キレイモ脱毛コラム

黒ずみの原因はセルフ脱毛?!専用サロンの施術で解消できる?

contents

肌に黒ずみができる原因は?

まずは肌に黒ずみができる原因とともに、黒ずみとは何なのか、基本的なことから見ていきましょう。

#

そもそも黒ずみとは?

黒ずみとは、肌を守るために生成されるメラニン色素が肌に溜まり、残ってしまう「色素沈着」によって生じるもの。

色素沈着は肌の代謝サイクルが崩れた結果、本来は排出されるはずのメラニン色素が皮膚内に溜まることで生じます。

例えば、紫外線を受けた肌が「10」のメラニン色素を生成すると仮定すると、正常な代謝サイクル(ターンオーバーとも呼ばれる)が働いていれば生成分の「10」すべてを排出します。

しかし、ターンオーバーのサイクルが崩れているときはメラニン色素が「7」しか排出されず、「10」-「7」=「3」のメラニン色素が皮膚に残り、黒ずみが発生する原因に。(数値はあくまで例です。)

このように、生成と排出のバランスが狂ってしまうと肌に黒ずみができてしまいます。

黒ずみができる原因はさまざま

黒ずみができる原因はさまざまあります。どんな原因で生じるのか確認していきましょう。

・肌の摩擦

肌の摩擦による黒ずみは、正式には「摩擦性黒皮症」(まさつせいこくひしょう)と呼ばれています。これは、機械的刺激によってメラニン色素やそのほかの物質が沈着するというものです。

タオルやブラシで強くこする、下着などで長時間締めつけている、などがその一例。黒ずみ対策において、タオルや下着など肌に触れるものは優しい素材のもの、ゆったりとしたものを選ぶのがベターですね。

・ホルモンバランスの乱れ・加齢

ホルモンバランスの乱れや加齢はターンオーバーを遅らせ黒ずみの一因になります。女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」。この二つはメラニン色素を増やすと考えられています。特に妊娠中や生理中は、これらのホルモンの分泌によって黒ずみができやすくなることも。

ホルモンバランスを整えるためには、バランスの良い食事や睡眠、ストレスフリーな環境を心がけると良いと言われています。

・紫外線によるもの

紫外線は肌のバリア機能を壊して肌内部の乾燥を促します。これによってターンオーバーが乱れ、角質やたるみの原因に。その上、紫外線はメラニン色素の生成を過剰にする働きがあります。

ターンオーバーが乱れた状態では過剰に生成されたメラニン色素をうまく排出しきることができず、肌内部に残されたメラニン色素が黒ずみとなるのです。

紫外線の量が年間でもっとも多くなる7~8月を中心に、日焼け止めや日傘などの紫外線対策を心がけましょう!

・VIOラインや脇の黒ずみはセルフ脱毛が原因

多くの人が気にするVIOラインや脇の黒ずみはセルフ脱毛が原因になることもあります。

カミソリや毛抜きでセルフ脱毛をすることは肌に大きな負担をかけます。ダメージを受けた肌が回復を試みた結果、メラニン色素を集め、黒ずみになってしまうのです。

セルフ脱毛は、黒ずみだけでなく乾燥などの肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

黒ずみを作らない脱毛方法はある?

では、黒ずみを作らない脱毛方法はあるのでしょうか?

脱毛クリームを使えば黒ずみは抑えられる?

脱毛クリームはムダ毛が気になる箇所にクリームを塗り、肌の表面に出ている毛を溶かす脱毛方法です。手軽で便利なので人気の高い方法ですが、発毛するたびに使用する必要があるため、肌に負担をかける可能性があります。

ダメージを受けた肌は、先述した通りメラニン色素を生成し、黒ずみを作る原因になります。また、肌表面の毛だけを溶かすため、毛穴に残った毛根が黒く見えてしまうこともあります。

脱毛サロンは黒ずみを解消できる?

脱毛サロンで黒ずみを解消できたらうれしいですよね。しかし、脱毛サロンによる施術を受けても、もともとあった黒ずみが消えることはありません。

黒ずみを作る原因の一つになっていたセルフ脱毛の回数が減る。

肌へのダメージが軽くなり、正常なターンオーバーに戻る可能性がある。

上記の理由から、脱毛サロンで施術を受ければ、新たな黒ずみができる可能性は低くなります。

黒ずみになりにくい脱毛サロンの施術方法

新たな黒ずみを作らないと言われている脱毛サロンの施術方法を見ていきましょう。

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は、クリニックで行われる医療行為である脱毛方法。黒色や茶色に反応する波長のレーザー光を照射することで、毛乳頭に熱を与え、毛細細胞を破壊します。

施術後は保湿・鎮静効果のある塗り薬を塗り、日焼けや摩擦を避けることが必要です。一度に広範囲・短時間での脱毛ができ、回数を重ねることで脱毛効果を実感できます。

施術中は輪ゴムを弾いたような痛みを感じることも。自費診療の医療行為のため、料金が高めになることがあります。

光脱毛の特徴

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、その名の通り特殊な光を当て、毛根にアプローチする脱毛方法です。脱毛サロンや家庭用脱毛器でよく使われているのはこの方法。専用の冷却ジェルを塗布し、光を照射して脱毛を行います。

長期的に利用する必要がありますが、痛みも弱く、照射範囲も広いため全身脱毛にもぴったり。照射後は2週間ほどで自然に毛が落ち、徐々に脱毛の効果が得られます。

・キレイモの光脱毛について

キレイモの脱毛法は直接肌にダメージを与えない配慮がなされた「肌に優しい脱毛法」です。専用のスタッフが、その日のお客様の肌や体調のコンディションを見極めながら、最適な出力、当て方で脱毛の施術を行います。

また、施術の際に冷却ジェルを塗る必要のない新しい脱毛機器を使用。施術の間は身体が冷えるストレスもなく、ジェルを塗って拭き取る手間もカットしているため、全身のお手入れを素早く完了することができます。

#

ダメージ対策は脱毛後のケアも大切!

セルフ脱毛にしても専用サロンで脱毛するにしても、ダメージ対策はアフターケアが大切!脱毛は毛根や肌に刺激を与えるため、乾燥が起こりやすくなります。

特に脱毛後は油分が肌トラブルを誘発するため、スキンケアは「化粧水だけ」を使用してしっかりと保湿を。翌日からは、化粧水に加えて乳液やボディークリームを使用して、しっかりとお肌が潤う状態をキープしましょう。

キレイモでは、脱毛が終わって仕上げを行うときに、保湿&肌の引き締め効果が期待できる成分を配合した特製ローションを使用。

また、キレイモ店内ではスプレータイプの化粧水「モイスチャーローション」や、全身に使える高保湿ジェル「モイスチャーオイルジェル」を販売しております。アフターケアの方法やスキンケア商品についてお悩みのことがありましたら、お気軽にスタッフまでお声掛けください。

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >