼けすることで肌がダメージを受けている

日焼けはサンバーンサンタンという状態に分かれます。

サンバーンは、紫外線を浴びた後に肌が赤くなっている状態です。肌が熱を持っていたり、ヒリヒリした痛みが出たりして、症状がひどいと水ぶくれができることもあります。サンタンは、サンバーンの後に肌の色が黒くなっていることで、炎症後に色素沈着を起こしている状態です。

紫外線を浴びると、サンバーンやサンタン状態になり肌はダメージを受けてしまいます。

日焼けでダメージを受けた肌は痛みや刺激を感じやすい

紫外線の影響を受け、肌のバリア機能が低下すると肌は敏感になります。乾燥し肌の水分が奪われていると、脱毛の熱エネルギーが肌全体に伝わりやすく、痛みや刺激を強く感じる原因になってしまいます。

脱毛後に肌のトラブルを起こしやすくなる

黒い肌はメラニン色素が多いため、レーザーや光が反応しやすくなっています。光に反応しやすくなると、痛み・赤み・乾燥・火傷・色素沈着などの肌トラブルを起こすリスクが高くなるのです。

照射出力を下げると脱毛効果が得られにくい

日焼けしたあとでも、肌の色味が落ち着いてくれば脱毛はできます。しかし、痛みや肌トラブルなどのリスクを考え、照射出力を下げなければなりません
毛質に合わせた適切な出力ではないため、思うような脱毛効果は得られないでしょう。また、レーザーや光が肌のメラニン色素に反応してしまうため、肌の深い部分にある発毛組織までしっかりダメージを与えられません。

日焼けしてから脱毛を再開できるまでの期間


日焼けしたあとはしっかり肌を休めて、肌の色が元の状態に戻るまで期間を空けましょう。日焼けした肌が元の色に戻る目安は1〜2ヶ月で、これにはターンオーバー(肌の生まれ変わりの周期)が関係しています。

  • 肌が少し赤くなっている場合

2週間ほど期間を空け、肌トラブルが落ち着いていれば脱毛してもらえる可能性もあるので、サロンに相談してみましょう。

  • 長時間紫外線を浴びて肌が黒くなった場合

日焼けの程度がひどい場合は、肌が元の状態に戻るまでに3ヶ月程度かかることもあります。

脱毛期間中におすすめの日焼け対策


紫外線のダメージを予防するには事前の対策が重要です。夏場以外は日差しが弱く油断してしまいがちですが、1年を通して曇りや雨の日も油断は禁物。
肌トラブルを防ぐため、脱毛期間中は日焼けを控えるのが原則です。日焼けしていると脱毛効果が薄れる原因になってしまいます。
脱毛効果をしっかり実感するためにも、日焼け防止アイテムをしっかり活用しましょう。

日焼け止めを塗る

日焼け止めにはクリームやスプレーなど種類がありますが、手が届きにくいうなじや背中は、スプレータイプがおすすめです。
紫外線は目には見えませんが室内にも届いてしまうので、室内にいる時でも日焼け止めを塗りましょう。
また、塗り残しやムラにならないように塗り、日焼け止めの効果を十分引き出すことも大切です。

日焼け対策アイテムを使う

紫外線が肌に直接当たらないように工夫することも大切です。帽子日傘を使用することで、紫外線をガードできます。
地面や建物から反射した紫外線にも注意が必要なので、なるべく肌を露出しない工夫を心がけましょう。
帽子や日傘だけでなく、UVカットのカーディガンやアームカバーを使用すると、さらに効果的です。

紫外線が強い時間帯の外出を避ける

10〜14時は紫外線が強い時間帯です。春〜夏は特に紫外線が強いので、この時間の外出を控えるだけでも日焼けの予防になります。
紫外線が強い時間帯に外出するときは、日焼け止めアイテムを併用して肌を守りましょう。
日焼け対策アイテムを持ち歩く習慣をつけて、うっかり広範囲の日焼けを避けるようにしましょう。

日焼けしてしまった肌へのアフターケア


日焼けしたらなるべく早いアフターケアを心掛けましょう。
アフターケアが遅れてしまうと、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

冷やして炎症を抑える

日焼けした肌は炎症を起こして軽い火傷になっています。冷たいタオルや保冷剤で冷やして、炎症を抑えましょう。長時間冷やしすぎると低温火傷になるので、冷やしすぎには注意してください。

保湿する

冷やして熱が取れた後は十分保湿しましょう。

日焼けした肌は乾燥して水分量が奪われているので、保湿して潤いを与えることが大切です。日焼けした肌は敏感になっているので、刺激の少ない化粧水で優しく丁寧にスキンケアをしてください。

ビタミンCで美白ケアをする

ビタミンCはメラニンの生成を抑制する作用があり、紫外線の影響によるシミや色素沈着を防いでくれます。肌の潤いやハリを守ってくれる作用もあり、健康な肌作りには欠かせない成分です。紫外線を浴びたあとは、積極的にビタミンCを補いましょう

SHR脱毛は日焼けしていても脱毛できる!SHR脱毛のサロン・クリニックの紹介


SHR脱毛は日焼けした肌にも照射可能な新しい脱毛方法です。蓄熱式脱毛とも呼ばれ、メラニン色素のような黒い組織ではなく、発毛の司令塔であるバルジ領域をターゲットにしています。

SHR脱毛はメラニン色素に反応しないため、日焼けしている肌でも脱毛が可能です。また、低い出力のレーザーをじわじわ照射していくので、他の脱毛方法よりも肌への負担も少なくなります。

SHR脱毛でも、日焼け直後は安全性に配慮し脱毛ができない場合もあるので、まずはカウンセリングで相談するのがおすすめです。

ストラッシュ

ストラッシュ
ストラッシュではSHR脱毛を取り入れています。メラニン色素に反応しないので、日焼け肌やシミの上も施術可能です。

また、発毛組織をターゲットにしていないため、毛周期に関係なく2週間に1回のペースで通えます。早く脱毛を完了させたい人にもおすすめです。

フレイアクリニック

フレイアクリニックフレイアクリニックで採用している脱毛方法は、褐色肌の方も対応できる蓄熱式脱毛です。
仕事上どうしても日焼けしてしまう方や、元々褐色肌の方も安心して施術を受けられます。

フレイアクリニックでは、万が一火傷や肌トラブルが起きた際の診察料・薬代などの追加料金も発生しないので、安心して施術をお任せできますね。

脱毛と日焼けに関するよくある質問


脱毛期間中は日焼け対策が原則です。
脱毛と日焼けについてよくあるご質問と回答をご紹介します。

日焼け止めを塗ったまま脱毛できるの?

日焼け止めを塗ったままでは施術を受けられません。日焼け止めの成分は毛穴に詰まりやすい特徴があり、脱毛効果を十分に発揮できなくなります。

また、直前に拭き取りシートで落とすと、拭き残しがあったり、ごしごし擦ることで肌へ負担をかける原因になります。施術当日は日焼け止めは使用せずに、日傘や帽子を利用して紫外線対策をしましょう。

日焼けしていたら当日は施術を断られるの?

日焼けが広い場合、当日の施術が断られるケースもあります。ただし、全身脱毛では、日焼けしている部分だけ避けて照射するか、出力を下げて照射できます。ひどい日焼けでない限りは、当日の施術も問題ないでしょう。

施術を断られるとキャンセル料が発生してしまうこともあるので、事前に問い合わせて確認してみるのがおすすめです。自分で日焼けの程度を判断するのは難しいので、サロンのスタッフに相談して、肌の状態が良いタイミングで施術を受けることをおすすめします。

夏でも脱毛できるの?脱毛におすすめの時期は?

夏は1年の中で最も紫外線が強く、どうしても日焼けしやすくなってしまいます。夏の脱毛も可能ですが、あまりおすすめはできません

「脱毛のあとに日焼けして肌が荒れてしまった」なんてことにならないよう、脱毛の時期を選ぶことも大切です。秋〜冬は紫外線も弱く肌の露出も少ないので、脱毛におすすめの時期です。

脱毛は毛周期に合わせて回数を重ねなければなりません。肌の露出が増える夏までに脱毛を完了させるために、秋〜冬に脱毛をスタートするのをおすすめします。

脱毛期間中は日焼け対策をしてキレイな肌を心がけよう!

脱毛期間中の日焼けがNGな理由

  • 日焼けした肌にさらにダメージを与えてしまう
  • 出力を下げて照射するので、脱毛効果が下がる
  • 日焼けがひどいと脱毛できなくなってしまう

日焼けした肌にレーザーや光を照射すると、肌トラブルの原因になってしまいます。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日焼け予防アイテムを使う
  • 紫外線の強い時間帯の外出を控える

これらに気をつけて日焼けを予防しましょう。
脱毛しようと決めたら、日焼け対策も同時に始めるのがおすすめします。

どうしても日焼けが避けられない場合は、アフターケアをして、肌トラブルを最小限に抑えることが大切です。日焼けによる肌トラブルを防ぐことで、脱毛効果を高めることにもつながります。

肌トラブルを起こすことなく脱毛に通い、キレイな肌を手に入れましょう