キレイモ脱毛コラム

ほくろがあると脱毛できない?ムダ毛を処理する施術方法とは

contents

ほくろがあると脱毛できない?

脱毛を受ける範囲にほくろがある場合、脱毛ができないわけではありません。対処法や注意したい点をご紹介します。

サロンやクリニックで行う脱毛方法を確認

まずはサロンやクリニックで行われる「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」についてご紹介します!

光脱毛

光脱毛は、光や熱を用いる脱毛方法で、黒い色素に反応する光や蓄積させた熱を与えて施術します。

光脱毛は一般的に「SSC脱毛」「IPL脱毛」「SHR脱毛」の3種類です。

「SSC脱毛」は、制毛効果のあるジェルを塗布した後、クリプトンライトで照射・浸透させることで制毛効果を得る脱毛方法です。

「IPL脱毛」は、光を照射することで毛にダメージを与える脱毛方法で、多くのサロンに採用されています。特に濃い毛に高い効果を発揮します♪毛が「薄くなった」「生えるのが遅くなった」という効果を実感しやすく、短時間での施術が可能です。

「SHR脱毛」は、蓄熱式脱毛とも呼ばれ、蓄積させた熱を与えて施術する脱毛方法です。メラニン色素に反応して脱毛を行うIPL脱毛やSSC脱毛とは異なり、施術時にほとんど痛みを感じないメリットがあります♪

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、クリニックのみで施術が可能な脱毛方法です。医療行為となるため、看護師または医師が施術を担当します。

照射によって毛根にダメージを与えることで脱毛を行います。レーザー脱毛は、パワーの強いレーザーを照射するため、濃い毛なら比較的短期間で効果を得られるメリットがある一方、ゴムで弾いたような強い痛みを施術時に感じることや、薄い毛に効果が現れにくいというデメリットがあります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、針を毛穴に挿入し、電流や高周波を流すことで毛根や毛を作る部分である毛乳頭という組織を破壊し、毛を生えなくさせる脱毛方法です。

ニードル脱毛には、「電気分解法」「ブレンド法」「高周波針脱毛」「ショートウェーブ法」「絶縁針脱毛」などの種類あり、永久脱毛が叶う唯一の方法と言われています。

ほくろの周辺に生えている毛は脱毛できる?

ほくろがある場合でも周辺に生えている毛の脱毛に関しては、「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の、どの方法でも施術可能です。

ほくろは避けて周辺の毛を脱毛する

脱毛範囲にほくろがある場合はシールを貼り、保護してから施術を行う方法が一般的♪

光脱毛の中でも光を照射する施術や、レーザー脱毛による施術は、黒いメラニン色素に反応することで脱毛が可能となるため、ほくろをシールで保護しないまま施術を行うと、火傷などのダメージを与えてしまう可能性があります。

大きなほくろの場合は、ほくろの周辺を水溶性のマーカーなどで印をつけ、光を当てないように避けて施術する方法もあります。

ほくろから生えている毛は脱毛できる?

ほくろ周辺ではなく、ほくろ自体から生えている毛の場合、光脱毛のなかでも光を照射して脱毛を行う施術やレーザー脱毛の施術は適していません。

ほくろ自体から生えている毛に対して、光やレーザーを照射すると、火傷など皮膚へダメージを与えてしまう可能性も!

ほくろから生えている毛を脱毛したい場合は、光脱毛の中でも「SHR脱毛」を選択するか、光を照射しない施術方法のニードル脱毛が有効です!

脱毛ではなく、ほくろから生えている毛に関しては、ご自身でセルフカットする方法もあります。ご自身で毛をカットする場合は、ほくろを傷つけないよう注意が必要です。ほくろから生えている毛を毛抜き等で抜くのは刺激を与える可能性があるため、おすすめしていません。

施術方法によっては“ほくろ” があっても脱毛できる

ほくろ周辺にある毛を脱毛によって除去することは可能です。ほくろ自体から生えている毛は、施術方法によって除去できるか異なります。

キレイモでは施術前に無料カウンセリングを実施しています。ほくろ周辺の脱毛に関することや、お肌に関する悩みがある方はお気軽にご相談ください♪

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >