上半身の脱毛

うなじの脱毛

contents

うなじの脱毛効果

女性が脱毛をしたいと思う部位の中でも、意外と人気が高いのがうなじです。うなじというのは首のうしろ側にあたり、自分では直接見られない位置にあります。そのため、自分で脱毛の処理をしようとしても無理があるでしょう。また、シェーバーで脱毛処理を行ったとしても、毛がなくなるのは一定の期間だけであり、またすぐに毛が生えてきてしまいます。そうなると、うなじの脱毛をするには、やはり脱毛サロンでプロの施術を受けるのが一番です。髪の毛をかきあげたり、アップにしたりするようなときにも、うなじの処理をしておくことで女子力をあげることができるでしょう。

#

うなじを脱毛するメリット

相手に良い印象を与えられる

自分のうなじに自信がある女性は、意外と少ないのではないでしょうか。特に、ロングヘアーやセミロングの女性の場合、普段は髪の毛に隠れている部位であることから、あまり手入れをしていないことも多いかもしれません。しかし、うなじというのは女性のパーツの中でも、意外と注目を浴びやすい部位であり、うなじに女性の色気を感じている男性は多いです。そこで、うなじをきちんと脱毛しておくことで清潔な女性だと思われ、相手に良い印象を与えることができるでしょう。

#

首のまわりがすっきりして見える

うなじの脱毛をすることにより、首がきれいに見えるばかりではなく、首が細く長く見えるというメリットもあります。きれいに整えられたうなじは、首がすっきりとしたさわやかな印象になるため、髪型をアップスタイルにしてもよく映えるでしょう。また、普段おろしてばかりいた髪型をアップやポニーテールなど、バラエティに富んだヘアスタイルに挑戦できるようになります。

うなじ脱毛に失敗しないためのポイント

うなじ脱毛には、整えることができる形がいくつかあります。自分の頭の形や首のラインに合わせて、最もナチュラルに見えるデザインを選ぶことで失敗することなく脱毛ができるでしょう。うなじ脱毛には、次のようなタイプがあります。


・W型
日本人女性に最も多い形といわれているのが、W型です。元の襟足の形を崩さず、産毛などの余計に生えている部分を脱毛していくことになります。産毛をなくすだけで、首まわりをすっきりと見せることが可能なので、自然にきれいなうなじにしたいという方におすすめです。
・MW型
アルファベットのMとWを組み合わせたような細かいジグザグのうなじをMW型といいます。特徴としては首を細長く見せてくれるので、セクシーな印象を与えられるでしょう。襟足がきれいだといわれている舞妓さんには、この型が多いといわれています。
・U型
U字型に丸く襟足を残すので、女性らしいやわらかい雰囲気の印象を高めてくれるでしょう。
・直線型
襟足を剃り落としてしまうのが直線型です。ボーイッシュなイメージを与える効果があります。
・飾り毛
襟足付近にある女性特有の毛で、この部分を脱毛するかも選択できます。

セルフ処理との違い

・ セルフ処理

うなじのセルフ処理は、自分の目では見えない部位であるため難易度が高くなります。自分でできたとしても剃り残しがあったり剃り過ぎたりする可能性がありますし、定期的にセルフ処理を続けなくてはなりません。器用な人であれば、処理の時間とお金の節約になるでしょう。しかし、うなじ部分の肌は非常に敏感なので、カミソリを使っての処理は肌トラブルを引きおこす恐れがあります。

・ サロン脱毛

サロン脱毛ではプロのスタッフが最新の脱毛機で施術を行うため、自分では見えにくいうなじもムラなくきれいに脱毛してもらうことができます。通う時間と施術料金はセルフケアよりもかかりますが、施術が完了すれば自分で剃ったりする手間がなくなります。また、施術後のアフターケアもきちんと行いますので、肌トラブルの心配も少ないでしょう。

脱毛の流れ

施術前日の準備

うなじ脱毛の施術を受ける場合には、セルフ処理がむずかしいため事前に自分でシェービングをしておく必要はありません。それよりも前日までに肌の状態を整えておく必要があります。脱毛というのは肌に熱を加えることになるので、保湿ローションなどで十分に保湿しておきましょう。日焼けも避けておくことが大切です。また、体調が万全でない場合は施術中や施術後にトラブルが発生する恐れがあるため、施術前日は予防接種や薬の服用などを避ける、あるいは飲酒を控えるようにしてください。

当日の流れ

問診、肌状態のチェック

施術の前に問診とお肌の状態のチェックが行われます。生理中かどうか、妊娠の可能性はあるかといった問診が行われます。体調やお肌の状態によっては、施術できる範囲が狭くなってしまう、または施術自体が行えなくなる場合があります。

#

照射

特に問題がないようであれば、スタッフがお手伝いしてうなじのシェービングを行いますので、脱毛箇所には日焼け止めやデオドラントクリームは塗っていかないように注意しましょう。シェービングが完了したら施術を開始します。 キレイモでは先端部分に冷却機能の付いた最新脱毛マシンを使用しているので、冷たいジェルを塗ることもなく照射が行われます。

#

アフターケア

施術後はお肌が乾燥しやすいので保湿ローションでアフターケアを行います。キレイモ特製のオリジナル保湿ローションには美白成分が含まれているものや、ダイエット成分が配合されているものがあります。どちらも敏感肌用ローションなので、好みのローションを選びましょう。

#

施術後のケア

脱毛施術を受けた日は、自宅にてケアを行っていただきます。入浴に関しては、当日はぬるめのシャワーのみにしておきましょう。脱毛施術を受けた当日はお肌が敏感になっていますから、湯船に浸かって身体を温め過ぎないようにしてください。ボディタオルで身体を強くこするのも避けましょう。シャワー後はタオルをそっと押し当てる感じで水気を取ります。

脱毛部分の保湿も大切なポイントです。施術当日はすでにサロンで保湿ケアを受けてきていますが、翌日からは敏感肌用の保湿ローションや乳液などを脱毛箇所に塗布して、自宅でも十分な保湿を行いましょう。

よくある質問

どのくらいの期間で効果を感じられますか?

早い方は1~2週間で毛が抜けはじめます。より大きく効果が感じられるのは6回目の施術あたりからが多く、12回でだいぶ目立たなくなり、18回の施術が終わる頃には毛がほとんどなくなり、きれいな状態になります。

施術はどのくらいの周期で受ければいいでしょうか?

施術の周期は毛の周期に合わせて2ヶ月周期が良いとされています。キレイモは最も効果的な周期を設定しています。1~6回目は2ヶ月周期、7~12回目は2ヶ月半、それ以降は3ヶ月としています。

施術中に痛みはありますか?

キレイモで使用している脱毛マシンは国産の最先端をいくもので、お肌に触れる部分がマイナス4℃に冷却されているため、熱による痛みはほとんど感じません。

自宅できちんと脱毛することはできますか?

自宅で脱毛処理のできる部位は脚や腕、顔などごく一部に限られています。特にうなじは自分で見えないため、セルフ処理できちんとキレイに脱毛するのは難しいでしょう。

産毛を脱毛しても平気ですか?

産毛があると汚れや細菌が付着して肌荒れを引きおこす原因になることがあるため、処理することできれいなお肌を維持しやすくなります。しかしカミソリなどのセルフ処理は肌を傷つけてしまう恐れがあるため、サロンで脱毛施術を受けることをおすすめします。

他の脱毛コラムを読む

うなじの脱毛もできる!

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >