Iライン脱毛の影響は?メリット・デメリットや施術の流れを解説

contents

女性の間で高い人気があるVIO脱毛。その中でもIライン脱毛は、見えづらい部分ですが多くのメリットがある脱毛部位です。

今回は、そんなIライン脱毛について解説!嬉しいメリットや気を付けておきたいデメリットの部分まで紹介していきます。

これからIライン脱毛を始めてみようと考えている人に向けて、Iライン脱毛ができる医療脱毛クリニック・脱毛サロンについても調査しました。

おすすめポイントも解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
>>おすすめの医療脱毛が知りたい方はこちらをチェック!
※本ページにはプロモーションが含まれています。

Iラインを脱毛する4つのメリット


Iライン脱毛には、このようなメリットがあります。

  • デリケートゾーンを清潔に保つことができる
  • 水着や下着からのムダ毛のはみ出しがなくなる
  • 生理時のムレや不快感の軽減・改善
  • 自己処理による肌への負担がなくなる

人目に付くことがなく、あまり気を使っていない人も多いIラインのムダ毛ですが、デリケートゾーンの悩みを改善するにはIライン脱毛がおすすめなのです。

メリット1|デリケートゾーンを清潔に保つことができる

Iライン脱毛をするとムダ毛がなくなりお手入れがしやすくなるため、デリケートゾーンを清潔に保つことができるようになります。

Iラインはショーツに触れる機会が多く、菌の繁殖もしやすくなってしまう部位です。
デリケートゾーンのかゆみに悩む人は、Iライン脱毛をして肌のお手入れをしやすくしておくことをおすすめします。

メリット2|水着や下着からのムダ毛のはみ出しがなくなる

水着や下着などから、デリケートゾーンのムダ毛がはみ出してしまった経験はありませんか?

せっかく水着を着て楽しみたいのに、ムダ毛のせいで楽しめないなんて嫌ですよね。

Iラインの脱毛をしておくと、そういった心配をしなくて済みます。

剃り残しやチクチク伸びてくる毛を気にしなくていいので、さまざまなデザインの水着や下着に挑戦できるのも大きなメリットです。

メリット3|生理時のムレや不快感の軽減・改善

女性には毎月必ずやってくるのが生理です。1日中ナプキンを付けていると、どうしてもムレてしまったり、かゆみが起きてしまったりと不快感に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

そこでIライン脱毛をすると、そのような不快感からの解放が期待できるのです。

また経血がIラインのムダ毛についてしまうことがなくなるので、ウォシュレットなどで清潔に保ちやすくなりかゆみなどの予防にもなります。

メリット4|自己処理による肌への負担がなくなる

水着を着るときなど、Iラインの脱毛をしていないと自己処理をする必要があります。

Iラインは自分で確認しづらいため、間違った自己処理をしてしまうと肌を傷つける原因にもなりかねません。

プロに脱毛を任せると、自己処理の頻度がぐんと下がり肌を守ることができます。

また、自己処理による肌への負担を軽減することで、黒ずみの予防にも繋がるのです。

Iラインを脱毛する3つのデメリット


一方、Iラインの脱毛には以下のようなデメリットも存在します。

デメリットも理解した上で、脱毛をするか選択していくことが重要です。

  • 施術時に刺激を強く感じることがある
  • 脱毛をすると元には戻せない
  • 施術時に恥ずかしさを感じることがある

デメリット1|施術時に刺激を強く感じることがある

VIO脱毛は、全身の脱毛部位の中でも刺激を強く感じやすいというデメリットがあります。

Iラインは粘膜まで毛が生えていることや黒ずみがあることがあり、刺激が強くなる傾向にあるのです。

医療脱毛の場合、麻酔を利用して施術を受ける人もいますが、麻酔を使用しても刺激を感じる人もいます。

刺激の感じ方は人それぞれなので、1度Iライン脱毛をお試しで利用してみて契約することがおすすめです。

デメリット2|脱毛をすると元には戻せない

脱毛した部位を元の状態に戻すことはほぼできません。毛をなくしてしまってから、再び生やすことはできないので注意しておきましょう。

特にIライン脱毛で毛を全てなくしてしまおうとしている人は、後悔しないかしっかり考えて施術を受けることがおすすめです。

Vラインの毛が全てない状態であれば境目が気にならず心配いりませんが、Vラインの脱毛をしていないのにIラインのみ毛をなくしてしまうと、境目が気になってしまう人が多くいます。

パーツの境目を自然にするのであれば、Vラインの毛量に合わせて調節してもらうように伝えるとよいでしょう。

デメリット3|施術時に恥ずかしさを感じることがある

Iラインの施術時には、足を広げて寝ころんだり面積の小さいショーツに着替えたりと、恥ずかしさを感じる人もいます。

施術スタッフはプロですし、回数を重ねれば気にならなくなる人がほとんどですが、慣れるまでは恥ずかしさが消えないかもしれません。

しかし、恥ずかしいだけで脱毛を辞めてしまうのはもったいないことです。

Iライン脱毛のメリットを手に入れるために慣れるまで頑張りましょう。

Iライン脱毛と自己処理との違いは何?


Iラインを脱毛するのか、自己処理をするのかどういう違いがあるのでしょうか。

脱毛・自己処理にはそれぞれメリットやデメリットがありますので、以下でしっかり解説していきます。

Iラインを自己処理するメリット

Iラインを自己処理するメリットには、以下のことがあげられます。

  • コストがかからない
  • 気になった時にすぐに処理できる

自己処理はカミソリやシェーバーさえあればできてしまうため、コストがかからないのが大きなメリットです。

また、表面の毛を剃ってしまえば処理できるので、気付いた時にすぐ処理が終わる手軽さも自己処理の嬉しいポイントになります。

Iラインを自己処理するデメリット

Iラインを自己処理するデメリットは、以下のことがあげられます。

  • 肌を傷つける可能性が高い
  • すぐに生えてくるため、自己処理の回数が必要
  • 黒ずみなどの原因に繋がる

Iラインは自分の目で確認しづらく、肌質的に毛がそりにくい部位です。

丁寧に処理しているつもりでも、シェーバーの刃や摩擦などによって肌を傷つける可能性が高くなります。

また、1回処理してもすぐに生えてくるため自己処理の回数も多く必要です。

その分肌への負担も大きく、デリケートゾーンの黒ずみの原因になりかねない行為となります。

Iラインをサロンやクリニックで脱毛するメリット

Iラインを脱毛することのメリットには、以下のことがあげられます。

  • 肌を傷つけることなく施術をしてもらえる
  • 毛穴がなくなり、肌がきれいになる
  • かゆみやムレなどから解放される

Iライン脱毛を始めると、徐々に自己処理の回数が減るので肌を刺激から守ることができます。

シェービングからプロにお任せすれば、丁寧に肌を傷つけずに処理してもらえるため、危険な自己処理をしなくて済むようになるのです。

また、Iラインの毛が減ることでデリケートゾーンのかゆみやムレの改善も期待できます。

Iラインをサロンやクリニックで脱毛するデメリット

Iライン脱毛をするデメリットは、以下のことがあげられます。

  • 自己処理よりコストがかかる
  • 刺激が強い場合もある

脱毛をサロンやクリニックですると、自己処理よりはるかに高い費用がかかるのがデメリットです。

何回も店舗に通う必要があるので、時間やお金がないと厳しい施術ともいえます。

また、Iライン脱毛は刺激を強く感じることが多い部位です。刺激に弱い人は、施術を受け続けるのが苦痛になってしまうこともありえます。

そのためIライン脱毛は、刺激に対する対策が重要です。

Iライン脱毛に後悔しないための注意点


Iライン脱毛に後悔しないためには、以下のことについてしっかり理解しておく必要があります。

  • 生理中の施術はできないことが多い
  • 脱毛の刺激を確認しておく

生理中の施術はできないことが多い

まず、Iライン脱毛は生理中は施術できないことが多い部位です。

店舗によっては、タンポンを使用することで施術ができる場合もありますが、

衛生面を考慮して施術を行わない場合が多くなっています。

生理中は肌が敏感になっている時期で、施術後の肌トラブルも起きやすい期間です。そのため、できるだけ生理と重ならないような予約を取るようにしましょう。

生理中に施術を受ける場合は、その後の保湿ケアなどを十分にしておくことがおすすめです。

脱毛の刺激を確認しておく

先にも説明したように、Iライン脱毛は刺激が強い部位です。

店舗によって契約前にテスト照射を行う場合がありますが、施術部位を選べることは少なく、手や足などでのテストになります。

手足への照射とIラインへの照射では刺激の感じ方が全く異なるので、本契約前に1回プランなどでIラインの脱毛を体験しておくことがおすすめです。

Iライン脱毛の施術の流れとは

h2
Iライン脱毛の施術は、用意された紙パンツに履き替えて施術を行うことが多いです。
仰向けになって片方ずつ行うのが一般的で、施術部位に合わせてショーツをずらしながら施術を行っていきます。

施術が始まると、施術スタッフによって足の開き方や置き方などを指示されますので、それに従い施術を受けるようにしましょう。

店舗によっては、紙パンツなどを履かずに施術を行うこともあります。詳しい施術方法については各店舗にお問い合わせください。

Iラインのみの脱毛ができる医療クリニック3選

h2
以下は、Iラインのみを脱毛することができる医療脱毛クリニックです。

Iラインの医療脱毛を、単品で利用したい人におすすめします。

レジーナクリニック

脱毛プラン脱毛料金(税込)
Iライン脱毛1回16,500円 5回49,500円 8回74,250円
VIO脱毛1回46,200円 5回92,400円 8回147,840円 

10回184,800円 12回221,760円

レジーナクリニックは医療脱毛を専門に行っており、全国に20店舗以上を展開しているクリニックです。

全身脱毛から部分脱毛、人気のセットプランまで多くのプランを取り扱っています。

Iライン脱毛は8回まで、VIO脱毛は12回まで回数の選択が可能です。

そのため、毛量を減らす・ハイジニーナにするなど自分の目的に合う回数での施術ができます。

レジーナクリニックの大きな特徴は、麻酔やシェービングサービスが無料であるということです。

Iライン脱毛の刺激が心配な人や自己処理に不安がある人も、追加料金を気にすることなくサービスの利用ができます。

フレイアクリニック

脱毛プラン脱毛料金(税込)
Iライン脱毛1回22,000円 5回46,200円 8回70,400円
VIO脱毛1回41,800円 5回99,000円 8回149,600円

フレイアクリニックは、全国に15店舗を展開する大手クリニックで医療脱毛を専門に行っています。

VIOセットプランとIライン脱毛単体どちらにも対応可能です。

Iラインの施術は、下着を脱いだ状態で仰向けになって行います。

30分程度で施術が完了するので、時間もかからず気軽に利用可能です。

また、フレイアクリニックでIライン脱毛をする場合、麻酔を無料で使うことができます。

施術前に塗布しておく必要があるので、麻酔を希望するのであれば事前に申し出ておくようにしてください。

TCB東京中央美容外科

TCB
脱毛プラン脱毛料金(税込)
Iライン脱毛1回12,000円 3回30,000 5回47,000円 

8回74,000円 12回108,000円

VIO脱毛VIO脱毛クイック

1回18,000円 3回38,000円 5回48,000円

VIO脱毛オーダーメイド

1回32,400円 3回81,000円 5回126,900円

8回199,800円 12回291,600円

TCB東京中央美容外科では、VIO脱毛プラン2種類とIライン脱毛に対応しています。

Iラインの毛をなくしたいと考えている人は、8回コース・12回コースがおすすめです。

施術時間はIライン脱毛で20分程度、VIO脱毛で30~40分程度となります。

施術の刺激に耐えられない場合には、麻酔クリームの使用や出力を弱めるなどの対応をしてもらえるので、我慢せずにすぐに申し出るようにしましょう。

Iラインのみの脱毛ができる脱毛サロン3選

h2
以下は、Iラインのみの脱毛ができる脱毛サロンです。

刺激を抑えた施術が好みの人には、これらの脱毛サロンをおすすめします。

ミュゼプラチナム

脱毛プラン脱毛料金(税込)
Iライン脱毛(Sパーツ)デイプラン

8回17,100円 12回25,796円

レギュラープラン

8回21,300円 12回31,950円

VIO脱毛デイプラン

1回42,120円 4回47,844円 6回72,812円

レギュラープラン

1回52,650円 4回60,180円 6回91,766円

VIO脱毛完了コース115,752円

ミュゼプラチナムのIライン脱毛は、Sパーツから選択することができます。

平日利用と全日利用で料金が違うので、自分の利用時間帯に合わせてコースを選ぶようにしましょう。

VIOセットプランには1回から完了コースまで用意されており、目的に合わせた回数での施術が可能です。

ツルツルの状態を目指すのであれば、完了コースを選ぶことをおすすめします。

ラココ

脱毛プラン脱毛料金(税込)
Iライン脱毛(Sパーツ)1回3,300円
VIO脱毛12回118,800円
VIO脱毛完了コースなし

ラココは、VIOセットプランとIラインの部分脱毛に対応しており、必要な部位のみの脱毛が可能です。

Iライン脱毛はSパーツに含まれており、Iライン・Iライン外の1部位に分かれています。
部分脱毛は1回ずつの支払いになるので、脱毛後の肌状態を確認しながら必要な分だけ通うことができるのがメリットです。

また、ラココではSHR脱毛を行っており刺激を抑えた施術ができます。
日焼け肌や地黒肌への施術が可能なので、デリケートゾーンの黒ずみが気になる人でも施術の心配がいりません。

1回ずつ肌を確認しながら脱毛を進めていきたいのであれば、ラココの脱毛をおすすめします。

ディオーネ

脱毛プラン脱毛料金(税込)
Iライン脱毛12回46,200円
VIO脱毛ハイジニーナコース 12回132,000円

セミハイジニーナコース 12回105,600円

(初回限定VIO脱毛 1回3,300円)

VIO脱毛完了コースなし

ディオーネの脱毛は、12回コースを基本としてプランを設定しています。

相談によっては12回より少ない回数でも施術が受けられるので、希望がある際はカウンセリングで相談してみるとよいでしょう。

VIO脱毛プランは2種類あり、VIO全ての毛を脱毛するハイジニーナコースと、好きな形を残せるセミハイジニーナコースがあります。

初回限定で1回3,300円で体験できるので、Iライン脱毛の刺激が不安な人は利用してみることがおすすめです。

キレイモならIライン脱毛を含む全身脱毛が可能

キレイモ
キレイモでは、Iライン脱毛を含む全身脱毛の利用ができます。

脱毛は一部のみ施術を受けると、脱毛していない部分との境目が気になってしまうことが多いです。

境目が気にならないようにするには、部分脱毛から始めるのではなく、最初から全身まるごと脱毛するのも一つの方法となっています。

キレイモの全身脱毛は顔・VIOが全て含まれており、全身まるっと脱毛が可能です。

脱毛プランも幅広く、お試しコースから回数無制限コースまで用意されているので、自分の目的に合うコースでの施術ができます。

また、学割などの用意や分割払いにも対応しているので、まとまったお金がない人や学生の人も負担なく利用可能です。

キレイモのIライン脱毛について詳しく知りたい人は、コチラをご覧ください。

Iライン脱毛に関するよくある質問

h2
最後に、Iライン脱毛に関してよく聞かれる質問について解説していきます。

今回解説するのは、以下の5つの質問です。

  • Iラインだけ脱毛することはできるの?
  • Iラインは何回の施術が必要?期間は?
  • Iラインの黒ずみの原因は?
  • Iラインの自己処理はどうやったら安全?
  • Iライン脱毛は医療脱毛かサロン脱毛どっちがおすすめ?

Iラインだけ脱毛することはできるの?

Iラインのみの脱毛は可能です。

店舗によって全身脱毛のみを行っている場合と、部分脱毛を取り扱っている場合があります。

Iラインの脱毛プランさえ取り扱っていれば、Iラインのみを脱毛することが可能です。

キャンペーンなどでVIOセットプランのほうがお得に脱毛できる場合などもありますので、価格や内容をしっかり見てプランの選択をすることをおすすめします。

Iラインは何回の施術が必要?期間は?

Iラインの医療脱毛を行う場合は、5~10回程度の施術が必要になります。

毛量を減らしたいのであれば5回程度、ツルツルの状態を目指すのであれば10回程度を目安に施術を受けていきましょう。

サロン脱毛の場合は、12回~20回以上の施術が必要なことが多いです。医療脱毛より時間がかかってしまうため、必要な回数も倍になってきます。

期間にすると、医療脱毛が2年程度、サロン脱毛は3~4年程度です。

時間はかかりますがコツコツ続けることで効果が出るものなので、諦めずに施術を受けていくことが大切になります。

Iラインの黒ずみの原因は?

Iラインが黒ずんでいるという悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

Iラインの黒ずみの原因には、以下のようなことがあげられます。

  • 下着による摩擦
  • 自己処理による肌への負担
  • 生理用品によるかぶれ
  • Iラインは皮膚が薄く刺激を受けやすい

もともと皮膚が薄いIラインは、少しの刺激にも敏感に反応してしまう部位です。
普段の生活の中でも下着による肌への負担などを受けやすく、刺激に反応してメラニンを生成してしまっているのも原因として考えられます。

Iラインの自己処理はどうやったら安全?

Iラインを安全に自己処理するには、自分の目で確認しやすくすることが大切です。

自立する姿見などのような鏡があれば、その前にM字開脚をするように座ってみると自分で確認しやすくなります。

自立する鏡がなければ、鏡をまたぐようにしてしゃがむとIラインが見やすくなるので、安全に自己処理が可能です。

シェーバーで剃る前に、小さなハサミで長い毛を切っておくようにしましょう。そうすることで、毛に刃がひっかかりづらくなりシェービングがしやすくなります。

Iライン脱毛は医療脱毛かサロン脱毛どっちがおすすめ?

Iライン脱毛をするときに、医療脱毛かサロン脱毛を選ぶことが必要になります。

できるだけ早く脱毛を完了させたいのであれば、医療脱毛がおすすめです。
医療脱毛は1度の施術での刺激は大きいですが、その分早く効果を感じられます。
ある程度の刺激に耐えられる・麻酔の利用をするなどであれば、医療脱毛を選ぶとよいでしょう。

時間がかかってもいいから刺激が弱いほうがいいという人は、サロン脱毛がおすすめです。
医療脱毛の倍ほどの期間は必要ですが、肌への刺激がマイルドで麻酔の必要はほとんどありません。

必要な期間や刺激の有無をふまえて、自分に合う方法を見つけるようにしましょう。

まとめ

h2
現在は、VIOのムダ毛を全て脱毛するハイジニーナが流行っており、デリケートゾーンのケアにも注目が集まるようになってきました。

若い世代から親世代までVIO脱毛への関心が高まっているのもあり、Iラインの脱毛に興味を持った人も多いのではないでしょうか。

Iラインの脱毛には、デリケートゾーンを清潔に保てるなど多くのメリットが存在する一方で、皮膚が薄く脱毛の刺激を強く感じやすい部位のため、施術中の刺激について考慮しておく必要があります。

メリット・デメリットを両方理解したうえで、自分に必要なことを選択していくことが大切です。

現在デリケートゾーンのかゆみ・臭いなどに悩んでいる人は、Iライン脱毛で不快感を手放してみてはいかがでしょうか。

脱毛するならキレイモがおすすめ!

キレイモがおすすめの理由

  • 日本中に店舗が拡大!現在28店舗!
  • 追加料金はなし!1回の施術で全身可能!
  • 数十万を超える利用者が大満足!