毛嚢炎とは?できる原因や処置方法を解説

contents

今現在、ニキビなどの肌荒れに悩まされている方は多いはずです。

女性を悩ませる肌荒れの一種に「毛嚢炎(もうのうえん)」という炎症があります。

「毛嚢炎って何?」
「何が原因で、どうやって治すべき?」
「脱毛と毛嚢炎の関係性は?」

今回は「毛嚢炎」の原因やニキビとの違い、早く治すための方法、予防方法などについて詳しく解説します。

万が一、「医療脱毛」や「美容脱毛」で毛嚢炎になった際、安心して脱毛を任せられるクリニックや脱毛サロンもまとめました。

これから脱毛をはじめる方や、のりかえる脱毛をお探しの方は参考にしましょう。

記事の後半に「毛嚢炎に関するよくある質問と回答」をまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

>>おすすめの医療脱毛が知りたい方はこちらをチェック!
※本ページにはプロモーションが含まれています。

毛嚢炎とは?


毛嚢炎は「毛包炎(もうほうえん)」とも呼ばれる、肌の炎症の一種です。

あまりなじみのない方も多いと思うので、毛嚢炎について解説します。
毛嚢炎の具体的な症状や、ニキビとの違いについて知り、肌荒れに適切に対処しましょう。

毛嚢炎の症状は?

毛嚢炎の症状は、見た目と感覚に表れます

見た目における毛嚢炎の症状は「皮膚に赤い発疹が現れる」「白や黄色の膿がたまり皮膚が盛り上がる」などです。
毛嚢炎はかゆみを感じない場合が多く、感覚的には「押したときに痛む」「熱をもつ」などの症状が現れます。

症状が軽い場合は赤い発疹が現れる症状にとどまり、かゆみや痛み、熱は伴いません。
熱をもって痛む場合は、「せつ」と呼ばれる「できもの」ができた状態である場合が多いです。

毛嚢炎とニキビの違いは?

ニキビと毛嚢炎は混同されがちですが、厳密にいうと異なります。

ニキビは皮脂による「毛穴詰まり」が一因となる肌の炎症ですが、毛嚢炎は「肌のバリア機能の低下」が一因となる肌の炎症です。

症状としてはニキビは「芯がありかゆみをともなうことがある」炎症で、毛嚢炎は「芯がなくかゆみを伴わない」という特徴があります。

「ニキビではない発疹」は、毛嚢炎かもしれません。

正確にニキビか毛嚢炎か判断したい場合は、皮膚科を受診しましょう。

毛嚢炎ができやすい場所

毛嚢炎ができやすいのは「皮膚が薄く刺激を受けやすい部位」です。

また、高温多湿な環境は菌が繁殖しやすいため、同様に毛嚢炎ができるリスクが高まります。
女性の場合、おでこやうなじ、胸、おしり、陰部(デリケートゾーン)、太もも、ふくらはぎなどに毛嚢炎ができるリスクが高いです。

男性はシェービングによる刺激により、鼻下や頬に毛嚢炎ができやすくなります。

該当する部位の「ニキビではない、かゆみのない発疹」は、毛嚢炎かもしれません。

毛嚢炎ができる原因


毛嚢炎ができる原因は、何なのでしょうか。

また、どのような行動が毛嚢炎につながるのか気になっている方も多いでしょう。

ここでは、毛嚢炎の原因になりやすい行動についてご紹介します。

自己処理

自己処理によって、毛嚢炎ができることがあります。

毛嚢炎のおもな原因菌は「黄色ブドウ球菌」や「表皮ブドウ球菌」です。これらの菌が傷口などから入り、毛嚢炎へとかわります。
ムダ毛処理などの際に肌が傷ついてしまうことが多いです。
肌が刺激に弱い方やカミソリ負けしやすい方は注意しましょう。
自己処理後に弱くなった箇所や傷になった箇所から細菌が入り、毛嚢炎へのリスクが高まります。

ヒゲなどの自己処理の回数が多い部位も、肌へのダメージが蓄積するため、注意が必要です。

脱毛

医療脱毛は高出力で行われるため、皮膚へのダメージが大きく、毛嚢炎ができやすいといえます。

脱毛したい毛だけではなく、皮膚自体にも刺激が伝わるためです。
脱毛の間隔をあけるのも、毛周期との兼ね合いもありますが、肌のダメージを回復させるためでもあります。
施術後の肌は、弱っている状態です。そういう時が毛嚢炎になるリスクが高いといえます。

生活習慣の乱れ

外的な要因ばかりでなく、内的な要因も考えられます。

偏った食生活や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣の乱れです。
これらによって毛嚢炎にかかる可能性が高くなります。

生活習慣が乱れると肌を守る力がうまく機能しなくなったり、皮膚を再生する力が弱くなったりします。
肌が再生するサイクルも乱れ、保護する力も弱いために毛嚢炎ができるという流れです。

不衛生

お風呂に入っていないや、洗顔を行っていないなど体が不衛生な状態が続くと毛嚢炎になる可能性も高くなります。
毛穴から細菌が入りやすくなるためです。

また、衛生状態が良くないお風呂やプールに入ることで、傷口などから菌が入り込み、毛嚢炎になる可能性もあります。
使用するカミソリや毛抜きが不衛生な状態でも毛嚢炎のリスクはあるため、注意が必要です。

毛嚢炎を早く治す方法!

h2
毛嚢炎を早く治すには、どのような対策が有効なのでしょうか。

肌に気になる毛嚢炎ができてしまった場合、早く治すためにすべき行動を2つまとめました。

肌荒れの悩みを解消する参考にしましょう。

毛嚢炎を触らないようにする

毛嚢炎は1〜2週間ほどで自然治癒する場合が多いです。

毛嚢炎は、潰さずそっとしておきしましょう。
毛嚢炎を潰してしまうと、「跡になる」「患部が膿む」などの原因になるリスクがあります。

市販薬の軟膏などを塗って毛嚢炎がなかなか治らない場合は、薬の使用を一度やめてみましょう。
薬を塗る際の摩擦も肌への刺激になるため、かえって治癒を阻害している場合があります。

患部には極力触れず、薬を塗る場合は肌への刺激を避けて優しく塗りましょう。

肌を清潔にする

早く治したい方は、患部にはなるべく触らず、清潔な肌を心がけてください。

肌のケアを怠っていると、治りが遅くなる可能性も高いです。
そのため、清潔な状態を意識するだけでも症状は和らぐことはあります。

例えば、汗をかいたらシャワーを浴びるや着替えるという行動も肌を清潔に保つための対策です。
また、デリケートゾーンなどのムレやすい箇所は通気性のよい下着や服装にかえることで対応ができます。

市販薬を試してみる

放置しておいても自然治癒する毛嚢炎ですが、早く治したい時や悪化してきたと感じる時は市販薬を使ってみましょう。

市販薬には、ステロイドや抗生物質が使われているのが特徴です。
「ベタメタゾン吉草酸エステル」「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」がステロイドで、赤みやかゆみのもととなっている炎症を抑えます。
抗生物質は「テトラサイクリン」「オキシテトラサイクリン」などで、細菌による症状に効果的です。
副作用もでてくる可能性があるため、1週間以上の使用はさけるようにしましょう。

5,6日使用しても症状が改善しない時は、皮膚科などの病院で診察を受けることをおすすめします。

参考:EPARK
参考:AGA対策アプリ HIX

皮膚科を受診する

毛嚢炎を早く治すには、皮膚科の受診が最もおすすめです。

プロに見てもらい、原因に対する正しい処置が行えます。
皮膚科に通うと治りが早くなるため、結果的に市販薬を買うよりも支出をおさえられる場合も。

そもそも肌が荒れている原因が毛嚢炎ではなかった場合、どんなに市販薬を塗っても効果は現れません。
症状がひどい場合や、長い間治らない場合も同様に皮膚科を受診しましょう。

毛嚢炎を予防する方法

h2
毛嚢炎を予防するには、どのような方法があるのでしょうか。
毛嚢炎への具体的な対策を、2つの視点から解説します。
何度も毛嚢炎による肌荒れを繰り返して悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

保湿や紫外線対策をする

毛嚢炎もニキビなどの他の肌荒れ同様、毎日のお肌のケアが大切です。

肌へのダメージを減らすと肌のバリアが強く保たれ、毛嚢炎のリスクが減ります。
お風呂上がりや肌が乾燥しやすい時期は、肌の保湿を徹底しましょう。

化粧水やクリーム、美容液や保湿ローションを使用して、肌の乾燥を防ぐことが毛嚢炎の防止につながります。

日焼け対策もしっかりしましょう。
日焼け止めや帽子の着用、日傘などを使用した日焼け対策が毛嚢炎を予防する上でも大切です。

肌を清潔に保つ

毛嚢炎を防止するために、肌を清潔に保つことが大切です。

お風呂ではダメージを与えないように注意しつつ、しっかり肌を洗浄しましょう。
デリケートゾーンの毛嚢炎が気になる場合は、デリケートゾーン専用の石けんやソープがおすすめです。

湿度が高いと菌が繁殖しやすいため、肌のムレを解消すると毛嚢炎の予防につながります。
通気性の良い衣類の着用や、肌へのダメージに考慮しながらの脱毛、シェービングでムレにくい環境を整えましょう。

自己処理の方法に注意する

できるかぎり肌を傷つけないように自己処理への注意が必要です。

毛抜きやカミソリといった自己処理では、肌の防御機能が低下しやすく、毛穴に菌が入りやすい状態となります。
そのため、肌への刺激が抑えられる「電気シェーバー」での処理がおすすめです。

肌に強く当てすぎず、毛の方向にそって処理するとスムーズに剃れます。シェービング後には、しっかりと保湿ケアを行うのも大事な対策です。

服や寝具を清潔にする

忘れがちですが、服や寝具など皮膚にふれるものの清潔さにも気をつけましょう。
1日の3分の1は寝具に触れています。服も同様で長い時間触れているものです。

対策として、汗をかいたらなるべく早く着替える、定期的に寝具を洗濯して取り替えるなどが挙げられます。
毛嚢炎の予防は、日常生活で清潔さを意識することが大切です。

脱毛と毛嚢炎の関係性

h2
「脱毛が原因で毛嚢炎になる」と聞いて、この記事を読んでいる方も多いことでしょう。

脱毛が毛嚢炎のリスクを高める危険性があるのは、事実です。
脱毛が毛嚢炎の原因になる理由と対策を知って、脱毛の準備をしましょう。

脱毛後に毛嚢炎ができやすい理由

脱毛が毛嚢炎の原因になる理由は、脱毛が肌や毛根、毛包にダメージを与えるためです。

毛根周辺がダメージを受けると「肌のバリア機能」が一時的に下がるため、脱毛が毛嚢炎の原因になるリスクがあります。
とくに、ムレやすいVIOや、衣服とこすれやすいうなじは脱毛が原因の毛嚢炎ができるリスクが高い部位です。
脱毛後のケアをしっかり行い、毛嚢炎をあらかじめ防ぎましょう。

次の見出しで、具体的なケアの方法について掘り下げます。

脱毛が原因の毛嚢炎を防ぐには

毛嚢炎を予防するには、脱毛後にしっかりと保湿ケアをしましょう。
脱毛サロンや医療脱毛のクリニックによっては、脱毛後に保湿クリームや保湿ローションでケアしてくれます。

脱毛後は肌がダメージを受けて、敏感で肌荒れしやすい状態です。
自分で保湿する場合は、なるべく肌に刺激をあたえないように、こすらず優しくケアしましょう。

脱毛後の日焼けは、毛嚢炎だけでなくシミや色素沈着も引き起こします。
脱毛後は日焼けを避け、毛嚢炎を防ぎましょう。

脱毛が原因の毛嚢炎治療が無料の医療脱毛クリニック5選!

