キレイモ脱毛コラム

肌荒れの原因はセルフ脱毛?肌へのダメージを予防できる脱毛方法は

contents

肌荒れが起こる原因は?

まずは「肌荒れはどうして起こるのか?」を原因から見ていきましょう。女性のお肌は敏感で、自分が感じていない「ストレス」「乾燥」などでコンディションは悪くなってしまいます。

お肌のコンディションが悪いと化粧のノリも悪くなってしまい、なんだか浮かない気分にもなってしまいますよね。

肌荒れの主な原因としては、

・紫外線
・乾燥
・ストレス
・生理中のホルモンバランスの崩れ
・間違ったスキンケア

などが挙げられます。そして、実はみなさんがあまり知らない肌荒れの原因がもう2つ。それは、

・脱毛前後のケアができていない
・脱毛の方法が間違っている

ということ。産毛やムダ毛を処理するために、世の中のほとんどの女性が脱毛していることでしょう。自分の肌をキレイに見せるための脱毛が、実は肌荒れを引き起こしている可能性も否定はできません。

#

肌荒れの原因となるセルフ脱毛とは?

肌荒れの原因となるセルフ脱毛は大きく分けて4つあります。セルフ脱毛が原因でお肌のコンディションを悪くしているなんて、女性にとってはショックな事実ですよね。

では、肌荒れの原因となる脱毛方法には一体どんなものがあるのでしょうか?

毛抜きで処理

毛抜きで行う処理は毛根から一気に抜くことができるため、次のお手入れまでの期間が長いメリットがあります。少し痛みはあるものの、手軽で簡単な脱毛方法のため、ワキなど脱毛範囲が狭い場合は毛抜きを使用している方も多いかもしれませんね。

しかし、毛抜きで処理すると肌をたるませる可能性が。同じ箇所を何度も引っ張ることで、肌が伸びてしまいます。また、くっついている毛根を一気に抜き取るため、毛穴が驚いてしまうことも。その結果、毛穴が塞がってしまうこともあるのです。

毛穴が塞がっても毛根はあるわけですから、生えてきた毛は皮膚の中に留まるしかありません。行き場をなくした毛は皮膚の表面に出てこれなくなり、黒いポツポツが目立つ埋没毛になる可能性があります。症状が悪化すると皮膚の中で炎症を起こしたりすることもあるんですよ。

カミソリで処理

カミソリでムダ毛を処理するのも毛抜きと並んで手軽な方法です。しかし、カミソリでムダ毛を剃るのは肌を同時に削っているって知っていましたか?見た目にわからなくても、実はムダ毛と一緒にお肌も削れているのです。

もともとお肌の弱い方や乾燥肌の方はカミソリでの脱毛は向いていません。余計にカサカサ肌になってしまうだけですよ。

除毛クリームで処理

最近、簡単で痛みがない脱毛方法として「除毛クリーム」が注目されています。脱毛をしたい箇所にクリームを塗って洗い流すだけでムダ毛がスルっと抜けるので人気を集めています。

しかし、脱毛クリームも肌荒れの原因になることが。脱毛クリームは、ムダ毛(タンパク質)を溶かすためにアルカリ性の薬剤でできています。

実は、ムダ毛だけでなく、お肌もタンパク質のため、ムダ毛を溶かすための脱毛クリームは、お肌にもダメージを与える可能性があるのです。いくら簡単な方法だからといっても常に使用していてはお肌に負担をかけるだけです。

ワックスで処理

ブラジリアンワックスって聞いたことありませんか?専用のワックス剤を脱毛したい箇所に塗り、一気にムダ毛を処理する方法です。

施術後は肌がスベスベになるため、注目を集めているワックス剤を使用した脱毛方法。しかし、ワックス剤を使用した脱毛もお肌のトラブルを引き起こす可能性が。

生えている毛を毛根から一気に抜き取るわけですから、毛穴はビックリ!毛抜きで処理するのと同様に毛穴が塞がり、埋没毛を引き起こす原因になるのです。

肌荒れが予防できる脱毛方法は?

肌荒れの原因は、自宅で行っているセルフ脱毛にも原因があることがわかりましたね。見ていたら「肌荒れを起こさないためには、脱毛したらいけないの?」なんて疑問が生まれませんか?

「肌荒れが嫌だから脱毛しない」
「脱毛したいけど、肌荒れの心配が…」

その二択しかないようでは、どちらも簡単に選択できませんよね。

しかし「肌荒れもしないし脱毛もできる!」女性には、嬉しい脱毛方法がこの世には存在するんです。

それは「レーザー脱毛」や「光脱毛」の施術を受けることです。「脱毛サロンって高そうだし、なんだか怖い…」という、そんな方のために「レーザー脱毛」と「光脱毛」の特徴を解説しましょう。

レーザー脱毛とは?

レーザー脱毛は、皮膚科のクリニックや美容整形外科でしか受けることができない施術方法。強力なレーザーを皮膚に当て、毛乳頭にダメージを与えることで毛が生えてくる働きを抑えてくれます。

レーザー脱毛は費用が高いだけでなく、めちゃくちゃ痛い…。ヒゲやVIOラインなど、皮膚が薄い部分ほど、痛みは強く感じます。

光脱毛とは?

光脱毛は、黒い色素(メラニン色素)に反応する光を照射して、毛根に働きかけ、脱毛を促してくれる脱毛方法です。

照射できるパワーの強さはレーザー脱毛に比べて小さく、痛みはほぼありません。肌に強い負担がかからないため、レーザー脱毛に比べると脱毛が実感できるまでに時間がかかることもあります。

顔や脇などを脱毛すると肌荒れは防げる?

レーザー脱毛や光脱毛で顔や脇のムダ毛をしっかりと処理すれば、セルフ脱毛をしなくてもよくなるため、肌荒れが起こりづらくなります。

一方、セルフ脱毛は、いくら気をつけていても肌を無意識のうちに傷つけてしまいます。脱毛後のケアをしているつもりでも、きちんとできていないこともあるのです。

レーザー脱毛や光脱毛の施術は煩わしいムダ毛処理の時間を省きつつ、肌荒れを防ぐことが可能です。

・キレイモの光脱毛について

キレイモの光脱毛は、施術前に丁寧なカウンセリングを行っています。使用している脱毛機器は、人体に害を与えない可視光線が出るもの。そのため光によって、「肌が日焼けしてしまう」「色素沈着を起こしてしまう」などの肌トラブルの心配もありません。

また、キレイモではムダ毛の処理だけでなく施術後に行う「お肌のケア」も徹底しています。お肌のケアに使用しているジェルローションはスリムアップ成分を配合したキレイモ特製のもの。脱毛して、お肌のケアまで受けられるのは女性にとって嬉しいポイントです。

肌荒れしている場合は脱毛できない?

もともと肌が弱く肌荒れをしていると「脱毛サロンでもケアできないんじゃないの?」と不安になりますよね。しかし、脱毛サロンなら余程の症状ではない限り、施術を受けることが可能です。

ニキビがある場合

少数のニキビなら、ニキビ部分を避けたり、専用のテープを貼って施術が可能です。

ただし、広範囲にニキビができている場合は「肌の赤み」など、別の肌トラブルを引き起こす可能性があるため、施術を見送る場合があります。

キレイモは前日までに連絡をすれば施術のキャンセル・変更が可能です。ニキビが広範囲にできて施術が心配という人も安心して通えます。

肌が弱い場合

光脱毛は可視光線を使用した脱毛機器で施術を行います。先述しましたが可視光線は人体に影響を及ぼすことがないため、肌が弱い人でも施術を受けることができます。

キレイモでは、施術前に必ずお肌のコンディションを確認するカウンセリングがあるため、肌が弱い方でも安心してツルスベお肌を手に入れられますよ。

アトピー肌の場合

肌に赤みがあったり、カサカサするのがアトピー性皮膚炎の特徴です。服用している塗り薬や飲み薬によって脱毛できない場合もありますが、基本的には、アトピー肌だからといって、施術が受けられないことはありません。

キレイモなら脱毛後のアフターケアのアドバイスもしっかり受けることができるため、アトピー肌の人にもおすすめです。

#

肌荒れを予防できる脱毛方法を選択しよう!

肌荒れはセルフ脱毛が原因で起きている可能性もあります。手軽さがメリットのセルフ脱毛ですが、肌にダメージを与えるなどデメリットも多いので注意が必要です。

キレイな肌を目指したい女性は、セルフ脱毛よりもサロンでの脱毛を選択してムダ毛を処理しつつ肌荒れを予防しましょう。

キレイモでは、肌に優しい光脱毛での施術を行っているので、肌が弱い方も施術を受けることが可能です。痛みもほとんど感じないため、安心して脱毛でき、ムダ毛のない肌を目指せます。

肌荒れを予防したい方は、無料のカウンセリングを実施しているキレイモにお気軽にご相談ください。

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >