キレイモ脱毛コラム

カミソリ負けが起こる原因を解説!剃り負けを防ぐ方法は

contents

カミソリ負けが起こる原因は?

カミソリ負けとは、カミソリで毛を剃った後、血が出る、痒くなる、ヒリヒリと痛みが出るなどの症状のことを指します。

カミソリで毛を剃るとき、刃を直接肌に当ててシェービングを行いますが、この行為は同時に皮膚の角質も落としてしまいます。角質が落ちた肌は敏感になり、スキンケアをしっかり行わないとカミソリ負けをする場合があります。

カミソリ負けは、肌が弱い人だけでなく誰にでも起こる可能性があるため、肌質にかかわらず注意する必要があります。

#

カミソリ負けで起こる症状は?

カミソリ負けするとどういった症状が起こるのか、症状別に詳しくご紹介します。

・肌がヒリヒリする

お肌に何も症状が出ていなくても、ヒリヒリと感じる場合はカミソリ負けかもしれません。カミソリを使った自己処理は刃を直接肌に当てて毛を剃り落とすため、皮膚バリアが損傷しやすく、赤みやヒリヒリとした痛みの原因になりやすいです。

・肌にブツブツができてかゆい

肌がかゆい、化粧水をつけるとしみるといった症状がある場合、皮膚のバリア機能が低下しているサインです。アレルギーや湿疹のような症状が出ていないか確認しましょう。こういった症状を引き起こす原因はさまざまありますが、カミソリの刃に使われる金属や洗顔石鹸などによって、皮膚炎や湿疹が出る可能性があります。

・ニキビなどの吹き出物ができる

シェービングによって皮膚バリアが損傷すると、毛穴に細菌が入り、吹き出物やニキビができることがあります。ブツブツとした見た目や肌触りになってしまい、シェービングを続けると、より症状が悪化します。

カミソリ負けしたらどうすればいい?

どんなにうまくシェービングをしても、少なからずお肌はダメージを受けた状態になるものです。シェービングをした後やカミソリ負けになったら、しっかりとお肌のケアを行うことが重要になります。

肌に潤いを与え保湿する

カミソリ負けをしてしまったら、保湿が必要です。特にシェービング後はお肌の角質が落ち乾燥しやすい状態になっています。乾燥肌は肌トラブルを引き起こす大きな原因。ケアをせずにそのままにすると、ニキビや吹き出物ができやすくなるため、化粧水などでしっかりと保湿をしてあげましょう。

かゆみや痛みが続いたら皮膚科に

保湿をしても痛みや痒みがある場合は皮膚科へ行って相談するようにしましょう。症状によっては、塗り薬や内服薬が必要になる場合があります。症状があるにもかかわらず、引き続きシェービングを行ってしまうと、出血や傷ができてしまい、色素沈着や傷跡が残ることがあります。

カミソリ負けを防ぐ方法は?

事前に対策することでカミソリ負けは防げます。ここでは、カミソリ負けにならない方法を3つご紹介します。

① 肌を清潔にする

お肌を清潔に保つことで細菌が毛穴に入り込むリスクが減り、カミソリ負けが起こりにくくなります。そこでおすすめなのが低刺激性の洗顔石鹸。刺激が少ないため、肌の潤いを落としすぎず肌荒れしにくい状態へと導いてくれます。

② シェービング剤やクリームを使う

シェービングクリームを使うとカミソリの滑りがスムーズになり、カミソリ負けしにくくなります。また、肌とカミソリの間のクッションの役割にもなり、刺激からお肌を守ります。保湿成分が入っているシェービング剤だと、仕上がりがしっとりとしたお肌になるメリットもあります。

③ 力を入れずになでるように剃る

なかなかムダ毛が剃れないからといって、力を入れて剃る方法はおすすめできません。出血や傷ができるリスクが高くなります。カミソリはお肌の上に軽く当てるようにし、優しくお肌の上を滑らせるようにしましょう。

剃り負けを防ぐカミソリの使い方

剃り負けを防ぐには、最初に毛の流れに沿って行う「順剃り」で剃り、剃り残しがある場合は毛の流れに逆らう「逆剃り」で剃るのがコツ。

顔の毛を剃る場合は、カミソリを動かす向きと反対に皮膚を引っ張る「張り手」をすると、毛が立ち上がり、スムーズに剃ることができます。

カミソリ負けが気になる人の脱毛方法は?

カミソリで自己処理を行う場合、ほとんどの人が毎日もしくは数日に一度のペースで処理するため、お肌に負担がかかりやすくなります。そのため、カミソリ負けが気になる人は自己処理ではなく、サロンでの脱毛を検討したほうが肌への負担が格段に減ります。

サロン脱毛のメリット・デメリット

ムダ毛を脱毛サロンで処理する最大のメリットは、脱毛からその後のケアまでお店側が行ってくれるという点です。また、自分で処理するのとは違い、ムダ毛処理の手間が省け、美しいツルツルのお肌を長期間キープできます。

脱毛サロンのデメリットは、自己処理よりも費用がかかる点と、キレイな肌になるまでに期間が必要となる点でしょうか。

・キレイモは光脱毛で施術

脱毛といっても、さまざまな方法があります。「ニードル脱毛」や「レーザー脱毛」は高い脱毛効果が期待できますが、費用が高く痛みも強いため、肌トラブルが起こるリスクが高くなります。

キレイモで採用している脱毛方法はお肌に優しい「光脱毛」です。照射する光が強すぎないため痛みはほぼありません。また、契約を結ぶ前に無料カウンセリングもございますので、その際に疑問や不安点を解消し、安心して施術を受けることができます。

また、ほかの脱毛サロンとは違い、脱毛前に冷たいジェルは使用しません。キレイモで使用する脱毛マシーンは、光の照射面をマイナス4℃まで冷やしながら施術できるため、脱毛時の刺激が少なく、肌に優しい脱毛法です。

#

肌に負担がかかるカミソリ負けには要注意

カミソリ負けを起こさないためには、さまざまな対策が必要だとわかりました。カミソリなどを使ったムダ毛の自己処理は、自宅で手軽にできる魅力がありますが、ムダ毛が気になる限り自己処理をずっと続ける必要があります。

手間に加え肌に負担がかかるデメリットを考えると、脱毛サロンでの施術を選択して自己処理から解放されるほうがいいかもしれません。

肌への負担と痛みが少ない光脱毛の施術をご希望の人はキレイモへご相談ください。

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >