キレイモ脱毛コラム

埋没毛の原因は?毛抜きで脱毛しても大丈夫?予防する方法とは

contents

埋没毛とは?

まず「埋没毛」が何なのか?そこから解説していきましょう。

「埋没毛」とは、文字通り「埋まっている毛」のことを指しています。「いやいや、毛ってそもそも埋まっているものじゃないの!」なんて声も聞こえてきそうですね。

「埋没毛」と「普通に生えている毛」の違いは、どこまで毛が埋まっているのかということ。普通に生えている毛は、毛根だけが埋まっていますよね。

しかし「埋没毛」は、毛の先まで埋まっているのです。

みなさんは皮膚の中に黒いポツポツを発見した経験はありませんか?それは、埋没毛かもしれませんよ。

#

埋没毛ができるのは自己処理が原因?

「埋没毛」と「普通に生えている毛」の違いはおわかりいただけましたか?

では、どうして埋没毛になってしまうのでしょうか。埋没毛ができる原因、気になりますよね。埋没毛になる主な原因は「ムダ毛の誤った自己処理」だといわれています。

毛抜きで毛を無理矢理引っこ抜いたり、カミソリでケアしないまま剃ったりと、お肌を酷使していませんか?

ムダ毛の誤った自己処理によって、肌・毛穴が傷つき、何かの拍子に毛穴が埋まってしまうことがあるんです。毛穴は埋まっていても、毛根がなくなるわけではありません。毛穴がふさがれているため生えてきた毛は肌の表面に出てこれず、皮膚の中に埋まってしまうという訳なんです。

産毛やムダ毛の処理は、気軽に簡単で安価に済ませたくなることもあるでしょう。しかし、安価に済ませることだけを優先したあまり、埋没毛ができやすい状態になり、かえって黒いポツポツが目立つお肌になる可能性が高くなるんですよ。

埋没毛になったときの取り出し方は?

埋没毛ができる原因は、おわかりいただけましたか?では万が一、埋没毛ができたとき、どうやって取り出したらいいのでしょう。

自分がお肌を傷つけたせいだとわかっていても、黒いポツポツが目立つお肌はなんとかしたいですよね。

ここからは、埋没毛になったときの取り出し方を解説していきましょう。

埋没毛は脱毛クリームで処理できる?

ムダ毛がある箇所に塗って洗い流すだけで脱毛ができる「脱毛クリーム」。簡単で手軽なことから、愛用している女性も多いのではないでしょうか。

埋没毛を脱毛クリームで簡単に処理できたら嬉しいと思いませんか?しかし、脱毛クリームでは、埋没毛を処理することはできません。

なぜなら、表面に出ている毛にしか基本的に効果がないからです。脱毛クリームは、ムダ毛(タンパク質)を溶かす成分でできています。実は、お肌もタンパク質で作られていますが、毛が埋まっているところまで肌を溶かせるクリームがあったとしても、怖すぎて使えませんよね。

埋没毛の正しい処置の仕方は?

埋没毛を処置するために毛抜きで無理矢理引っ張っていては、余計に肌を傷つけるだけ。脱毛クリームでも対応できません。では、埋没毛の処置はどうするのが正しいのでしょうか?

埋没毛をケアするなら、お肌の新陳代謝を促し、毛が顔を出すのを待ちましょう。

時間はかかってしまいますが、毛抜きで無理矢理引っ張るよりダメージがないことは歴然です。埋没毛になるくらいダメージを受けているお肌を少しの期間労ってあげるのもいいかもしれませんね。

埋没毛になったら皮膚科に相談

実は、埋没毛ってお肌の見た目に悪影響を及ぼすだけではないことを知っていましたか?埋没毛をそのまま放置していたら、皮膚の中で炎症を起こし、膿が溜まることも少なくないんです。

なかには、行き場をなくしたムダ毛達が、皮膚の中でこんがらがり、しこりになることもあるんですよ。

「ただ毛が埋まっているだけでしょ!とりあえずそのまま放っておくわ!」なんて安易な考えは厳禁。

一定期間そのまま過ごしていても変化が見られない場合は、皮膚科に相談して適切な処置を受けることも考えましょう。

角質を柔らかくして放置する

埋没毛の処置でもっともおすすめなのが、「ボディスクラブ」や「ピーリング剤」を使用する方法です。ボディスクラブやピーリング剤を使用して古い角質を落としながら、埋没毛が自然と表に出るのを待ちましょう。

埋没毛ケアをしつつ、角質ケアも同時にできる一石二鳥な処置方法ですよね。

ただし「ケアのしすぎ」には注意が必要です。ボディスクラブは粒子が細かいので、強くこすり過ぎると肌に刺激を与えてしまいます。赤くなるなどダメージになることもあるんですよ。

ピーリング剤も同様です。角質ケアも毎日するのはおすすめしません。「1週間に1度から2度」というように、時間を置くようにしましょう。

黒いポツポツが気になると「早く埋没毛をなんとかしたい!」という気持ちになるかもしれません。しかし、ケアのしすぎでお肌のトラブルのダブルパンチは避けたいものです。

埋没毛を作らない脱毛方法は?

埋没毛になってしまう主な原因は「ムダ毛の誤った自己処理」だと解説しました。ムダ毛の処理が原因といわれても、ムダ毛処理をしない訳にもいきません。

では、埋没毛を作らずに脱毛するにはどうすればいいのでしょうか?最後に、埋没毛を作らずにキレイなお肌を手に入れられる方法を紹介しましょう。

脱毛サロンやクリニックでお手入れしよう

カミソリや毛抜きの処理はいくら気をつけてケアしていても、肌を削ったり毛穴に刺激を与えたりとダメージがあります。

埋没毛は、一度できると処置するまでに時間がかかる厄介な存在です。埋没毛を作らないために「埋没毛ができない脱毛方法」を選びたいものです。

埋没毛を避けるには、脱毛のプロである脱毛サロンでのお手入れが一番!丁寧にカウンセリングを行い、1人ひとりのお肌に合わせた施術が可能なため、毛穴をふさぐことがないから、埋没毛も生まれません。

脱毛といっても「レーザー脱毛」や「光脱毛」など、種類があります。それぞれがどんな特徴をもっているのか?次の見出しで紹介していきましょう。

レーザー脱毛とは?

医師や看護師など国家資格を得ている人のみが実施可能な施術方法です。レーザー脱毛とは、毛乳頭にレーザーでダメージを与え、発毛させる働きを止めます。

1回に与えられるダメージが、光脱毛に比べて大きく、満足できる脱毛効果が得られるのは1年前後と短いのが特徴です。ただしダメージが大きい分、痛みが強いのがデメリット。脱毛サロンで行う光脱毛よりも費用は高くなってしまいます。

レーザー脱毛は、費用の高さや痛みがあっても、しっかりとした脱毛効果を求める方におすすめです。

光脱毛とは?

光脱毛は、黒い色(メラニン色素)に反応する光を照射し、ムダ毛にダメージを与える仕組みとなっています。

レーザー脱毛に比べてパワーは弱いですが、1回の来店で顔から足の先まで短時間で施術できる点は、忙しい女性にとって嬉しいポイントでしょう。

また、痛みも少なく料金も安価なため気軽に施術を受けることができますよ。

キレイモの光脱毛は、最新の脱毛機器を使用しています。施術中の痛みが心配…といわれる方も多いですが、この脱毛機器は、照射面を冷却しながら施術することができる優れもの。お肌を冷やしながら照射することで、痛みもほとんど感じることはないでしょう。

#

埋没毛予防はサロン脱毛が効果的!

「埋没毛」って一体何なのか?埋没毛ができる原因や予防方法を解説しました。

埋没毛は見た目に影響があるだけでなく、炎症を起こして膿が溜まる場合もあることがわかりましたね。

埋没毛はケアしながらお手入れしていても、お肌のちょっとしたダメージで起こり得るものです。埋没毛は作りたくないという女性は、サロンでの脱毛がおすすめです。

キレイモの光脱毛なら、丁寧なカウンセリングでお肌にあった施術が受けられます。使用しているのは、可視光線という体に害のない光がでる脱毛機器。施術によって肌が焼けてしまうなどのトラブルの心配もありません。

施術後にはスリムアップの効果が期待できるキレイモ特製の保湿・整肌ジェルローションを使用してお肌のケアもしてくれるんですよ。お肌の引き締め効果が期待できるのは、キレイを目指す女性にとっては嬉しすぎますよね。

「セルフケアしたら埋没毛ができちゃう」「このポツポツどうしたらいいの?」とお悩みの女性は、ぜひ一度、キレイモに相談してみてください。

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >