【全身脱毛】施術前の上手な自己処理方法を徹底解説

contents

脱毛の施術を受けるには、事前に自己処理をおこなう必要があります。

「自己処理は時間も掛かるし面倒」だと思いがちですが、きちんと毛を剃っていない状態で照射をしてしまうと、十分な脱毛効果が得られなかったり火傷をしてしまうリスクも伴います。

この記事では、部位別の正しい処理方法や自己処理のタイミングをお伝えするので、よりよい肌の状態で脱毛ができるでしょう。

施術前に自己処理が必要な理由とは?


基本的に、脱毛時の光やレーザーは黒のメラニン色素に反応することによって効果を発揮します。

そのため、多くの毛が残っていると肌の表面部分の毛に光が反応してしまい、毛根にまで照射が行き届かないため脱毛効果が落ちてしまいます。

また、たくさんの毛が伸びたままの状態で光やレーザーの出力を上げてしまうと火傷をする恐れもあります。

脱毛以前に肌を傷つけてしまう可能性もあるため、施術前には必ず自己処理をおこないましょう。

そして、多くの脱毛サロンやクリニックでは、施術する部位に合わせて照射時間の設定をしています。

自己処理が不十分だと、シェービングに時間を取られてしまい予約時間内に全ての部位の照射が終わらず満足の行く施術を受けられません。

特に全身脱毛は長時間を要するので、別途にシェービング代や延長料金が発生する場合があるため注意しましょう。

全身脱毛の自己処理は電気シェーバーがおすすめ


脱毛前の自己処理は、電気シェーバーを使うようにしましょう。

電気シェーバーは、細かい振動によって毛を剃るため肌に直接刃が触れにくく、肌への負担が最小限に抑えられます。

また、肌を濡らしたりシェービング剤を使う必要がないためいつでも手軽に自己処理ができるのも嬉しいポイントです。

腕や脚の広範囲には大きいアタッチメントのものを使い、顔やVIOラインには刃の小さい小回りの効くものを使うというように、それぞれの部位に適した電気シェーバーを使い分けるとスムーズにおこなえます。

カミソリは肌への負担が大きいため、シェーバーではどうしても処理しきれない部分のみの使用に留めましょう。

自己処理に使ってはいけない道具

自己処理で使用してはいけないのが、毛を根本から抜いてしまう毛抜きや除毛クリーム・ワックスです。

脱毛は、照射する光やレーザーが毛根のメラニン色素に反応しておこなうため、毛を毛根から抜いてしまうと脱毛効果が得られません。

また、毛を抜いてしまうと毛穴が広がり炎症を起こしやすくなったり、毛周期が狂うので次の脱毛での効果も得られにくいというデメリットもあります。

施術当日はアウト!?自己処理をおこなうタイミング


脱毛前の自己処理は、施術の1〜2日前には済ませておきましょう。

電気シェーバーを使っても、少なからず肌への負担が掛かるため、自己処理から施術までの期間を少し空けるのがポイントです。

自己処理直後の照射は、ダメージを受けた肌をさらに刺激することとなるため乾燥や赤みの原因となります。

また、施術までの期間が3日以上開いてしまうと、伸びた毛が肌の表面にあらわれます。

そこに照射をしてしまうと火傷をする恐れがあるため、あまり早くから処理をするのは避けましょう。

【部位別】全身脱毛の正しい自己処理方法を解説


上手に自己処理をするポイントは、毛の流れに沿って電気シェーバーを動かすことです。

毛に逆らわずに剃ると肌を傷付けずにきれいに仕上げることができます。

ここからは、部位別の正しい自己処理方法を解説します。

脱毛効果を最大限に発揮するためにも、剃り残しのない完璧な状態にしておきましょう。

【脇】窪んだ部分を上手く剃るには?

腕を上にあげて脇をピンと伸ばし、シェーバーを持っていない方の手でたるんでいる皮膚を引っ張るようにすると、窪んだ部分も剃りやすくなります。

また、脇は比較的太い毛なので、肌を温めてから剃ると毛が柔らかくなり剃りやすくなります。
お風呂に入ったタイミングで剃るとよいでしょう。

【VIO】鏡やハサミを使うと処理しやすい?

VIOの長い毛は、まずはハサミで短くカットするのがポイントです。
1〜1.5センチ程度の指でつまめるくらいの長さにしておくと、シェーバーでも引っかからずに剃ることができます。
I.Oラインは鏡を使うと安全に処理ができます。
デリケートな部位なので、小さくて小回りの効くアタッチメントのものを使うとよりスムーズにおこなえます。

VIOはどこまで剃るべき?

VIOは比較的濃い毛が生えているため、照射をしても毛が細くなるのに時間が掛かるので、最初の2〜3回は全剃りして照射してもらうことをおすすめします。

近年ではハイジーナ脱毛(毛が全くない状態)も主流になってきていますが、全てなくしてしまうのは抵抗がある人もいるかもしれません。

アンダーヘアーの脱毛は、希望するデザインが人によって異なります。

自然な感じにしたい場合は逆トライアングル形、水着や下着からはみ出さないようにするにはスクエア形というように、自分がイメージする形に合わせて自己処理もおこなうようにしましょう。

【顔】肌をなるべく傷つけずに剃るには?

顔は、肌が柔らかく傷つきやすいため、何度も同じ部分を剃るのを避けましょう。

顔の上から下というように処理する流れを決めておくと、剃り残しが減り何回も肌にシェーバーを当てる必要がなくなります。

小さめのアタッチメントを使用すると、細かい部分もきれいに仕上がります。

乾燥肌の場合には、保湿クリームを塗ってから処理をしましょう。

【腕・脚・お腹・胸 】広範囲な部位は剃り残し注意!

