キレイモ脱毛コラム

黒ずみの原因はセルフ脱毛?!専用サロンの施術で解消できる?

contents

肌に黒ずみができる原因は?

肌トラブルである黒ずみに関する情報とともに、できてしまう原因をご紹介します!

そもそも黒ずみとは?

黒ずみとは、お肌を守るために生成されるメラニン色素が肌に溜まり、残ってしまう「色素沈着」によって生じる症状です。

色素沈着はお肌の代謝サイクルが崩れた結果、本来は排出されるはずのメラニン色素が皮膚内に溜まることで発生します。

例えば、紫外線を受けたお肌が「10」のメラニン色素を生成することを仮定し、正常な代謝サイクル(ターンオーバーとも呼ばれる)が働く場合には、生成分の「10」すべてを排出します。

しかし、ターンオーバーのサイクルが崩れていて、メラニン色素の排出が「7」のみであった場合、、「10」-「7」=「3」のメラニン色素が皮膚に残ることで、黒ずみが発生します。(数値はあくまで例です。)

黒ずみは肌トラブルの一種で、メラニン色素の生成と排出のバランスが狂うことで生じます。

黒ずみができる原因は様々

黒ずみができる原因は様々です。原因を一つずつご紹介していきます!

肌の摩擦

黒ずみは肌の摩擦が原因で起こる症状です。肌の摩擦による黒ずみは、正式には「摩擦性黒皮症(まさつせいこくひしょう)」と呼ばれ、機械的な刺激によりメラニン色素やそのほかの物質が沈着することで発生します。

摩擦とは具体的に、タオルやブラシでお身体を強くこすることや、下着などで長時間締めつける行為が該当します。摩擦性黒皮症を軽減するには、タオルや下着などのお肌に触れるものには優しい素材をお使いになったり、ゆったりとした下着を選んで着用する必要があります。

ホルモンバランスの乱れ・加齢

ホルモンバランスの乱れや加齢はターンオーバーを遅らせるため、黒ずみの一因となります。女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、メラニン色素を増やすと考えられ、分泌が増す妊娠中や生理中は黒ずみができやすくなる可能性があります。

ホルモンバランスを整えるためには、バランスの良い食事や睡眠、ストレスフリーな環境を心がけると良いと言われています。

紫外線によるもの

紫外線の影響によって、ターンオーバーが乱れるとともに、メラニン色素の生成が過剰となります。

ターンオーバーが乱れた状態では過剰に生成されたメラニン色素をうまく排出しきることができず、肌内部に残されたメラニン色素は黒ずみとなります。

紫外線の量は6~8月を中心に多くなるため、日焼け止めや日傘などの紫外線対策を心がける必要があります。

VIOラインやワキの黒ずみはセルフ脱毛が原因

デリケートゾーンのVIOラインやワキの黒ずみは、セルフ脱毛が原因として挙げられます。

カミソリや毛抜きによるセルフ脱毛は、お肌に大きな負担がかかる脱毛方法です。セルフ脱毛でダメージを受けたお肌はメラニン色素を集め、黒ずみに変化します。

セルフ脱毛は、黒ずみだけではなく、乾燥などの肌トラブルを引き起こす原因にもなるため、注意する必要があります。

黒ずみを作らない脱毛方法はある?

黒ずみの原因は様々ですが、ここからは黒ずみを作らない脱毛方法についてご紹介します。

脱毛クリームを使えば黒ずみは抑えられる?

脱毛クリームとは、毛が気になる箇所にクリームを塗布し、肌の表面に出ている毛を溶かす脱毛方法です。

手軽で便利な方法ですが、発毛するたびに使う必要があり、肌に負担をかける可能性があります。負担のかかったお肌は、メラニン色素を生成し黒ずみを作るため、脱毛クリームでは原因を抑えることはできません。

また、脱毛クリームは肌表面の毛だけを溶かすため、毛穴部分に残った毛により、より黒く見えてしまう可能性もあります。

脱毛すると黒ずみは解消できる?

脱毛の施術を受けることで、これまで黒ずみを作る原因となっていたセルフ脱毛の回数を減らすことが可能です。

黒ずみになりにくい脱毛の施術方法

黒ずみになりにくいレーザー脱毛と光脱毛の施術方法やメリット・デメリットをご紹介します!

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛とは、医療機関のみで施術を受けられる脱毛方法です。レーザーの照射によって毛根にダメージを与えることで脱毛が可能になります。医療行為に位置づけられるため、看護師または医師が施術を担当します。

レーザー脱毛は、強力なレーザーを照射するため、効果を実感するまでの期間が比較的短いメリットがあります。

デメリットは、施術中に痛みを感じやすい点です。濃い毛に対しては短期間で脱毛効果を得られますが、産毛への効果が出にくい脱毛法になります。また、医療行為ですが保険は適用されないため、料金が高くなりやすいです。

光脱毛の特徴

光脱毛は一般的な種類として「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」の3つです。

「IPL脱毛」は、多くの脱毛サロンで採用されている施術方法です。特に剛毛の毛に効果を発揮します!効果が得やすく、短時間で施術することが可能です。

「SSC脱毛」は、肌に制毛効果を持つジェルをクリプトンライトで浸透させ、制毛効果を得る脱毛方法です。

「SHR脱毛」は、蓄熱式脱毛と呼ばれる脱毛方法です。メラニン色素に反応させる脱毛とは異なり、蓄積させた熱を与えて施術します。痛みをほとんど感じない点がメリットの脱毛方法です!

キレイモの光脱毛について

キレイモの光脱毛は、「IPL脱毛」と「SHR脱毛」のあわせ技で、おでこから足の先まで施術を受けられる全身脱毛を提供しています♪肌にダメージを与えず痛みが少ない施術が可能です!

個人差はありますが、脱毛の効果の実感には、だいたい施術3~6回程度と言われています。

一般的な脱毛サロンでは、施術前に冷却ジェルを塗布しますが、キレイモでは、光の照射面がマイナス4℃まで冷却できる新型の脱毛機器を使用するため、冷却ジェルを塗布しない状態で施術が可能です!

新たな黒ずみを作らない方法で脱毛を!

黒ずみができてしまうのは、お肌の摩擦やホルモンバランスの乱れ、紫外線の影響などとともに、セルフ脱毛も原因の一つとなっています。

新たな黒ずみを作りたくない方は、普段からお肌のケアをしっかり行うことに加え、負担がかかりやすいセルフ脱毛は控えることがおすすめです。

キレイモでは、痛みの少ない全身脱毛の施術を提供しています。施術前に行う無料カウンセリングでは、お肌に関するお悩みも相談できます♪セルフ脱毛による黒ずみが心配な方は、是非キレイモの光脱毛をご検討ください!

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >