ワキガと脱毛の関係は?ニオイ対策できる方法はある?

contents

ワキガと脱毛に関係はある?


「脱毛をするとワキガ改善になる」「脱毛するとワキガが悪化する」など、さまざまな噂を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
脱毛をして毛がなくなることでワキガに対する効果が期待され、匂い対策をとることができます。
直接的にワキガ改善を行うことはできませんが、脱毛を行うとワキガ対策としてメリットがたくさんあります。
ここではワキガと脱毛の関係性や、ワキガ対策として行える脱毛後のアフターケアをご紹介していきます。ぜひ最後までチェックしてみてください。

ワキガとはどんな症状?


いわゆるワキガと呼ばれている症状には、「腋臭症(えきしゅうしょう)」という医療名称があります。
汗が原因で鼻にツンとくる不快なニオイが出る症状です。
暑いときや運動時にかく汗は、「エクリン腺」と呼ばれる汗腺から分泌されます。
それに対し、緊張している時に多くなる汗は、「アポクリン腺」から分泌されます。
アポクリン腺は、ワキの下や陰部など特定の部位にあるため、元々はフェロモンの役割を担っていると言われています。

ニオイが起こる原因

フェロモンとも言われるワキのニオイが、「ワキガ」と言われる不快なニオイになるのは、皮膚にある常在菌が原因です。
アポクリン腺から分泌される汗には、老廃物などが多く含まれています。
分泌される汗をエサに常在菌が増殖し、その常在菌が老廃物や皮脂を分解する際に不快なニオイが発生してしまいます。

ワキガになりやすい人の特徴

ワキガは男女関係なく現れるデリケートな悩みですよね。ワキガが現れる原因は「アポクリン腺」でしたが、このアポクリン腺の量は遺伝的な体質が関係してきます。
先天性な数のため、身内にワキガの人がいる方は、遺伝の可能性が高いでしょう。
また、先天性ではなく、後天的にもワキガになる可能性があります。食生活です。
脂質の多いお肉や揚げ物を多く摂取している人だとワキから汗としてアポクリン腺が排出されます。そのため、ワキガのような汗臭さが増してしまうのです。
油っぽくて、高カロリーなものを多く食べる人は注意が必要です。

ワキガの治療方法


ワキガの症状を改善したいときは、薬による治療や、手術をするという方法があります。
薬での治療は、「塩化アルミニウム液」を塗る方法が一般的です。
手術での治療は「皮弁剪除法(ひべんせんじょほう)」と呼ばれ、ワキガの原因となるアポクリン腺を切除することで症状を改善します。皮弁剪除法を行えば、ほとんどニオイが気にならなくなると言われています。

ワキ脱毛をするとワキガ改善になる?関係3選

ワキ脱毛を行なっても、ワキガそのものの匂い対策を行うことはできません。
ですが、毛がなくなることでワキガ改善につながる可能性もあります。
なぜワキガ対策をすることができるのでしょうか。細かい関係性を見ていきましょう。

ワキガと脱毛の関係性

  • ワキの衛生面の改善
  • 自己処理が減り、肌トラブルが軽減される
  • アポクリン腺の機能の低下

ワキの衛生面の改善

脱毛を行うことで、毛がなくなり、肌自体の衛生面が持続していきます。
毛が生えている脇は汗をかくと蒸れていきますよね。「常在菌」と呼ばれる微生物の一種が増えることで雑菌が繁殖し、汗や皮脂と共にワキガとして強い匂いを放ちます。また、脇毛が生えていることでワキの湿度が高まるのも菌の増殖を増やす原因です。
ワキ脱毛を行い、清潔にすることで匂いを減らす効果があります。

自己処理が減り、肌トラブルが軽減される

脱毛を行わずに自己処理を行うとなると、カミソリや毛抜きで行うのが一般的ですよね。カミソリや毛抜きを使用すると肌がダメージを受けます。この肌ダメージは、毛穴近くのアポクリン腺まで刺激してしまいます。アポクリン腺が刺激を受けることにより、ワキガの匂いも強く充満してしまうのです。そのため、自己処理での脱毛はおすすめできません。
肌トラブルをなくすことでアポクリン腺を刺激する回数を減らすことができれば、ワキガの匂いも少なくなっていく可能性がありますよ。

アポクリン腺の機能の低下

アポクリン腺は毛穴の近くに存在しています。そのため、レーザー脱毛やニードル脱毛のような毛穴自体を刺激する脱毛方法をとることにより、アポクリン腺にも熱や電流が伝わる場合があります。
単なる自己処理での肌刺激はアポクリン腺を活発化させる刺激です。
ですが、サロンで用いられている熱や電流などの刺激が加わることで、アポクリン腺の働きは弱まりを見せる可能性があるのです。
アポクリン腺の働きが弱まれば匂いも出にくくなるので、サロンでの脱毛がおすすめです。

ワキ脱毛するとワキガが悪化する?


ワキ脱毛を行なってもワキガが悪化することはありません。「悪化した」と感じる方は、ワキ脱毛を行なったことで毛がなくなり、今までのケア方法ではカバーしきれなくなった場合も考えられます。
脱毛後に正しいアフターケアを行うことでワキガの匂いを軽減させていきましょう。

ワキ脱毛後のアフターケア方法

脱毛を行なったあとはアフターケアがとても大切です。
保湿を行なったり、運動を避けたりすることで脱毛効果を上げることができます。(脱毛後保湿、運動してはいけないの内部リンク)
ワキガ対策をとるためにもプラスアルファで行うべきケア方法があるので、ご紹介していきます。

ワキの毛穴の汚れを落とす

脱毛後の肌はレーザーを当てたことにより、毛穴がむき出しの状態になっています。
むき出しのため、毛穴に汚れが溜まりやすくなっている状態です。悪臭を引き出す原因にもなるので、清潔を心がけましょう。
毛穴汚れを落とすためにまずは蒸しタオルを当てます。蒸しタオルを当てることで毛穴が開いていくので、その後石鹸を泡立てて優しく洗っていきます。
注意ポイントとして、ゴシゴシ強く洗わないことが挙げられます。強く洗うことで余計に肌を刺激して匂いが強くなってしまう可能性があります。
また、石鹸やボディーソープの他に、皮脂を落とす成分が入っているメイク落としも効果的です。皮脂はワキの匂いの原因の一つでもあるので、しっかり皮脂をおとすことのできるメイク落としもおすすめです。

ワキガ専用のクリームを塗る

2つ目のケア方法として、洗浄をおこなったあとワキガ専用のクリームを塗ることが挙げられます。
洗った後の清潔な状態の肌に塗ることで、効果を最大に引き出すことができます。
専用の成分の入ったクリームを塗り、ワキガ対策をしていきましょう。

ニオイ対策できる脱毛方法は?

皮脂や汗がワキの毛に付着して発生するニオイは、脱毛サロンやクリニックで脱毛の施術をすることで抑えることができます。
サロンやクリニックで施術可能な脱毛方法は、

  • 光脱毛
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

と大きく分けて3種類あります。
ここではそれぞれの方法の特長をご紹介します。

光脱毛

光脱毛にはいくつかの脱毛方式があり、「SSC脱毛」「IPL脱毛」「SHR脱毛」の3つが一般的です。
光脱毛は「レーザー脱毛」や「ニードル脱毛」に比べると痛みを感じにくいことから、初めて脱毛をする方や痛みに弱い方、費用を抑えて脱毛したい方におすすめです。

光脱毛がおすすめのサロン:ミュゼプラチナム

特徴
SSC脱毛・脱毛に効果的なジェルを塗り、照射する

・制毛、抑毛して毛を生えにくくする

IPL脱毛・光を照射して毛根にダメージを与える

・太い毛、剛毛に高い効果

SHR脱毛・発毛を促す組織に熱を与えて脱毛する

・痛みが少ない

光脱毛には3種類の脱毛方式があります。痛みが少なく、お手軽に脱毛を開始することができるので初めて脱毛を行いたい人にはおすすめの脱毛方法です。

光脱毛でおすすめのサロンがミュゼプラチナムです。
ミュゼではSSC脱毛を行なっており、痛みが少ないのが特徴。
店舗数も169店舗と業界大手なこともあり、通いやすいのも嬉しいポイントですね。

キャンペーンやプランもたくさん導入しています。
「完了保証コース」では、顔・VIO込みの全身脱毛が期間・回数無制限で通い放題となっています。
ワキ脱毛だとワキ・VIOのお得なコースもありますよ。

完了保証コース(全身)187,200円
両ワキ+Vラインコース(6回)100円
両ワキ+Vラインコース

(回数・期間無制限)

完了保証4,800円

レーザー脱毛

レーザー脱毛は「医療脱毛」とも呼ばれ、医療機関やクリニックで提供される脱毛方法です。
看護師または医師が施術を行う「医療行為」となるため、光脱毛に比べて強い出力で照射を行うことができます。
照射パワーが強い分、短い期間で効果を実感できるメリットがあります。
裏を返すと、照射パワーが強いため痛みを感じやすく、費用が高いことがデメリットといえます。

レーザー脱毛がおすすめの脱毛サロン:レジーナクリニック

レジーナクリニックでは3種類のレーザー脱毛器を用意し、肌質や毛質に合わせて医師が機械を選んでくれます。

脱毛器特徴
ジェントルレーズプロ・熱破壊式脱毛器

・濃く太い毛に効果的

ソプラノアイスプラチナム・3種類のレーザーを同時照射

・さまざまな毛質・肌質に対応可能

ソプラノチタニウム・幅広い毛質・肌質に対応可能

・施術時間は従来の2倍のスピード

自分の肌質や毛質にあった脱毛器を使用してくれるため、不安が少なくなります。
また、レジーナクリニックの特徴は料金体系が明確なこと。脱毛料金以外の費用はかかりません。麻酔料やシェービング量がかからないのはレジーナクリニックならではの特徴です。お得に医療脱毛をしたい人におすすめなクリニックとなっています。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は針を使用した脱毛方法です。
一つひとつの毛穴に針を挿入し、電流や高周波を流して施術を行います。
ニードル脱毛の中にも「電気分解法」「高周波針脱毛」「ブレンド法」「絶縁針脱毛」「ショートウェーブ法」など、いくつかの施術方法があり、どれも強い痛みを伴います。
また、施術費用がレーザー脱毛よりもさらに高額になる点もデメリットです。

ニードル脱毛がおすすめのサロン:エステティックTBC

プレーンゾーン

(両ワキ・両ヒザ)

110円/1本
デリケートゾーン

(顔・襟足・首・両手足の甲)

121円/1本

ワキを施術する場合、プレーンゾーンになるので1本110円の金額がかかります。
1本あたりでの料金になるのでレーザー脱毛より割高になってしまうので注意が必要です。
おすすめは数本だけ残った毛を処理したい場合。数本であれば金額も安く行える上に永久脱毛を行うことができます。
非常に強い刺激を伴う点だけ、注意が必要です。

ワキ脱毛をしてワキガ改善されやすい人の特徴

ワキの脱毛がワキガ改善に効果があることをご紹介してきました。では、ワキガが改善されやすい人の特徴はあるのでしょうか?
どのような人が改善されやすいのか特徴を2つご紹介していきます

ワキ毛の量が元々少なめ

元々ワキ毛の量が少ない人は脱毛を行うことでワキガの症状が改善されやすいと言われています。
アポクリン腺は毛穴の近くにあるので、毛穴の数が少ないと、アポクリン腺の排出も少なくなります。
脱毛することによって肌が清潔になり、ワキガの匂い対策がしやすくなりますね。
ワキ毛の量が元々少ない方は脱毛を行い、ワキガ対策するのも1つの方法です。

ワキガの症状が比較的軽い

症状が軽い人も脱毛によって効果が得られやすいです。脱毛を行うことで肌が衛生的になり、ケアをしやすくなるため、ワキガが改善されるケースが多く見られます。
また、症状が比較的軽い人は日頃のケアも大切です。汗をこまめに拭いたり、着替えを行うことで匂いを抑えることができるので、脱毛と一緒にセルフケアを行うことが大切です。

痛みが気になる人におすすめの脱毛サロン3選

ワキの毛をなくしてニオイ対策を行うにあたって、痛みが気になる場合や費用を抑えて脱毛したい場合は、光脱毛の施術がおすすめです。ここではおすすめの脱毛サロンと料金の比較を行なっていきます。ワキガ対策をとりつつ、綺麗な肌を手に入れましょう。

ディオーネ

ディオーネ
ディオーネでは「ハイパースキン脱毛」という専用機器を使用し、脱毛時の刺激だけでなく美容にもこだわりを持っています。肌への負担も少なく、コラーゲンがたっぷりの肌に仕上がるのでワキガ対策もばっちりとることができますね。
肌への負担が少ないため、通う頻度も2週に1度のペース。短い間隔で通うことができるので、完了までもスピード感をもって行うことができます。
両ワキが1回2,200円、12回コースで26,400円と通いやすい料金設定なところもポイント。都度払い制度もあるので、一度試してみたい人はディオーネがおすすめです。

ストラッシュ

ストラッシュ
ストラッシュは医療関係者が選ぶ脱毛サロンで7年連続1位をとっています。「IGSトリプルアタック脱毛」という独自の脱毛器を使用しているため、うぶ毛から太く濃い毛まで多くの毛質に対応。ワキに生えている太い毛にも抜群の効果を発揮することができます。
ワキ脱毛の料金と回数設定をご紹介します。

1回2,750円
6回16,500円
12回32,010円
15回40,012円
18回48,015円

回数も細かく設定されているので、自分の肌にあった回数を設定して脱毛を行うことができますね。

キレイモ

キレイモ
キレイモのプランは全身脱毛プランのみ。顔からVIOまで全て脱毛を行える上、追加の料金は一切かかりません。金額面を考慮しても通いやすいのは嬉しいポイントですね。

お試しプラン88,400円
10回プラン232,000円
15回プラン322,000円
18回プラン370,000円
無制限プラン390,000円

回数も細かく設定されているため、カウンセリングで好みの回数分契約することができます。また、今なら18回プラン契約すると家庭用脱毛器が実質無料でついてきます。自宅でも気になった時に肌を脱毛することができますね。