広範囲の腕や脚、胴回りは剃り残しが多くなるため注意が必要です。

明るい場所で時間を掛けながら丁寧な処理を心掛けましょう。

膝や肘の関節部分や脚のスネは、骨に刃が当たって傷つけやすいためシェーバーをあまり強く押し当てすぎないように気をつけましょう。

二の腕や太ももの裏側は、鏡を使うと剃り残しを防げます。

【背中】手の届かない部分はどうする?

背中は手が届きにくく、自分での処理が難しいです。

あまり無理をすると肌を傷つけてしまうので、家族や第三者に強力してもらうようにしましょう。

他人に沿ってもらうのに抵抗がある場合は、背中用の柄の長いタイプの電気シェーバーの使用する方法もありますが、最終チェックはほかの人にお願いすることをおすすめします。

自己処理後のアフターケア


自己処理後の肌は、シェーバーやカミソリの刃の刺激によって敏感になっています。

ローションやクリームを使ってしっかりと保湿をしましょう。

アフターケアを怠ってしまうと、乾燥による肌トラブルを起こし、施術を受けられないケースがあります。

安全に照射をするためにも、自己処理後はしっかりとお手入れをしておきましょう。

シェービング代が無料の脱毛サロン


「完璧に自己処理ができるか不安」という場合には、シェービング代が無料のサロンの利用を検討してみましょう。

シェービングサービスが充実しているサロンを紹介します。

ディオーネ

ディオーネ
料金形態回数コース
脱毛方法ハイパースキン脱毛
店舗数111店舗
シェービング代金無料(剃り残し・手の届きにくい部分に対応)

 

ディオーネはシェービング代は一切掛からず、手の届きにくい背中やヒップ、oラインなどは無料でお手伝いをしてくれます。

基本的には剃り残しに対応しているため、上手く処理できなかったことを施術前に伝えるとスムーズにシェービングをしてもらえます。

ミュゼプラチナム

料金形態通い放題、回数コース、都度払い
脱毛方法S.S.C.脱毛
店舗数169店舗
シェービング代金無料(手の届きにくい部分の剃り残しのみ対応)

ミュゼでは、手の届きにくい部分の剃り残しにのみ無料でシェービングサービスが受けられます。腕やお腹など手の届く範囲の剃り残しは、施術をお断りされる場合もあるため注意が必要です。

また、手の届きにくい範囲は「襟足・背中上下・ヒップ奥」のみとなっています。

キレイモ

料金形態通い放題、回数コース
脱毛方法IPL脱毛
店舗数69店舗
シェービング代無料(剃り残し・手の届きにくい部分に対応)

キレイモは、手の届きにくい範囲「背中・うなじ・ヒップ・oライン」の4箇所を無料でシェービングサービスが受けられます。

剃り残しのみに対応している店舗が多いなか、キレイモでは肌を傷つけてしまうのを防ぐために自己処理をせずに脱毛に行ってもスタッフが丁寧に剃ってから施術をしてくれます。

上記の部位以外は、無料シェービングサービスの対象外となるためしっかりと処理をしておきましょう。

シェービング代が無料の脱毛クリニック


医療脱毛は1回の施術料が高額になるため、シェービング代が別に掛かるのは通い続けるうえで大きな負担になります。

シェービング代が無料のクリニックを紹介します。

フレイアクリニック

フレイアクリニック
全身脱毛プラン5回コース/8回コース
脱毛方法ダイオードレーザー
店舗数15院
シェービング代無料(手が届きにくい部分の剃り残しのみ対応)

背中やうなじなど、手が届きにくい部位は、施術前に無料で剃毛をしてくれます。

ただ、できる限りの自己処理は必要となっていて、あまりに剃り残しが多い場合には予約時間内に全ての部位の照射が終わらない可能性があるため注意が必要です。

レジーナクリニック

全身脱毛プラン5回コース/6回コース
脱毛方法アレキサンドライト・ヤグ・ダイオード
店舗数21院
シェービング代無料(手が届きにくい部分の剃り残しのみ対応)

レジーナクリニックでは、手の届かない範囲の細かい規定を設けておらず、自己処理が難しい部位の剃り残しに関しては、剃毛を無料でしてもらえます。ただ、剃り残しが多いと、予約時間内に全ての部位の照射が終わらない可能性があるためできる限り自身での処理を徹底させましょう。

事前に自己処理をするのを忘れてしまったら?


もしも、施術当日までに自己処理を完全に忘れてしまった場合には以下の方法を取ることができます。

  • サロンやクリニックにシェービングをお願いする
  • 脱毛を別の日にずらす

サロンやクリニックに広範囲のシェービングをお願いするとシェービング代が掛かりますが、全く照射せずに1回分の消化扱いになるよりは脱毛を進められるためお得になります。
当日のキャンセルはキャンセル料が掛かったり、1回分の消化になる場合があるため損は拭えませんが、無理して施術をし、肌トラブルを引き起こすよりは賢明な判断です。
数は少ないですが、当日キャンセルしても追加料金が掛からないサロンやクリニックもあるため利用を検討してみましょう。

脱毛前の自己処理は電気シェーバーで丁寧に

脱毛前の自己処理は電気シェーバーで丁寧に

施術前の自己処理は、脱毛の効果を最大限に発揮するためにもとても重要な作業です。
最高の状態で照射をしてもらうには、お肌に優しい電気シェーバーを使ってじっくり丁寧におこなうのがポイントです。
そのためにも、脱毛の日は忘れないようにスケジュール管理をし、余裕を持って自己処理をするようにしましょう。
サロンやクリニックで自己処理方法を説明してくれますが、自信がない場合には再度相談してみるのもおすすめです。