妊娠中の脱毛はNG?脱毛期間中に妊娠がわかったらどうする?

contents

妊娠中に脱毛サロンに通うのは控えよう

キレイモでは安全第一のため、妊娠中の脱毛施術は行っていません。

産後に初めての生理を迎え、授乳が終わるまでは施術を控えるようお願いしています。

妊娠中に脱毛を避けるべき理由

妊娠中はお肌が敏感になっていることから、脱毛の施術を受けることで肌にダメージを与える可能性があります。

また、妊娠中はホルモンバランスの変化により、脱毛の効果を実感しにくいことも避けるべき理由の一つになっています。

肌トラブル原因に

妊娠中はストレスやホルモンバランスの乱れにより、肌が荒れたりや乾燥したりしやすいです。

個人差はありますが、妊娠中は普段から使用している化粧品でさえお肌に合わないと感じることもあります。

お肌の調子がコロコロと変化する状態のなか、脱毛を受けるとお肌に負担を与えることになり色素沈着や炎症、湿疹の原因となりえます。

また、妊娠中はシミ・そばかすができやすいため、黒いものに反応する光脱毛やレーザー脱毛を受けると、火傷のもとになりかねません。

肌状態の悪化を防ぐためにも、妊娠中の脱毛は控えたほうがいいでしょう。

痛みを感じやすい

妊娠中のお肌は肌荒れや乾燥を起こしやすく、シミやそばかすができるなどの肌トラブルが起きやすい状態です。

乾燥したお肌は外部から守る機能が低下しているため、通常時の脱毛より痛みを強く感じやすくなります。

妊娠中における脱毛の強い痛みや緊張で、子宮が収縮してしまい「お腹が張る」という状態になると、胎児に直接の影響はありませんが控えたほうが良いでしょう。

また、妊娠中だと施術時の体勢が負担になるため、気分が悪くなったり、むくんだりするなどの症状を伴いやすくなります。

体調変化が起きやすい

妊娠中は急激にホルモンバランスが変化するため、体温が変化したり、眠くなったりします。

代表的な症状に、つわりや立ちくらみ、貧血などもあり、妊娠する前までの生活では気にならなかったニオイに過敏に反応するケースが多いです。

脱毛の施術では、使用するローションやジェル、室内のニオイ、行き帰りの公共機関のニオイなど、さまざまな状況で体調を悪化させる可能性があります。

体調が悪くなって急に予約をキャンセルすると、キャンセル料が発生する場合もあるため、妊娠中の脱毛は控えたほうが良いでしょう。

毛周期が乱れやすい

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいため、脱毛を施術した箇所から再び毛が生えてきたり、生えていなかった場所から毛が生えたりします。

また、妊娠中に体毛が濃くなったと感じることがありますが、妊娠中に多く分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンが原因なので、神経質になる必要はありません。

妊娠中に脱毛をしても、女性ホルモンの影響によって思うような効果が得られない可能性が高いため、控えたほうが良いでしょう。

脱毛期間中に妊娠がわかった時は?

脱毛は1度施術を受ければ効果がでるというものではなく、何回か継続して施術を受ける必要があります。

もし脱毛期間中に妊娠が分かったら、どうしたらよいのか悩む方がいるでしょう。以下では脱毛期間中に妊娠が分かった際、どう行動するべきかをまとめているので、ぜひご参考にお読みください。

スタッフに相談しよう

脱毛期間中に妊娠していることが分かったら、キレイモのスタッフに相談しましょう。

キレイモでは、施術前のカウンセリングにおいて、妊娠に関する不明点も相談することが可能です。

妊娠期間中や、授乳中、出産後の生理が来るまでは、基本的に施術はできません。

キレイモでは、回数保証期間を無料で2年延長することができるため、妊娠が分かり脱毛できない場合は当制度を利用しましょう。

2年間の延長を希望する場合は、返金保証期間を過ぎてから回数保証期間が満了するまでの間に、キレイモコールセンターに問い合わせてください。

脱毛が胎児に与える影響はない

妊娠しているのに脱毛をしてしまった方は、胎児への影響が心配だと思います。

しかし、脱毛の施術に使用するライトやレーザーが胎児に直接悪影響を与えたり、有害になったりすることはありませんので、ご安心ください。

心配なのは、脱毛を受けた母体が肌トラブルや体調不良で、精神的にダメージを被り、結果として胎児に影響を与えることが考えられます。

脱毛そのものが胎児に影響を与えないとしても、妊娠が分かっているのであれば脱毛は控え、クリニックに相談しましょう。

出産後に脱毛を再開するタイミングは?

妊娠が分かり脱毛を中断したあとに気になるのが、脱毛再開のタイミングではないでしょうか。

脱毛が再開できるタイミングは、脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、一般的に授乳完了後生理が2.3回きて、生理周期が安定したあとが良いです。

脱毛を再開できるタイミングが部位ごとで異なる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

授乳期間中は体調が変化しやすく、薬の影響を受けやすいため脱毛は控えるのが安心です。

妊娠中に控えたい自己処理方法

妊娠中は自宅で行う自己処理にも注意する必要があります。

妊娠中はお肌がとてもデリケートな状態になっています。そのため、自己処理による刺激でもお肌にダメージを与える可能性があります。

カミソリを使った自己処理

カミソリを使用した自己処理はとても手軽な方法ですが、妊娠中に限らず控えたい行為です。

カミソリで剃毛する場合、お肌はダメージを受けています。ダメージを受けたお肌は、カミソリ負けで痛みが生じることやかゆみを感じる、肌荒れなどの症状が起こることも…。

不要な毛がどうしても気になる場合は、カミソリではなく電気シェーバーを使うことで、肌に刺激を与える自己処理を回避できます★

家庭用脱毛器を使った自己処理

家庭用脱毛器は光を照射するタイプや熱を利用して毛を焼き切るサーミコン式、毛を抜くローラー式など様々な種類があります。

家庭用脱毛器は自宅にいながら使用できるなど、メリットもありますが、妊娠中はお肌が敏感な状態のため控えたい行為です。

家庭用脱毛器で施術することで、肌にダメージを受けることや効果が得られないなどのトラブルが起こりやすくなります。

妊娠中は脱毛を控えてデメリットから身を守ろう!

妊娠中の方はお肌が敏感になっていることや、ホルモンバランスの変化によって満足できる効果を実感できないため、キレイモでは脱毛の施術をお断りしています。

脱毛の再開は、産後に初めての生理を迎え、授乳期間が終わり次第可能です。妊娠中の脱毛についてご不明点のある方は、キレイモが行う無料カウンセリングの際にお気軽にご相談ください♪

妊娠中の脱毛に関するよくあるQ&A

妊娠中に脱毛をするのは、誰しも不安だと思います。脱毛している最中に実は妊娠していたなんてこともあるでしょう。

ここからは妊娠中の脱毛にかんするよくあるQ&Aをまとめているので、ぜひご参考にお読みください。

妊娠中に脱毛をした場合赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に脱毛をした場合、赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。

脱毛サロンで使用されるライトやレーザーは、基本的に赤ちゃんに影響は及ばないとされています。

というのも、脱毛のライトやレーザーは、毛根の黒い部分に反応するため、体内にまで害は働かないのです。

脱毛期間中に妊娠していることが分かったとしても、神経質になる必要はありません。

ただ妊娠中にそのまま脱毛を継続するのは、先述した通り肌トラブルや体調不良を引き起こす原因となるため、控えたほうが良いでしょう。

脱毛期間中に妊娠した場合、柔軟に対応してくれるサロンは?

万が一脱毛期間中に妊娠しても、柔軟に対応してくれる脱毛サロンを選びたい方に向けておすすめのサロンを紹介します。

脱毛サロンには妊娠が分かったときや、施術が受けられないときに休会制度というものを設けている脱毛サロンがあります。

休会制度とは、契約した脱毛コースの有効期限に延長保証をつけてくれるものです。

ミュゼプラチナムでは、休会制度を設けており、無期限で延長ができます。

脱毛サロンによっては休会制度を設けていないところや期限付きのところもあるので、気になる方は事前に確認しておきましょう。