キレイモ脱毛コラム

脱毛でやけどする!?未然に防ぐ方法とサロン選びのコツを確認

contents

脱毛でやけどする可能性は?

ごく稀に、脱毛でやけどする可能性があります。実際に脱毛でやけどを負ったケースも確認されています。

なぜ脱毛でやけどをしてしまうのか?原因の前に、まずは脱毛の種類が「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛」「家庭用脱毛器」と、それぞれ違いがあることを把握しておきましょう。施術方法の特長からご紹介します。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、一つひとつの毛穴に針を挿入し、電流や高周波を流すことで毛を作る部分である毛乳頭や毛根にダメージを与え、毛を除去し、生えなくさせる脱毛方法でます。

ニードル脱毛の中にも、「電気分解法」「ブレンド法」「高周波針脱毛」「ショートウェーブ法」「絶縁針脱毛」などの種類があります。ニードル脱毛は毛穴に針を挿入し、電流や高周波を流すため、施術時にやけどをしてしまう可能性もあります。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療機関のみで施術行っている脱毛方法で、照射によって毛根にダメージを与えることで脱毛ができます。医療行為のため、医師または看護師が施術を担当します。

レーザー脱毛は、強力なパワーのレーザーを照射するため、比較的短い期間で効果が実感できるメリットがあります。逆に施術時に強い痛みを感じる点はデメリットです。また、パワーの強いレーザーを照射するため、やけどなどのトラブルが起こる可能性もあります。

光脱毛

光脱毛は、光や熱を使って施術する脱毛方法です。光脱毛には種類があり、「SSC脱毛」「IPL脱毛」「SHR脱毛」が一般的な施術方法です。

「SSC脱毛」は、制毛効果をもつジェルを塗った後、クリプトンライトという光を照射させることで制毛の効果が発揮されるる脱毛方法です。

「IPL脱毛」は、光を照射して毛にダメージを与える脱毛方法。IPL脱毛は多くの脱毛サロンで採用され、剛毛に対して高い効果があります。

「SHR脱毛」は蓄熱式脱毛と呼ばれ、熱により施術する脱毛方法。メラニン色素に反応して施術を行うIPL脱毛やSSC脱毛とは異なります。施術時にほとんど痛みを感じないというメリットがあります。

光脱毛は医療行為ではない脱毛方法なので、施術時の皮膚への影響は少ないと言われています。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、自宅で手軽に脱毛ができるアイテムです。

家庭用脱毛器は「光脱毛」の施術を自分で行うことができます。
安全のため、脱毛サロンで使用されている業務用の脱毛機よりパワーは控えめな場合がほとんどですが、指定されている使用方法を守らないとお肌トラブルが起きる可能性があります。

脱毛でやけどする原因

脱毛の施術でやけどが起きてしまう主な原因をご紹介します。

お肌に優しい脱毛機器ではない

脱毛でやけどする原因の一つに、お肌に優しい脱毛機器を使用していないことがあります。
旧式の脱毛機器だと、毛を生えなくすることにのみに特化していて、お肌にかかる負担まで配慮されていない可能性もあります。

脱毛機器の使い方が悪い

お肌への負担が少ない脱毛機器を使用していたとしても、正しい方法で施術を行わないとやけどのリスクがあります。
これは脱毛サロンや医療クリニックはもちろん、家庭用脱毛器にも言えることです。

照射面が肌に密着していなかったり、照射パワーを強くしすぎたりすると、痛みや熱さが強くなり、やけどが起きてしまう可能性が高まります。

脱毛前後にNG行動をしていた

脱毛の前後に禁止されている行為をしてしまうと、それが原因でやけどが起きる可能性があります。
例えば、脱毛前後に過度な日焼けをしたり、極度に乾燥した肌は、やけどのリスクが高まります。

脱毛前後のNG行動を事前にしっかり確認し、万全の状態で施術を受けられるようにしましょう。

脱毛でやけどしたくない!防ぐ方法は?

安心して脱毛を受けるために、契約する脱毛サロンやクリニックの情報は事前にしっかりチェックし、慎重に選ぶようにしましょう。
また、脱毛の施術前後の行動についても注意を払うことで、やけどを負う確率は低くなります。

先進的な脱毛機器を使っているか確認する

無料カウンセリングを行っている脱毛サロンや医療機関を選び、契約前に懸念点をクリアにしておきましょう。

どのような脱毛機器を使用しているのか事前に確認することで、安心して施術が受けられるでしょう。
また、パッチテストや脱毛体験を受けられるサロンを選べば、事前に施術の感覚も確認できてより安心です。

家庭用脱毛器を使用したセルフ脱毛を検討している方は、家庭用脱毛器の照射レベルはどのくらい調節できるのか、弱いパワーでの施術も可能なのかを確認してから購入すると良いでしょう。

