脱毛するときに麻酔は使う?痛みが気になる方におすすめの脱毛方法を解説

contents

脱毛するときに麻酔は使用する?

麻酔の使用の有無は脱毛方法によって異なります。

脱毛は「ニードル脱毛」「医療レーザー脱毛」「光脱毛」の3つが主流ですが、このうち、「ニードル脱毛」「医療レーザー脱毛」では麻酔を使用することがあります。

麻酔を使用する理由は、サロンでの光脱毛に比べて施術時の痛みが強いからです。特にワキやVIOラインは、毛質が太く濃いため、強い痛みを感じる方が多いです。そういった箇所は、麻酔を使うことで強い痛みを感じることなく施術が受けられます。

麻酔は医療機関でのみ扱えるため、サロンで行われる「光脱毛」では麻酔を使用しません。

主に使われる麻酔の種類と効果

ニードル脱毛や医療レーザー脱毛で使用される麻酔にはいくつか種類がありますが、多くのクリニックで導入されているのは「麻酔クリーム」や「笑気麻酔」です。そのほかの方法として「麻酔テープ」や「静脈麻酔」もありますが、「麻酔テープ」は効果が低く、「静脈麻酔」は車の運転を制限されるなどのデメリットがあります。

麻酔クリーム

「麻酔クリーム」は、肌に直接塗るタイプの麻酔薬です。塗ったあと30分程度待つだけで、施術時の強い痛みを軽減できます。麻酔のなかでもっとも手軽な方法ですが、麻酔クリームに含有されている成分に対してアレルギーがある場合もあります。これまでに麻酔でアレルギー反応が起きたことがある方は、医師に確認してから使うようにしましょう。

笑気麻酔

笑気麻酔は、特殊な機械で麻酔のガスを吸入する仕組みです。身体の中に麻酔の成分を取り入れると、お酒に酔っているときのような感覚になります。痛みに対する不安が軽減されるとともに、照射時の痛みを和らげることができます。また、副作用もほとんどありません。

麻酔テープ

薬剤を塗布したテープを皮膚の照射部位に直接貼るタイプの麻酔です。有効成分は麻酔クリームと同じ「リドカイン」が主流ですが、テープに塗布されている薬剤の量が少ないため効果は麻酔クリームより弱めです。サロンやクリニックによっては、注射時の痛みを抑えるため針を刺す箇所に麻酔テープを貼っておくこともあります。

静脈麻酔

外科手術などでも用いられる効き目の強い麻酔です。鎮静剤を点滴で体内に送り込むことで麻酔効果をもたらします。鎮痛作用は高く、意識が薄れて痛みがほとんど感じられない間に脱毛を終えることができます。人によっては、麻酔の効果で寝てしまい目覚めた時にはすでに施術が終了していた、ということも。

とはいえ、施術時の痛みが強くない医療脱毛で静脈麻酔が使われるケースは極めてまれです。痛みが不安な人は、クリニックやサロンで主に使用されている笑気麻酔や麻酔クリームの併用などで対処すると良いでしょう。

麻酔対応可能な脱毛クリニックおすすめ3選

脱毛サロンと脱毛クリニックの大きな違いのひとつに、医療行為ができるかどうかがありますが、麻酔は医療行為に当たります。脱毛サロンは医療行為が禁止されているため麻酔を取り扱うことができません。

麻酔が使えない脱毛サロンは、脱毛クリニックより施術時の痛みが弱いこともあり、そもそも麻酔を必要としないという特徴があります。

脱毛クリニックなら、医師が常駐している医療機関として医療行為である麻酔を使えます。

フレイアクリニック

フレイアクリニック

全国15店舗を展開する脱毛クリニックです。優しい熱を重ねるように照射していく蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器を採用し、施術時の痛みを少なくしています。低出力のレーザーで発毛組織にダメージを与えると同時に、肌表面を冷却装置で冷やす仕組みで痛みを緩和します。

フレイアクリニックで使用できる麻酔は麻酔クリームのみ。笑気麻酔は取り扱っていないので注意が必要です。

麻酔を希望すれば追加料金なしで麻酔クリームが使用できるのがフレイアクリニックならではの特長。痛みが気になる人には嬉しいポイントです。

痛みの強さに不安があれば、カウンセリング時にテスト照射を行なうことで実際に肌の反応や痛さを確認することができます。テスト照射をしてみたい人は、カウンセリングの予約時に希望を伝えましょう。

レジーナクリニック

全国に駅近の店舗を構え、平日も21時まで営業しているので仕事帰りにも通いやすいレジーナクリニック。

熱破壊式アレキサンドライトレーザー脱毛器「ジェントルレーズプロ」、蓄熱式レーザー脱毛器「ソプラノアイスプラチナム」、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器「ソプラノチタニウム」の3種類の脱毛器を採用しています。(一部クリニックを除く)

医師と女性スタッフのダブル体制でカウンセリングしてくれるので、自分の体質や毛質など、ひとりひとりに最適な脱毛プランを納得して選ぶことができます。

レジーナクリニックで使用する麻酔は、皮膚の表面に塗布する麻酔クリーム。レーザー照射時の痛みがゼロになるわけではありませんが、皮膚表面に浸透した麻酔成分「リドカイン」の作用で一時的にしびれた感覚となり、痛みを感じにくくしてくれます。

リゼクリニック

4種類の脱毛器を使い分けることで、一人ひとりの肌の状態や毛質・毛量に合った高い脱毛効果が期待できる医療脱毛専門クリニックです。

カウンセリング料・予約の変更やキャンセル・剃り残しの剃毛料などのオプション料金がかからないので追加費用の心配がありません。

万が一の肌トラブルにも完全無料保証で対応してくれます。

リゼクリニックでは麻酔クリームと笑気麻酔の2種類の麻酔で痛みをケア。どちらも3,300円で利用できます。

脱毛麻酔に関するよくあるQ&A

脱毛・麻酔について、よくある疑問・質問に関してまとめました。

麻酔をすれば痛みはゼロになる?

脱毛時の痛みの感じ方には個人差があり、また麻酔の効き方にも体質によって違ってきます。

脱毛クリニックで主に使用するのは麻酔クリームと笑気麻酔の2種類です。

麻酔クリームは皮膚の表面をしびれさせて痛みを感じにくくし、笑気麻酔はアルコールで酔ったような感覚にすることで心をリラックスさせ痛みを少なくしますが、完全に痛みを無くすことまでは期待できません。麻酔を使ったとしても、ある程度の痛みは覚悟して施術に臨むようにしましょう。

脱毛の際に使用する麻酔にリスクはある?

脱毛で使用されることの多い2種類の麻酔「麻酔クリーム」と「笑気麻酔」のどちらにもリスクがあります。

麻酔クリーム
クリームが肌に合わない場合、ヒリヒリすることがあります。また、麻酔クリームに含まれている「リドカイン」という成分にアレルギーがある人もいるため、使用に不安があれば医師やスタッフに事前に相談するようにしましょう。

笑気麻酔
体質や施術時の体調によっては気分が悪くなって吐き気を感じたり、お酒に酔ったような状態になって意識が遠く感じたりする場合があります。
異変を感じたら、すぐにスタッフに伝えて使用を止めるかガスの濃度を調節してもらいましょう。

施術時の痛みが気になる方は光脱毛がおすすめ

光脱毛は、医療レーザー脱毛やニードル脱毛ほど施術時の痛みが強くないため、麻酔を使用しなくても問題なく施術を行えます。そのため、施術の痛みが気になる方には光脱毛がおすすめです。光脱毛の施術をお考えの方に、光脱毛の特長をご紹介します。

光脱毛とは

光脱毛は光の照射や蓄熱した熱で脱毛する方法で、「SSC脱毛」「IPL脱毛」「SHR脱毛」の3種類が一般的です。

「SSC脱毛」は、制毛効果のあるジェルをお肌に塗った後、光を照射して毛の成長を抑制する方法です。お肌へのダメージを最小限に抑えることができ、お肌が弱い人も施術することが可能です。

「IPL脱毛」は、毛の黒い色素に反応する光を照射して毛根にダメージを与えることで脱毛効果を得る方法です。濃く太い毛に対して特に高い効果を発揮し、お肌への負担も少ないのが特徴です。

「SHR脱毛」は熱を蓄積させ、毛を生やす指令を出す組織(バルジ領域)にダメージを与えることで毛を抑える方法です。「蓄熱式脱毛」とも呼ばれる脱毛方法で、SSC脱毛やIPL脱毛とは施術方法が異なり、ほとんど痛みを感じないと言われています。

光脱毛で脱毛するメリット

光脱毛を行うメリットは、医療レーザー脱毛やニードル脱毛より施術時の痛みが少なく、お肌を痛めずにキレイに脱毛できる点です。痛みを感じやすい方や、お肌があまり強くない方におすすめです。また光脱毛は、医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて料金が安いことがほとんどです。できる限り費用を抑えて脱毛をしたい方にも向いています。

キレイモの光脱毛について

キレイモは、光脱毛の中でも「IPL脱毛」を提供しています。キレイモが行う光脱毛の特長をご紹介します。

痛みが少ない施術

キレイモでは、痛みが少なく、太い毛にもうぶ毛にも効果的な先進の国産マシンを使用しています。照射面が-4℃まで冷えるため、毛が太く濃い箇所もピンポイントで冷却しながら、痛みを抑えた施術が可能です。

冷却ジェルを使用しない

一般的な脱毛サロンでは、冷却ジェルを塗った後に施術を行いますが、キレイモの光脱毛は、冷却ジェルを使用しません。そのため、冷却ジェルを使用することで感じる寒さや不快感もありません。また、冷却ジェルを塗って拭き取る作業も必要ないため、スピーディーに顔・VIO含む全身の施術が可能です。

サポートも充実

キレイモでは、お肌トラブルが起きないよう、施術前に必ずお客様のお肌をチェックしてから脱毛を行います。施術前だけでなく、施術中も痛みや熱さがないかお伺いしながら、お肌に異常がないかを確認して照射します。脱毛後は保湿&鎮静効果のあるジェルを塗布し、アフターケアまでしっかり行います。万が一のトラブルが起きた場合も、提携クリニックのドクターサポートが受けられるため安心です。

自分に合った脱毛方法を選択しよう

医療レーザー脱毛は施術時の照射パワーが強いため、短期間で高い脱毛効果を実感できます。ニードル脱毛は、電流の流れる針を毛穴一つひとつに入れてダメージを与えるため、永久脱毛が可能な方法です。

医療レーザー脱毛とニードル脱毛はどちらもムダ毛をしっかり脱毛できますが、笑気麻酔や麻酔クリームを使わなければならないほど強い痛みを感じます。

キレイモの光脱毛は麻酔なしで施術でき、痛みが少ないのが特長です。施術回数を重ねるごとにしっかりと脱毛効果を実感できます。

キレイモの無料カウンセリングでは、無料の「ハンド脱毛体験」を実施中。本当に痛みが少ないのか、実際の施術を体感できるので安心です。痛みの少ない光脱毛をご希望の方は、ぜひ一度キレイモの無料カウンセリングにお越しください。