h2
医療脱毛のクリニックを探す中で「毛嚢炎」のリスクを知って不安になった方もいるでしょう。

自院での脱毛が原因となる肌トラブルの診療と治療を無料で行う医療脱毛のクリニックだけを、5院まとめました。

レジーナクリニック


レジーナクリニックは、下記のような方におすすめです。

「相談しながら医療脱毛を進めたい」
「女性に相談したい脱毛の悩みがある」
「予約のキャンセル費用が心配」
「光アレルギーのテストがしたい」
「脱毛体験してから契約したい」
「医療脱毛による肌トラブルが不安」
「剃り残しや照射漏れが心配だ」
「麻酔を使いたい」
「引越や転勤の予定がある」

レジーナクリニックでは下記が全て無料なので、上記のような悩みや要望も解決する可能性があります。

  • 初診料・再診料(医師)
  • カウンセリング料(女性カウンセラー)
  • 予約キャンセル料(無断キャンセル不可)
  • テスト照射
  • 肌トラブル時の診療・処方
  • 剃毛料(剃り残し対応)
  • 麻酔
  • 転院手数料

テスト照射を行うには、予約でテスト照射への申し込みが必要です。

カウンセリングは初回から何度でも無料なので、クリニックで気軽に医療脱毛の悩みを相談してみましょう。カウンセリングのテスト照射で、医療脱毛のイメージも広がります。

主なコース価格(税込)
全身+顔+VIO脱毛【5回コース】360,000円
全身脱毛【5回コース】205,000円
VIO脱毛【5回コース】90,000円
ワキ脱毛【5回コース】34,900円
顔脱毛【5回コース】105,000円

フレイアクリニック


フレイアクリニックは、刺激に敏感な方におすすめのクリニックです。
蓄熱式の脱毛機で行っているため、熱破壊式に比べ弱い刺激で施術が受けられます。
大きく広い範囲にレーザーを照射できる機械のため、全身脱毛が最短60分で終るのは嬉しい点です。

脱毛を行うと施術時の体調やケアによって、肌トラブルがおこることも考えられます。
毛嚢炎や肌が赤くなったり、ひりついたりが考えられる症状です。
そういったリスクにもフレイアクリニックは配慮しており、肌トラブルによる診察や治療、薬処方などの追加料金がかかりません。

また、使用する器具の消毒やシェービング時の衛生管理の徹底、照射後のアフターケアも充実しているクリニックです。

コース【5回】価格(税込)
全身脱毛173,800円
全身+顔 or VIO245,520円
全身+顔+VIO316,030円
顔 or VIO脱毛セット99,000円
手脚脱毛セット159,500円

エミナルクリニック


エミナルクリニックは、低価格な全身、またはVIOの医療脱毛をお探しの方におすすめです。

「全身脱毛」5回が68,000円〜契約可能で、「全身+顔+VIO」5回の脱毛は129,000円契約できます。
医療脱毛の施術は5回あたり、「全身脱毛」で約20万円、「全身+顔+VIO」で30万円以上かかるクリニックも珍しくないため、エミナルクリニックの医療脱毛は比較的、低価格です。

エミナルクリニックで全身脱毛を受ける場合は、VIOの医療脱毛も一緒に検討しましょう。
全身脱毛にVIOを含む場合と含まない場合では、料金が変わりません。
エミナルクリニックのVIO脱毛は「全身脱毛とセット」で実質無料なので、全身とVIOを一緒に脱毛するとお得です。

エミナルクリニックでは、医療ローンを併用して月々 1,000円〜全身脱毛を契約できます。
エリアごとに料金が異なるため、医療脱毛をご検討の場合はお住まいの地域の料金を確認しましょう。

主なコース価格(税込)
全身+顔+VIO脱毛【5回コース】129,000円
全身+顔脱毛【5回コース】129,000円
全身+VIO脱毛【5回コース】68,000円
全身脱毛【5回コース】68,000円

トイトイトイクリニック

トイトイトイクリニック
トイトイトイクリニックは、永久脱毛を目指している人に向いています。
ダイオードレーザーを搭載しているライトシェアデュエットで施術しているため、脱毛の効果を感じやすいのが特徴です。

ダイオードレーザーは、肌の表面部から毛根部まで熱が届きやすいレーザーで、日焼けや暗めの肌の方にも照射ができます。
ライトシェアデュエットは、刺激に対して配慮されている機械です。

大小異なるハンドピースを部位ごとに使い分けることで、少ない刺激の施術を可能としています。
皮膚を吸引しながら照射できるのが、大きいハンドピースです。冷やさずとも少ない刺激で施術が行えます。
一方、小さいハンドピースは、冷却機能で肌を冷やしながら行うため、刺激や不快感を抑えた施術が可能です。

また、皮膚科医師が常在しているため、万一の肌トラブルの際にも心配ごとがへります。
診察や治療、薬の処方などが無料で受けられるのは、嬉しいポイントです。

コース【5回】価格(税込)
全身79,200円
全身+VIO135,850円
全身+VIO+顔192,500円
VIO43,780円
顔脱毛セット85,470円

TCB東京中央美容外科

TCB
TCB東京中央美容外科は、お得なキャンペーンが豊富なクリニックです。

公式LINEを友達追加すると、さまざまなメリットがあります。

  • LINEからの予約受付
  • お得なクーポンの配布
  • 会員価格で医療脱毛できる

TCB東京中央美容外科では、公式LINEで予約や相談を受け付けています。
予定の合間にもサクッと予約できるので、忙しい方も楽ちんです。

公式LINEでは、お得な割引情報やクーポンを配布しています。
キャンペーンは随時配信されるので、気になる方は要チェックです。

TCB東京中央美容外科は、公式LINEを追加するだけで会員の登録になります。
脱毛の場合は最大20%OFF、その他の美容診療は最大30%OFFの割引を適用可能です。
年会費無料でお得にきれいになれるので、公式LINEをチェックしましょう。

公式LINEでの割引の他に、学割やシニア割、交通費補助制度もあるので、気になる方は無料のカウンセリングを要確認です。

主なコース価格(税込)
全身+顔+VIO脱毛【5回コース】389,000円
全身脱毛【5回コース】198,000円
VIO脱毛【5回コース】48,000円
ワキ脱毛【5回コース】14,000円
顔脱毛【5回コース】102,000円

病院連携のある毛嚢炎に対処しやすい美容脱毛サロン4選!

h2
美容脱毛(サロン脱毛)を探す中で「毛嚢炎」のリスクを知って不安になった方もいるでしょう。

自社での脱毛が原因となる肌トラブルの際、診療と治療が行えるように連携医院があるおすすめの脱毛サロンを4社まとめました。

TBC


TBCは、白髪が多い方におすすめします。

美容脱毛や医療脱毛は、毛の「黒い部分」に反応して脱毛効果を発揮するため、白髪など色素が薄い毛にはなかなか効果が現れません。

TBCでは、「TBCスーパー脱毛」というニードル脱毛の施術を行っています。
ニードル脱毛は毛を1本ずつ電気により脱毛するため、白髪にも効果てき面です。

通常の美容脱毛「TBCライト脱毛」も導入しているため、黒髪を美容脱毛で広範囲を脱毛し、白髪を1本ずつ確実になくしていくこともできます。
白髪がある方でも、ニードル脱毛であれば「白髪の脱毛」や「介護脱毛」だってあきらめる必要はありません。
ニードル脱毛には、毛の色や毛質、脱毛を断られる黒い肌の部位(日焼け・黒ずみ・ほくろ)も脱毛可能で、その場で毛がなくなるメリットがあります。

料金が高額になりやすく、施術の刺激が強い、1回あたりの施術に時間がかかるというニードル脱毛のリスクも知っておきましょう。

主なコース価格(税込)
全身プラン【6回】204,600円
TBCライト脱毛-Lパーツ【6回】30,360円
TBCライト脱毛-Sパーツ【6回】16,500円
TBCライト脱毛-VIO・5プラン【6回】64,680円
TBCライト脱毛-フェイス・5プラン【6回】64,680円
TBCスーパー脱毛-プレーンゾーン【1本】155円
TBCスーパー脱毛-デリケートゾーン【1本】169円

ミュゼプラチナム


ミュゼプラチナムでは、刺激も肌への負担も少ない方法で脱毛が行えます。
S.S.C.iPS care方式というミュゼプラチナム特有の脱毛が特徴です。
iPS細胞培養上清液が配合されたオリジナルの原料を使うことで、ハリ・弾力のある肌を目指せます。

永久アフター保証コースがある点もミュゼプラチナムの魅力的な一面です。
脱毛の期間や回数が無制限に行える脱毛コースとなっています。
加齢とともに肌や毛質は少しずつ変わっていくものです。そういった変化に対応していくには嬉しいサポートに感じます。

また、施術から1週間以内に肌トラブルがおきた時には、状態を確認後に医院への受診を提案してくれます。
スタッフに確認して指示に従いましょう。

コース(永久アフター保証コース)価格(税込)
全身179,912円
104,000円
ハイジニーナ7VIO115,572円
全身美容脱毛コースバリュー135,736円
全身美容脱毛コースライト164,176円

ディオーネ


ディオーネでは刺激の少ない、肌の色に左右されない脱毛が可能です。

ディオーネが使っているハイパースキン脱毛は、体感温度が38℃と人の体温に近いレベルで施術が行われます。
そのため、刺激を感じづらく肌への負担も軽いのが特徴です。敏感肌の方や3歳の子供でも通えます。

コースや細かい部位から施術の仕方を選べるのも嬉しい点です。
コースは、顔とVIO、全身に分かれています。部位は、細分化された中で施術したい箇所だけを選ぶことが可能です。
1回2,200円と安価にうけることができます。

また、ディオーネでは「ドクターサポート」に加入しているのも特徴です。
そのため、肌トラブルがおきた時には専門の医師が対応してくれます。

コース【12回】価格(税込)
全身(顔を除く)396,000円
選べる全身脱毛217,800円
79,200円
VIO:ハイジニーナ132,000円
両ワキ26,400円

キレイモ

キレイモ
キレイモは、「全身脱毛+顔+VIO」専用の脱毛サロンです。
コース回数や支払い方法が豊富なので、ニーズに合わせて自分に合った形のコースを選択しましょう。

まとめてお得に全身脱毛をしたい方には、無制限コースか18回コースをおすすめします。
コースの施術回数は、「18回」「15回」「10回」の3通りです。

美容脱毛の効果には個人差があるものの、10回程度で毛の処理が楽になり、18回程度で肌がツルツルになります。
平均的な回数を目安に、通う回数を決めましょう。

19歳以下の学生には、月額制の「U19応援プラン」がおすすめです。
「月々8,690円〜」の月額制でローンを組む必要がないため、将来への負担なく全身を脱毛できます。

脱毛を試してみたい方には、4回分の美容脱毛を体験できる「お試しプラン」も。
なんとなく怖くて脱毛に踏み切れなかった方には、お試しプランがおすすめです。

自分に合うプランを選んで、快適に美容脱毛をはじめましょう。

主なコース価格(税込)
全身+顔+VIO脱毛【無制限コース】390,000円
全身+顔+VIO脱毛【18回コース】370,000円
全身+顔+VIO脱毛【15回コース】322,000円
全身+顔+VIO脱毛【10回コース】232,000円
全身+顔+VIO脱毛【U19応援】月々8,690円~(月額制プラン)
全身+顔+VIO脱毛【お試し】88,400円

毛嚢炎のよくあるQ&A

h2
毛嚢炎についてのよくある質問3つについて、「Q&A」形式でまとめました。
Q&Aの内容が、少しでも毛嚢炎の悩みや疑問を解消するキッカケになれば幸いです。
悩みを解消して、綺麗な肌で過ごしましょう。

毛嚢炎にオロナインは効果的なの?

毛嚢炎にオロナインは効果的です。
オロナイン軟膏には殺菌成分が含まれており、毛嚢炎の原因となる細菌を除菌してくれます。
オロナイン軟膏を使用する場合は、幹部をこすらないようにしましょう。

毛嚢炎の患部をこすりすぎると、刺激が症状を悪化させるリスクがあります。
やさしく触れるように、ゆっくりオロナイン軟膏を塗りましょう。

オロナイン軟膏を塗っても効果が現れない場合、塗る刺激が症状を悪化させている可能性があります。

陰部の毛嚢炎治療は何科を受診すべき?

陰部(デリケートゾーン)が毛嚢炎になっている女性は、産婦人科や皮膚科に相談しましょう。
産婦人科と皮膚科、どちらでも毛嚢炎の診療はできますが、産婦人科での診療をおすすめします。
産婦人科では日ごろから陰部の診療を行っているため、皮膚科よりも恥ずかしさなどに配慮してくれる可能性が高いためです。

かかりつけの産婦人科や皮膚科があれば、相談してもいいでしょう。
カルテを元に、肌質や体質に合う薬を処方してくれます。

毛嚢炎って人にうつる(感染する)の?

毛嚢炎は、人にはうつりません。
多くの場合、毛嚢炎の原因菌は健康な状態でも肌や鼻の中など、身近に存在しています。
「肌のバリア機能」の低下や、表皮が傷ついた際に細菌が増殖し、毛嚢炎を引き起こすのです。

つまり、毛嚢炎の原因菌が人に付着しても「肌のバリア機能」が正常に作用していれば毛嚢炎にはなりません。
毛嚢炎の患部や中の膿が周囲に触れた場合も、触れた相手にうつすリスクはないため安心しましょう。

毛嚢炎を放置するとどうなりますか?

毛嚢炎は、肌を清潔に保っていれば、1~2週間程度で和らぎます。しかし、何もケアをせずに放置していると悪化することもあるため、注意が必要です。

悪化すると毛嚢炎の範囲が広がったり、部位が腫れたり、熱をもって痛みを感じることもあります。
また、色素沈着や痕が残ったりするため、悪化しないようにケアや予防をしっかり行いましょう。

悪化してしまった場合は、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

陰部の毛嚢炎が悪化するとどうなりますか?

悪化すると「せつ」や「よう」と呼ばれる状態になります。

「せつ」は、一般にいう「おでき」です。赤く硬くなり、少し刺激を感じたり、熱をもつこともあります。
この状態からさらに悪化したのが「よう」です。「よう」は、範囲が広くなり、より強い刺激を感じるようになります。

女性の場合は、婦人科や産婦人科の受診がおすすめです。
男性の場合は、皮膚科や泌尿器科を受診するようにしましょう。

毛嚢炎がなかなか治らないのはなぜ?

原因としては、間違ったスキンケアをしている、生活習慣やホルモンバランスが乱れているなどが考えられます。

スキンケアなどは比較的早く効果はでやすいですが、生活習慣などは少し時間がかかかるものです。
そのため、病院で治療しながら長いスパンで考えると予防にもつながると思います。

毛嚢炎とニキビとの見分け方は?

毛嚢炎もニキビも似ているため、見た目で判断するのはとても困難です。
毛嚢炎とニキビの大きな違いは2点あり、原因菌や発症のメカニズムが異なります。

ニキビは「アクネ菌」が原因でおこる皮膚の病気の通称です。
皮脂が過剰に分泌されるなどの原因で毛穴が詰まり、皮脂がエサであるアクネ菌が毛穴内で繁殖して、皮膚表面が膨らみます。
すぐに適切な処置をすれば治るものから、痕が残るものまで状態はさまざまです。

一方、毛嚢炎は「黄色ブドウ球菌」や「表皮ブドウ球菌」が原因でおこる皮膚の炎症です。
自己処理や脱毛などで肌がダメージをうけた箇所に菌が入っておきるなどのメカニズムがニキビと違う点になります。

毛嚢炎の予防と治療でキレイな肌へ

h2
毛嚢炎は肌を清潔に保ち、保湿などの基本的なケアを怠らないことで簡単に予防できます。

また、1〜2週間で自然治癒する場合が多い炎症です。
毛嚢炎の予防と治療をして、きれいな肌を保ちましょう。