施術者を確認する

やけどなど、脱毛が原因の肌トラブルを防ぐには、施術者の技術も重要です。

きちんと専門的な脱毛技術を習得したスタッフが施術を行っているのか、医療機関で行われる施術であれば、医師や看護師が担当するのかなど、事前に確認しておくことも大切です。

家庭用脱毛器を使って自分で施術をする場合は、説明書に記載されている使用方法を必ず守るようにしましょう。

カウンセリングが行われるか確認

脱毛の契約前に、施術についての説明や、お肌の状況を確認するためのカウンセリングがあるがどうかも重要です。

安全に脱毛施術を受けるためにも、丁寧で細やかなカウンセリングを実施してくれるサロンや医療機関を選ぶのがいいでしょう。
また、実際の店舗の清潔感や雰囲気など、安心して通えそうかどうかも来店時にチェックするのがおすすめです。

日焼けなどの行動は避ける

日焼けや飲酒など、脱毛の施術前後に行うと肌トラブルが起きやすくなる行為は控えましょう。
過度の日焼けをした場合、日焼けをしてから2週間以上の期間を空けないと、施術を行うことができません。

日焼けによるダメージを受けたお肌は、乾燥してトラブルが起きやすい状態になっています。
そこに脱毛の施術すると、さらにお肌に負担がかかり、お肌トラブルに繋がる恐れがあります。

脱毛後はお肌がとてもデリケートな状態になるため、脱毛後の日焼けにも気をつけなければいけません。
脱毛期間中は、日焼け止め・日傘・UVカット効果のある服などで、日常的に紫外線対策を行うようにしましょう。

やけどかなと思った時の対処法

脱毛施術後、赤み・かゆみ・ヒリつきなどの「副反応」は誰にでも起こり得ます。
このような症状が出た場合は、冷やした清潔なタオルなどで冷却し、症状が落ち着くのを待ちましょう。

やけどなど、副反応ではない万が一の事態が起こった場合でも、ドクターサポートが整ったサロンなら安心です。
キレイモにはドクターサポート制度があるため、安心して脱毛することができます。

キレイモの施術について

キレイモは全身脱毛専門サロンのため、お顔から足の先までの全身の脱毛が可能です。

光脱毛の中でも「IPL脱毛」を採用し、痛みが少なく太い毛・うぶ毛にも効果的な施術を行えるため、初めての脱毛にもおすすめです。

脱毛施術後1〜2週間で痛みなく毛が抜け落ち、施術回数を重ねていくことで、毛が細くなったり生えるスピードが遅くなったりという効果を実感できます。

先進的な脱毛機器による光脱毛

キレイモでは、先進的な国産脱毛機を使用しており、痛みの少ない施術が可能です。

お肌に当てる照射面がマイナス4℃まで冷える、国産の先進的な脱毛機を採用しているため、冷却ジェルなしで痛みの少ない施術を実現しています。

プロによる施術だから安心

キレイモでは厳しい研修に合格して技術を習得したスタッフが、お客様のお肌状態を見極めながら安心・安全な施術を行います。
お客様一人ひとりの気持ちに寄り添うことを大切にしており、理想を叶える脱毛サービスの提供に努めています。

無料のカウンセリングを実施

キレイモでは、ご契約前に無料カウンセリングを実施しています。

無料カウンセリングでは、お肌の状態や日頃のムダ毛処理についてのヒアリング、キレイモの全身脱毛に関する説明、プランのご案内などを行います。
お肌に関するお悩みや、脱毛に関する不安や疑問もお気軽にご相談ください。

無料カウンセリングでは、無料の「両ワキ脱毛体験」も実施中。
キレイモの痛みの少ない施術を事前に体験でき、安心して脱毛をスタートできます。

術後のケアもしっかり

キレイモでは、施術後のケアについてもサポートしています。
脱毛施術後のお肌トラブル避けるため、脱毛前後に控えるべき行為のご説明や、お肌のホームケア方法についてもアドバイスを行っています。

ドクターサポートあり

キレイモでは、お客様に安心してお通いいただけるよう、ドクターサポート制度をご用意しています。

脱毛施術は安心できる場所で

脱毛は、キレイなお肌を目指せる反面、やけどなどの肌トラブルのリスクがあります。
安心して脱毛を進めるためにも、サロンやクリニック選び、家庭用脱毛器の購入は慎重に行うことが大切です。

キレイモでは、痛みの少ない先進的な国産脱毛機を使用。厳しい研修に合格して技術を習得したスタッフが、お客様のお肌状態を見極めながら安心・安全な施術を行います。

脱毛についてご不安がある方も、ぜひ一度キレイモの無料カウンセリングでご相談ください。

全身脱毛なら
キレイモがオススメ!

未成年の方へ

未成年の方は、ご契約いただくにあたり保護者の方の同意が必要になります。

親権者同意書についてはこちら >