キレイモ脱毛コラム

脱毛後の毛穴の状態は?肌に負担をかけない脱毛方法とは

contents

脱毛後の毛穴は閉じる?

脱毛すると徐々に毛は抜けていきますが、施術直後の毛穴は開いたままの状態です。お肌の状態が良く、キメが整うことで毛穴は引き締まり、もともとあった毛穴の汚れが解消され目立たなくなっていきます。

毛穴の汚れが目立たないキレイなお肌を目指すには、脱毛方法や脱毛後のケアを考えましょう!

お肌に負担をかけてしまう脱毛方法は?

カミソリや毛抜きを使った毛の自己処理はお肌に大きな負担をかけてしまいます。カミソリはお肌に直接触れて毛を剃るため、皮膚まで削ってしまう可能性があり、摩擦による色素沈着や炎症などの原因にもなります。

毛抜きを使って毛を抜く処理は、無理やり毛を引き抜くことで負担がかかり、炎症を起こしたり、雑菌が毛穴に入り込む可能性が。

毛を自分で処理する方法は、コストがかからず手軽にできるメリットがある一方で、お肌にダメージを与えるリスクもあるため注意が必要です。

毛穴をキレイに保てる脱毛方法は?

毛がある状態では皮脂や汚れが毛穴に詰まり、黒ずみや角栓によって汚く見えてしまいます。毛穴に汚れがたまらないキレイな状態を保つには、脱毛によって毛を除去し、毛穴に汚れが入り込まないように引き締めることが有効です。

毛をしっかり脱毛できる代表的な方法は「レーザー脱毛」や「光脱毛」があります。それぞれの特徴やメリットをご紹介します!

レーザー脱毛の特徴やメリット

レーザー脱毛は、医療機関で施術を受けられる脱毛方法です。レーザーを照射し毛根にダメージを与えることで、脱毛の効果を発揮します。医師または看護師が施術を担当する医療行為です。

施術時の照射パワーが強いことから、短期間で脱毛効果が得られるというメリットがありますが、施術時に強い痛みを感じる方が多いです。また、費用も高額になりやすい点もデメリットです。

光脱毛の特徴やメリット

光脱毛には種類があり、光や熱によって毛にダメージを与えて脱毛します。一般的な方法として「SSC脱毛」「IPL脱毛」「SHR脱毛」があります。

「SSC脱毛」は、お肌に制毛作用をもつジェルを塗布し、クリプトンライトの光を照射することでジェルが浸透し、脱毛効果を得る方法です。

「IPL脱毛」は、光を照射し、毛にダメージを与えることで脱毛します。多くの脱毛サロンで採用されている方法で、剛毛に対して高い効果があります。

「SHR脱毛」は、「蓄熱式脱毛」とも呼ばれ、蓄積させた熱により脱毛します。光を照射する脱毛方法とは異なり、施術中にほとんど痛みを感じないという嬉しいメリットが♬

キレイモの光脱毛

キレイモの光脱毛は、「IPL脱毛」と「SHR脱毛」による全身脱毛を提供しています。

キレイモは、国産の新型脱毛機器を使用しています。光の照射面をマイナス4℃に冷やすことができるため、一般的なサロンのように脱毛前に冷却ジェルを使用しません。また、専門研修により技術を習得したスタッフが安心・安全な施術を行います。

毛穴に負担をかけない脱毛方法を選ぼう

毛のないキレイなお肌になるには、毛穴に負担がかからない脱毛方法を選びましょう。カミソリで毛を剃るなどの自己処理は、肌トラブルが起こりやすくなります。

キレイモの光脱毛は痛みも少なく、施術後だいたい3〜6回程度で効果が実感できます。

自己処理の必要もなくなるため、お肌にとっても優しく、キメが整うことで毛穴も引き締められ目立たなくなります。

キレイモの無料カウンセリングでは、脱毛の疑問やお肌の悩みをご相談でき、無料のハンド脱毛も行っています。

光脱毛にご興味のある方は、是非キレイモにお越しください♬

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >