キレイモ脱毛コラム

脱毛は痛い?脇やVIO脱毛の痛みを抑えられる方法とは

contents

脱毛は痛い?

脱毛の痛さは施術する部位によって異なります。まずは、痛みを感じやすい部位について紹介していきます。

#

脱毛するときに痛い場所は?

脱毛をする時に刺激を感じやすい部位が「脇」と「VIO」です。この2つのパーツに共通していることが「毛が太くて濃い」ということ。それぞれどの程度の痛みなのか、詳しく解説していきます。

・脇脱毛

脇脱毛で感じる痛みは毛の太さや密度によって異なりますが、ほとんどの人が少なからず痛みを感じる部位です。

また、施術方法によっても痛みは異なりますが、もっとも痛みが少ない脱毛法は「光脱毛」と言われています。施術を行うサロンによっては、お肌をしっかりと冷却するなどの痛み対策を行うため、まったく痛みを感じない人もいます。

医療脱毛は毛根に大きなダメージを与えることで高い脱毛効果を発揮し、少ない回数で脱毛が完了するメリットがあります。ただ、光脱毛より痛みを感じやすい施術法と言われており、医療脱毛で効果を得るためには、痛みを覚悟する必要があります。

・VIO脱毛

脱毛時に痛みを感じる条件は「皮膚が薄い」「色素沈着」「毛が濃く太い」などが挙げられます。その中でもデリケートゾーンは、毛が濃く皮膚が薄い、色素沈着もあり痛みを受けやすい部位です。

脱毛器の光はメラニン色素に反応するので、脱毛効果の高い強力なパワーのある脱毛器だとそれなりに痛みが伴います。

光脱毛も医療脱毛も、どちらも施術前にカウンセリングや医師による診療があるため、脱毛時の痛みに不安がある人はしっかりとコミュニケーションをとるといいでしょう。

脱毛の痛みは施術方法によっても異なる

脱毛の痛みは施術方法によって異なります。ここでは、脱毛の痛みを脱毛方法の種類別にご紹介します。

ニードル脱毛

ニードル脱毛はその名の通り針を使用した脱毛方法です。毛穴一つひとつに針を刺して電流を流し、毛根を破壊する仕組みで、次に新しく生えてくる毛の成長を根本的に止めます。

しかし、痛みの激しい施術法で1回にかかる施術時間も長いため、ほとんどの人が光脱毛や医療脱毛を選択します。特殊な脱毛器を使う施術なので、医師または看護師による医療行為にあたります。

医療脱毛

医療脱毛は医療レーザーとも言われている脱毛方法です。レーザーをムダ毛の生えるお肌に照射し、毛の毛根を破壊。永続的に脱毛効果が得られます。光脱毛と同じく、メラニン色素に反応するため、色素沈着や毛が濃く太い人は刺激を感じやすくなります。

光脱毛

光脱毛はエステサロンで行われている脱毛方法です。医療脱毛とほぼ同じ仕組みですが、光のパワーが弱いため、痛みや脱毛に不安がある人に最適です。医療脱毛と比べると脱毛効果はゆっくりですが、定期的に施術を行うことでムダ毛が少しずつ減っていきます。

脱毛サロンは痛みも少なく安心できる

ムダ毛処理には、カミソリでシェービングしたりブラジリアンワックス脱毛など、自分で行う方法もありますが、キレイに脱毛できなかったり、肌に負担をかける可能性があります。肌にダメージを与えずにお手入れしたい人は、プロの施術が受けられる脱毛サロンに任せましょう。プロに任せる脱毛方法のなかでも光脱毛は痛みも穏やかでおすすめです。

キレイモの光脱毛について

キレイモの光脱毛は、光のパワーが強すぎないため痛みがほぼない点が大きなメリットです。

また、脱毛前に冷たいジェルを塗る行為がなく、体が冷える心配もありません。キレイモでは、照射面がマイナス4℃まで冷却される新型の脱毛マシーンを導入しているため、光を照射するときの痛みが少ないです。脱毛後の肌トラブルも少なく、短時間で施術が完了するのは、キレイモのうれしいポイントです。

#

脱毛の痛みが少ない脱毛方法を選択しよう!

脱毛といってもニードル脱毛、医療脱毛、光脱毛があります。どの方法も効果的ですが施術方法によって痛みが異なります。

痛みが気になる人は光脱毛の施術を選びましょう。刺激は少ないですが、脱毛効果が得られます。キレイモでは施術前に無料のカウンセリングを行っており、肌の悩みや脱毛の疑問を解決できます。痛みが気になる人に対して「ハンド脱毛体験」を実施しているので、痛みがどれくらいなのか事前に把握することも可能です。光脱毛の施術をご希望の人はお気軽にキレイモまでお問い合わせください。

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >