脱毛前後の飲酒に注意!飲酒がNGな理由と控える時間について

contents

サロンでお手入れ日の「前後12時間」は飲酒を控えよう


キレイモでは、脱毛施術の「前後12時間」の飲酒は控えるようお願いしています。
脱毛施術前後の飲酒を控えたい理由とともに、お酒を飲んでしまったときの対処法をご紹介します!

脱毛後から何時間で飲酒可能?

脱毛前だけでなく、脱毛後も飲酒は控えてください。お酒は血行を促進させる作用があるため、体温が上昇します。上昇した体温は、脱毛後の敏感なお肌に刺激を与えやすく、炎症を引き起こす原因となります。酷い場合はかゆみや湿疹ができてしまうため、控えたほうが良いでしょう。

では、どのくらい時間が経ったら飲酒できるのでしょうか。基本的に施術から12時間後に飲酒可能とされています。ただしお肌に炎症やかゆみが起きている場合は、12時間後であっても飲酒は控えたほうが良いです。

脱毛前後の飲酒は控えた方が良い理由


飲酒をすると全身の血の巡りが良くなり、体温が上昇します。
個人差はありますが、全身の血の巡りが良くなると肌に赤み・かゆみが出ることも!肌に赤みやかゆみが出た状態で脱毛の施術を受けると、お肌に余計なダメージを与えてしまう可能性があります。

飲酒後は、アルコールが速やかに吸収される方もいれば、時間がかかる方もいらっしゃいます。分解の速度は様々ですが、脱毛施術の前後12時間は飲酒を控えることがリスク回避につながります。

アルコールの分解速度

飲酒したときに速やかにアルコールが吸収される方もいれば、時間がかかる方もいるとお伝えしました。アルコールの分解速度は、ビール瓶1本で男性が約2時間、女性が約3時間といわれています。一般的に女性の方が男性よりも分解速度が遅いです。

また、アルコールの摂取が原因で体内の水分が損なわれるため、乾燥して痛みを感じやすくなります。お酒への耐性に関わらず、アルコールが完全に抜けるまでには時間がかかるため、脱毛前後の飲酒は控えたほうが良いでしょう。

アフターケアの保障外になることも

脱毛サロンやクリニックでは、施術後に起こりうる肌トラブルに対応できるよう、何かしらの保障を用意している場合が多いです。

具体的には薬を無料で処方したり、提携先の医療機関を受診させてくれたりします。ただし飲酒が原因で肌トラブルを起こした場合は、保障の対象外となるケースがほとんどです。

痛みや炎症の原因になることも

脱毛前に飲酒した状態で施術を受けると、炎症の原因になります。飲酒後は体内が水分不足のため乾燥し、お肌は非常に敏感です。

お肌が敏感な状態だと照射時に痛みを感じやすくなります。痛みを緩和するために照射パワーを下げることも可能ですが、得られる効果が減ってしまうので注意が必要です。

脱毛前後で飲み会の予定が入った場合の対処法


キレイモの施術を受ける前日に飲酒された場合でも、ご予約までに12時間以上の時間が空いていれば問題ありません。

万が一、施術日を変更・キャンセルをしたい方は、前日までにご連絡ください。WEB上のマイページからの場合は前日の23時59分まで、お電話の場合は前日の20時まで受け付けています。施術当日のご予約の変更・キャンセルはできませんので、あらかじめご了承ください。

キレイモでは、脱毛後12時間以内の飲酒もおすすめしていません。脱毛後は熱がこもった状態になるので、その後飲酒してしまうと肌に赤み・かゆみが出る可能性が上がり、肌トラブルの原因にもなるので、注意する必要があります。

飲み会の予定が入ったら予約変更

もし脱毛前後に飲み会の予定が入ったら、すぐに予約先の脱毛サロンやクリニックに連絡をして、予約日を変更してもらいましょう。お酒を飲んだことを隠して施術するのはおすすめしません。お肌のかゆみや湿疹が起きたとしても保障対象外になるケースが多いです。

脱毛当日に予約キャンセルや変更を行うと違約金が発生したり、1回分の回数を消費したりする可能性があります。飲み会の予定が決まって施術日の前後であれば、早めに予約日を変更しましょう。

もし予約日の前後に飲み会が入ったらノンアルコールで楽しもう

予約日の前後に飲み会が入ったら、飲酒は控えてノンアルコールで楽しむのも1つの手段として有効です。ソフトドリンクを飲むと場の空気がしらけてしまうこともあるでしょう。

そのようなときでもノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなら、しらけず体にも影響ありません。最近はノンアルコール飲料が充実しているお店も多いので、脱毛予約日の前後に飲み会が入ったときは、万全に尽くすためノンアルコールを頼みましょう。

脱毛前後や当日に飲酒した場合の対処法


脱毛の効果に支障がでないよう配慮していたとしても、うっかり飲酒してしまうことはあるでしょう。以下では、脱毛前後や当日に飲酒した場合の対処法をまとめています。

脱毛前日・当日

脱毛前日・当日に飲酒をした場合は、脱毛サロンやクリニックに連絡しましょう。脱毛サロンやクリニックによっては、少量の飲酒でも施術が受けられない場合があります。施術が受けられなければ、予約の変更をしますが当日連絡であればキャンセル料が発生することもあるため、確認が必要です。

飲酒を隠して施術を受けると、後からお肌にトラブルが起きたときに保障対象外となる恐れがあるので、施術するのであれば必ず申告してください。

次回の予約は基本的に翌日から可能ですが、アルコールの分解速度には個人差があるため、心配な方は2、3日後に予約すると良いでしょう。

脱毛翌日

脱毛後に気が緩んでしまい、ついつい飲酒してしまう方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、冷えたタオルで脱毛箇所を冷やす方法や、水分を摂って体内のアルコール濃度を下げる方法があります。

冷えたタオルを使用するときは肌トラブルを避けるため、メンソールが配合されていないものを使用してください。上記のように対策をしても、かゆみや湿疹が引かない場合は、脱毛サロンやクリニックが提携している病院を受診しましょう。

脱毛前後に飲酒以外でご注意いただきたいこと


脱毛の施術前後には飲酒以外にも注意点があります。避けたいことに加え、お薬の服用など、施術を受ける前に知っておきたい点についてご紹介します!

予防接種

脱毛前後の予防接種はなるべく控えましょう。

脱毛施術前に予防接種を受けると、注射を打った部分が赤く腫れることや、副作用の影響で体調が優れない可能性もあることから、脱毛は控えたい行為となっています。

脱毛施術後は、お肌がデリケートな状態のため、予防接種を受けることで、肌に赤みができるなど、肌トラブルが起こる可能性も…。脱毛施術後は、最低でも1週間ほどの期間を空けた後、予防接種に行くことををおすすめしています。

日焼け

脱毛期間中は日焼けも避けたい行為となっています。万が一、日焼けをした場合は、2週間以上の期間をあけて施術することをおすすめします。日焼けをした状態のままお肌に施術すると負担がかかり、肌トラブルが起こる可能性があります。

脱毛の光を照射した後のお肌は、デリケートな状態のため、日焼け止めを塗るなどして対策するようお願いしています。日焼け止めは、日常的にお使いになることをおすすめします!

入浴など体を温める行為

脱毛施術をした当日は、入浴を避け、ぬるめのシャワーのご利用をお願いしています。また、発汗を促す行為も肌ダメージの原因となるため、控えることをおすすめします。

薬の服用

薬を服用している方は、同意書に署名していただき、施術を開始します。ご体調が万全ではない中で施術を受けると、赤みやかゆみなどが起こる可能性もあります。

ピルの服用

キレイモでは、低用量ピルを服用いただいている方も施術を受けられます。服用の目的が生理痛の緩和や生理周期の安定、避妊であれば服用いただいても問題ございません。

脱毛前後の飲酒に注意しよう


キレイモでは、肌ダメージのリスクが高まることから、脱毛施術の「前後12時間」の飲酒は控えるようお願いしています。

飲酒以外にも予防接種や日焼け、入浴などの注意点を確認の上、施術を受けることで、トラブルを回避できます♪肌トラブルなどの不安がある方は、施術前に行う無料カウンセリングでスタッフにご相談ください!

脱毛するならここ!おすすめの脱毛サロンを紹介


ここまでの記事で、飲酒を控えた方がいい理由や、飲酒した場合の対処法、飲酒以外に気をつけることをお伝えしました。以下では、飲酒に対する各脱毛サロンの対応に触れつつ、おすすめの脱毛サロンをご紹介していきます。

ミュゼプラチナム


ミュゼプラチナムは会員数が多く、47都道府県すべてに店舗を構えているのが特徴です。さらに店舗間で自由に予約ができるため、自身のご都合に合わせて利用店舗を決められます。使用する脱毛機はお肌への負担を軽減するS.S.C脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛を採用しており、痛みを感じにくいです。

無制限で通える全身脱毛プランや、都度払いプランなど脱毛プランが豊富に揃っているため、自身の希望する施術方法に合わせたものを選択できるのも魅力の1つでしょう。

ミュゼプラチナムでは脱毛の前後12時間以内の飲酒を施術できない方の条件としています。当日予約をキャンセルした場合でも、キャンセル料は発生しないため安心ですが、お店に迷惑がかかるので当日キャンセルは、できるだけ控えましょう。

恋肌


恋肌は全身脱毛のみの専用サロンで、VIO脱毛やワキ脱毛といった部位ごとでの脱毛はできません。全身脱毛のみだと料金が高くなりそうですが、月額1,000円(税込)で通えるプランもあるので、学生でも利用しやすいのが特徴です。

部位ごとの脱毛は行っていないと伝えましたが、全身を62部位に分けたなかから34部位を選択してプランを組むこともできます。ご自身が脱毛を受けたい箇所を選択できるので、嬉しいですね。恋肌ではTHR(サーモヒートリムーバー)方式という脱毛方法を採用しており、2週間に1回の頻度で施術ができるのも魅力の1つでしょう。

恋肌では、施術のキャンセル・予約変更はインターネット上での場合前日の18時まで、店頭・電話の場合は3日前の13時までとされています。キャンセル料は発生しませんが、施術1回分が消化扱いになるので、注意が必要です。

キレイモ


キレイモには学生や主婦の方は通いやすく、平日の12時半〜16時半の間での施術料金は最大20%割引される平日とく得プランというものがあるのが特徴です。それだけでなく、母娘割やペア割、学生向けの割引もあるため、学生や卒業後の方にも人気があります。

使用する脱毛機は日本製のものを採用しており、IPL脱毛方式でワキやVIOなどの濃い毛や太い毛に効果的です。そのためキレイモでは比較的早くに効果を実感しやすいというメリットがあります。冷却ジェルも不要なので、拭き取るときの時間を短縮可能です。

キレイモでは、施術のキャンセル・予約変更は前日の20時までです。期限を過ぎてからのキャンセルは施術1回分の消化扱いとなります。

[/vc_column_text]

[/vc_column]