キレイモ脱毛コラム

タトゥーが入っていても脱毛できる?タトゥー部分に照射するリスクや施術方法を解説

contents

タトゥーが入っていても脱毛できる?

タトゥーが入っている方でも脱毛は可能です。しかし、タトゥーの入っている部分にはレーザーや光の照射ができません。

そのため、医療脱毛や光脱毛の場合、タトゥー部分やその周辺は避けて施術を行います。

タトゥー部分を脱毛できない2つの理由

タトゥー部分はレーザーや光の照射ができないため、タトゥー部分は脱毛できません。タトゥー部分にライトを照射できない2つの理由をご紹介します。

タトゥー部分に照射すると火傷の危険性がある

タトゥー部分を脱毛できない1つ目の理由は、照射すると火傷の危険性があるためです。

医療脱毛や光脱毛は、施術の際に黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーや光を照射し、毛根にダメージを与えて脱毛します。

そのため、タトゥーが入っている部分にライトを照射すると、メラニン色素と同様にライトが反応してしまうため、タトゥー部分に熱が伝わり火傷の症状が起こってしまいます。

タトゥーが変色してしまう恐れがある

タトゥー部分にレーザーや光を照射すると、変色してしまう恐れがあることもタトゥー部分を脱毛できない理由のひとつです。

タトゥーが入っている箇所にレーザーや光を直接照射すると、熱によってインクが変色したり、色が抜けてタトゥーが薄くなってしまうリスクがあります。

タトゥー部分を脱毛する方法はある?

医療脱毛や光脱毛ではタトゥー部分の脱毛をすることはできませんが、ブラジリアンワックスやニードル脱毛の施術であれば、タトゥー部分を脱毛することが可能です。

タトゥー部分を施術できるブラジリアンワックスとニードル脱毛についてご紹介します。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、毛をなくしたい部位にワックスを塗ったあと、数分待って剥がしとることで脱毛できるアイテムです。

毛を根元から抜くことができ、剥がした後は毛のないツルツルの状態にできる点はメリットと言えるでしょう。しかし、医療レーザー脱毛や光脱毛と異なり、毛根にダメージを与えるのではなくただ毛を抜くだけの方法であるため、毛が生えなくなったり薄くなることはなく、時間が経過すると毛は再び生えてきます。

また、不要な毛の長さが1cm以上にならないと使用できない点や、剥がす際に痛みがある点はデメリットです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は永久脱毛ができる脱毛方法と言われています。毛穴一つひとつに針を挿入し、電流を流すことで毛包にダメージを与え脱毛します。

ニードル脱毛は、タトゥー部分以外にも、白髪や日焼けした肌の毛も脱毛できるメリットがあります。

デメリットは、毛穴一つひとつに針を挿入するため強い痛みが伴うこと、料金が高額になること、一本一本の毛に対して施術するため広範囲の脱毛には向かない点です。タトゥー部分の脱毛をどうしてもしたい方に向いている脱毛方法です。

キレイモの光脱毛について

キレイモは、光脱毛の中でも「IPL脱毛」による施術を提供しています。

「IPL脱毛」は光を照射して毛根にダメージを与える脱毛方法で、太い毛や剛毛に対して特に高い効果を発揮します。

キレイモでは、先進の脱毛マシンを使用しているため、痛みが少ない施術が可能です。単発での照射にこだわっているため、連射式のように光のパワーが分散することなく、均一なパワーで照射することが可能です。

キレイモの施術でタトゥー部分は脱毛できる?

キレイモでは光脱毛を提供しているため、タトゥー部分の脱毛は行えません。リスクを回避するため、タトゥーから5cmの範囲は避けての施術となります。

タトゥー部分の施術は脱毛方法を検討しよう

タトゥーが入っている箇所も含めて脱毛できるのは、ブラジリアンワックスとニードル脱毛です。しかし、ブラジリアンワックスは時間が経過すれば施術後に再び毛が生えてきます。ニードル脱毛は永久脱毛できる方法ですが、強い痛みがあり費用も高額です。

脱毛したい方は、光脱毛などの痛みが少ない方法で脱毛してからタトゥーを入れるなど、事前に検討して脱毛方法を決めるとスムーズです。

キレイモでは、タトゥー部分の施術など、脱毛に対する疑問なども相談できる無料カウンセリングを実施しています。本当に痛みの少ない施術なのかを事前に確認できる「ハンド脱毛体験」も無料で実施しているので、痛みが心配な方も安心です。光脱毛をご検討の方は、ぜひ一度キレイモの無料カウンセリングにお越しください。

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >