介護脱毛の料金や回数、40〜50代に人気の理由を徹底調査!【サロンやクリニックもご紹介】

contents

介護脱毛とは?


「介護脱毛」という言葉を聞いたことがありますか?

介護脱毛とは、老後に介護されることを見越して、あらかじめデリケートゾーン(Vライン・Iライン・Oライン)を脱毛しておくことを言います。

介護の準備として40代や50代から需要が高まっている施術です。

しかし、介護脱毛に興味はあっても、脱毛が初めての人にとっては料金や回数、刺激の感じ方など不安なことも多いですよね。

そこで、この記事では介護脱毛についてのメリット・デメリット、料金や回数について詳しくご紹介していきます。

介護脱毛のメリット

メリット

  • 介護する側の負担を減らせる
  • 肌トラブルを予防できる
  • 肌を清潔に保てる

介護脱毛のメリットは、介護される側の衛生面の向上と、介護する側の負担が軽くなる点です。

①介護する側の負担を減らせる

年齢を重ねると、トイレでの拭き取りが十分にできなくなる、オムツが必要になるなど、排泄介助が必要になるケースが増えてきます。

介護脱毛が完了していると、アンダーヘアに排泄物が絡まらなくなるので、介護する側の負担を大きく軽くできます。

介護を受ける側にとっても、排泄介助の時間が短くなることで、恥ずかしい思いをする時間が短くなることにも繋がります。

②肌トラブルを予防できる

アンダーヘアがない状態だと、拭き取りの時間が短くなり、肌トラブルを最小限にすることができます。

アンダーヘアが残っている状態だと、きれいに拭き取るのが難しいです。

汚れを落としきれないと、皮膚のかぶれやただれ、炎症の原因にもなってしまうんです。

介護脱毛により肌が見やすくなると、肌トラブルが起きたときも早く気づくことができるというメリットもあります。

③肌を清潔に保てる

介護脱毛が完了していると、排泄物がアンダーヘアに絡まらなくなり、排泄介助が簡単に行えるようになります。
拭き残しが少なくなり、肌を清潔に保てるようになります。

肌を清潔にしておくと雑菌の繁殖の予防にもなるので、においやかゆみ、感染症を軽減させることも期待できます。

介護脱毛のデメリット

デメリット

  • 脱毛した後は元に戻せない
  • 刺激がある

介護する側・される側どちらにも実用性の高い施術ですが、デメリットもあります。

デメリットと対処方法についても詳しく解説していきます。

①脱毛した後は元に戻せない

脱毛した後は、完全に元の状態に戻すことはできません

VIOすべての毛を脱毛するハイジニーナにすると、温泉に行った時に目立ってしまうこともあります。

Vラインのデザインを残してIラインとOラインを脱毛するだけでも、毛量をだいぶ減らせます。

衛生面の向上、介護する側の負担を減らせるので、デザインを残して介護脱毛するのもおすすめです。

カウンセリングで、脱毛する範囲やデザインを相談できるところもあります。

後悔しないように、じっくり決めることをおすすめします。

②刺激がある

VIOの脱毛は、他の部位よりも刺激を感じやすい部位です。

濃く太い毛が生えていること、VIOは皮膚が薄く骨に近いことが原因です。

粘膜に近い部位では、さらに刺激が強いとされています。

脱毛は、毛に含まれるメラニンに反応するので、濃い毛が多いVIOではより強く刺激や熱を感じやすい傾向にあります。

敏感肌や乾燥肌の人は刺激を感じやすいです。

保湿をしっかり行うと刺激を減らせる可能性があるので、脱毛期間中は丁寧な保湿を心がけておくと安心です。

体調不良の時も刺激を感じやすくなります。

睡眠不足・生理前などの体調が優れない日を避けて、ベストコンディションで施術を受けることをおすすめします。

介護脱毛ができるサロン・医療脱毛クリニックの料金比較


介護脱毛は、デリケートゾーンを脱毛することです。

Vライン、Iライン、OラインをまとめてVIO脱毛と呼ばれています。

せっかく脱毛するなら、全身きれいにしたい人も多いのではないでしょうか。

そこで、VIO脱毛の料金だけでなく、VIO付きの全身脱毛プランの料金も比較しています。

【脱毛サロン VIO脱毛の料金比較】

クリニックディオーネミュゼプラチナムラココ
VIO脱毛ハイジニーナ

132,000円(12回)

semiハイジニーナ

105,600円(12回)

ハイジニーナ

52,650円(1回)

210,600円(4回)

315,900円(6回)

118,800円(12回)
全身脱毛+顔+VIO396,000円(12回)

※ディオーネは顔を除くプラン

556,920円(6回)118,800円(6回)

【医療脱毛クリニック VIO脱毛の料金比較】

クリニック名フレイアクリニックレジーナクリニックエーレクリニックジュノビューティークリニックTCB東京中央美容外科
VIO脱毛41,800円(1回)

99,000円(5回)

149,600円(8回)

46,200円(1回)

92,400円(5回)

147,840円(8回)

44,000円(1回)

88,000円(5回)

148,000円(8回)

99,500円(5回)

151,240円(8回)

18,000円(1回)

38,000円(3回)

48,000円(5回)

全身脱毛+顔+VIO242,000円(5回)405,900円(5回)247,500円(5回)237,500円(5回)389,000円(5回)

アンダーヘアをすべて脱毛する「ハイジニーナ(無毛状態)」というプランを出しているサロンもあります。

VIO付きの全身脱毛でも、人気のサロンやクリニックではかなりリーズナブルに施術を受けられます。

VIOの他にも気になる部分があるなら、思い切って全身脱毛をしてみるのも選択肢のひとつです。

介護脱毛ができるサロンおすすめ3選


介護脱毛ができるサロンの中から、おすすめのサロンを3つご紹介します。

サロンによって、照射する範囲や料金、使用する脱毛器が異なるので、詳しく見ていきましょう。

ディオーネ

ディオーネ

ディオーネの特徴

  • VIOのデザインを残したい人へおすすめsemiハイジニーナコース
  • 38℃の低温で刺激をおさえた脱毛
  • デリケート部位の黒ずみにも効果を期待できる

VIOの希望のデザインを残して脱毛できるsemiハイジニーナのコースも用意されています。

「介護脱毛したいけど、VIOをすべて脱毛するのは不安」という人に向いています。

ディオーネのハイパースキン脱毛の特徴は、38℃でほとんど高温にならないことです。

刺激が少ないので、肌の負担もほとんどありません。

うれしいことに、ディオーネの脱毛の光には、コラーゲンの生成をサポートする美白効果も期待できます。

脱毛しながら、下着の摩擦でできた黒ずみ、色素沈着などのケアもおこなえます。

ハイジニーナコース

(VIOすべて処理)

132,000円/12回
semiハイジニーナコース

(VIOの希望のデザインを残して処理)

105,600円/12回

ディオーネの基本情報

サロン名ディオーネ店舗数111店舗
脱毛方法エステ脱毛所要時間VIO脱毛

30分〜

麻酔なしシェービング代金無料

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの特徴

  • 肌に優しいS.S.C脱毛
  • オリジナルのローションで美肌効果が期待できる
  • 平日に利用するとデイプランでさらにお得になる

ミュゼの脱毛は、ジェルに含まれる抑毛成分を肌に浸透させていくS.S.C脱毛です。

鎮静効果の高いジェルを使用することで、肌をいためずにスピーディーなお手入れができます。

施術後のアフターケアでは、独自開発のミルクローションを使用します。

このローションには、プラセンタエキスが配合されています。脱毛しながらデリケートゾーンの黒ずみ対策にもなるのは見逃せないポイントです。

ミュゼには、デイプランとレギュラープランがあり、それぞれ料金が異なります。

デイプランは平日の12〜18時に通う方へ向けたプランで、レギュラープランで通うよりもお得に脱毛できるのでおすすめです。

VIOセット

(レギュラープラン)

52,650円(1回)

210,600円(4回)

315,900円(6回)

ミュゼプラチナムの基本情報

サロン名ミュゼプラチナム店舗数168店舗
脱毛方法エステ脱毛所要時間VIO脱毛

30分〜

麻酔なしシェービング代金Oラインは無料

※背中・襟足以外の有料サービスなし

ラココ

ラココ

ラココの特徴

  • 毎月通えて短い期間で脱毛を卒業できる
  • 忙しい人にぴったりのハイスピード脱毛
  • お得なキャンペーンが豊富

蓄熱式脱毛は、毛周期に関係なく施術ができます。そのため、毎月通えるので短い期間で脱毛を卒業できます。

ラココでは、10秒間で約1,000本のムダ毛を処理できるハイスピード脱毛が自慢です。

時短になるので仕事や家事で忙しい人も、もっと気軽に介護脱毛を始められるようになりました。

ペア割、乗り換え割などのキャンペーンも充実しているので、さらにお得なお値段で脱毛できます。

VIO脱毛118,800円/12回

ラココの基本情報

サロン名ラココ店舗数90店舗
脱毛方法エステ脱毛所要時間VIO脱毛

30分〜

麻酔なしシェービング代金1,100円/1部位

介護脱毛ができるクリニック


介護脱毛に対応している、医療脱毛クリニックを5つご紹介します。

医療脱毛はエステ脱毛に比べると高額です。

数あるクリニックの中から、特にリーズナブルに通えるクリニックを厳選しています。

安さだけでなく、クリニックごとのおすすめポイントも含めてご紹介します。

フレイアクリニック

フレイアクリニック

フレイアクリニックの特徴

  • 女性専門のクリニック
  • VIOセットとVライン、Iライン、Oラインを個別に脱毛できるプランあり
  • 蓄熱式脱毛で肌に優しく刺激が少ない

フレイアクリニックでは、カウンセリングや施術時にVIOのデザインの相談に乗ってもらえます。

そのため、介護脱毛が初めての方でも安心です。

Vライン、Iライン、Oラインを個別に契約できるプランもあります。

このプランは、VIOをすべて脱毛せずに部分的に脱毛したい人に向いています。

刺激の少ない蓄熱式ダイオードレーザーを使用しています。

VIOは刺激を感じやすい部位ですが、この脱毛ならチクチクした刺激を感じる程度で、肌への負担を軽くできます。

VIOセット41,800円(1回)

99,000円(5回)

149,600円(8回)

Vライン、Iライン、Oライン

(1部位)

22,000円(1回)

46,200円(5回)

70,400円(8回)

フレイアクリニックの基本情報

クリニック名フレイアクリニック店舗数15院
脱毛方法医療脱毛所要時間VIO脱毛

30分〜

麻酔ありシェービング代金手の届かないところは無料

レジーナクリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニックの特徴

  • 平日は21時まで通える
  • 12回コースで、納得いくまで脱毛できる
  • 追加1回分がお得に受けられる

レジーナクリニックは全国に22院展開する、医療脱毛専門クリニックです。

平日は21時まで営業しているので、お仕事終わりやプライベートの予定のあとなど、自由な通い方ができます。

希望の仕上がりや毛量に合わせて、1回・5回・8回・12回コースの中から好きなプランを選べます。

すべての毛を無くすハイジニーナで介護脱毛に取り組みたいなら、あらかじめ回数の多いプランをカウンセリングで相談してみましょう。

コース終了後は、追加1回分の照射が定価の半額で受けられます。

回数のかかる部位なので、このような価格設定だと費用もおさえられ安心して通えます。

VIOセット46,200円(1回)

92,400円(5回)

147,840円(8回)

221,760円(12回)

※追加1回当たり:23,100円

12回コースまであり

レジーナクリニックの基本情報

クリニック名レジーナクリニック店舗数22院
脱毛方法医療脱毛所要時間VIO脱毛

45分〜

麻酔ありシェービング代金無料

エーレクリニック

エーレクリニック

エーレクリニックの特徴

  • 刺激が少なく肌に優しい介護脱毛
  • VIOのデザイン脱毛ができる
  • 都度払い対応のクリニック

エーレクリニックでは、刺激の少ない蓄熱式脱毛機を採用しています。

蓄熱式脱毛の特徴は、低いエネルギーのレーザーでまんべんなく熱を与えることです。

刺激が心配なVIOの脱毛も、安心して受けられます。

VIO脱毛のデザイン脱毛も行なっています。希望のデザインがあればカウンセリングや施術時に伝えてみましょう。

都度払いにも対応しています。

一度でどれくらいの効果が出るか、お試しで医療脱毛を始めてみたい人へおすすめのクリニックです。

VIO脱毛は10回以上のコースもあるので、希望にあわせて相談してみてください。

VIOセット44,000円(1回)

88,000円(5回)

148,000円(8回)

エーレクリニックの基本情報

クリニック名エーレクリニック店舗数3院
脱毛方法医療脱毛所要時間VIO脱毛

30分〜

麻酔ありシェービング代金3,300円

※Oラインは無料

ジュノビューティークリニック

ジュノビューティークリニック

ジュノビューティークリニックの特徴

  • 熱破壊式/蓄熱式システム搭載の医療脱毛機
  • 強力な冷却システムで刺激をおさえて脱毛できる
  • 刺激に配慮した丁寧な施術

ジュノビューティークリニックでは、熱破壊式と蓄熱式を切り替えるタイプの脱毛機を採用しています。

太くしっかりした毛が生えているVIOは、熱破壊式で照射することで効率の良い脱毛につながるでしょう。

レーザーの照射ヘッドに強力な冷却システムもあるため、刺激を抑えながら脱毛できます。

安心して施術を受けられるように、出力の調整や麻酔の利用、刺激の程度を小まめに確認してもらえるなど、丁寧な施術が自慢のクリニックです。

VIOセット99,500円(5回)

151,240円(8回)

ジュノビューティークリニックの基本情報

クリニック名ジュノビューティークリニック店舗数10院
脱毛方法医療脱毛所要時間記載なし
麻酔ありシェービング代金1,100円/1部位

手の届かないところは無料

TCB東京中央美容外科

TCB

TCB東京中央美容外科の特徴

  • VIO脱毛5回で48,000円の圧倒的コスパの良さ
  • Vライン、Iライン、Oラインを個別に契約できる
  • シニア割・乗り換え割・誕生日特典でさらにお得に介護脱毛できる

TCBではVIO脱毛が5回で48,000円と安いため、介護脱毛にかかる費用を抑えたい人におすすめのクリニックです。

VIOセットの他に、VラインやIラインなど気になる部分だけを脱毛できるメニューもあります。

あまり毛量が気にならない人や、すべて脱毛するのが不安な人は、部分的に脱毛してみてはいかがでしょうか。

IラインやOラインを脱毛するだけでも、快適に過ごしやすくなり、介護する側の負担を大幅に軽くすることができるメリットがあります。

VIO脱毛 クイック18,000円(1回)

38,000円(3回)

48,000円(5回)

VIO脱毛 オーダーメイド32,400円(1回)

126,900円(5回)

199,800円(8回)

※12回コースまであり

Vライン、Iライン、Oライン

(1部位)

12,000円(1回)

47,000円(5回)

74,000円(8回)

※12回コースまであり

TCB東京中央美容外科の基本情報

クリニック名TCB東京中央美容外科店舗数70院
脱毛方法医療脱毛所要時間VIO脱毛

40分〜

麻酔ありシェービング代金2,040円〜/1部位

介護脱毛は白髪になる前の40〜50代のうちに始めるのがおすすめ


40〜50代のうちに介護脱毛をおすすめする理由は、白髪が生える前に脱毛が完了しておくことが理想的だからです。

白髪を脱毛するためには、ニードル脱毛を行うしかありません。

ニードル脱毛は一般的な脱毛に比べると、刺激が強く費用が高い傾向にあります。

そのため、白髪になる前にリーズナブルに介護脱毛をしたい人から注目を集めています。

介護脱毛は、必ずしも必要なものではありません。

しかし介護が必要になった時の衛生面や、介護する側の負担を軽くできることを考えると、メリットが多いです。

脱毛のメカニズム

光脱毛やレーザー脱毛の多くは、「メラニン」という黒い色素に光を反応させ、毛の生える組織を破壊する仕組みです。

そのため、シニアになって体毛が白髪になった部分は脱毛できません。

白髪の生え方には個人差がありますが「介護脱毛」をはじめようと思ったら、はやめに検討し計画的に進めていきましょう!

介護脱毛に必要な回数

もともとの毛量にもよりますが、最低でも3回以上は施術を受ける必要があります。

VIOはしっかりした毛が密集していて、薄くなるまでにある程度の回数が必要です。

施術を受けたあとは一度は毛が抜けますが、次の毛周期の毛がまた生えてきます。

何度か施術を受けるうちに、毛量が減り毛が細くなる効果を実感できるでしょう。

【脱毛サロンの場合】

1〜5回なんとなく毛が薄くなってくる
6〜11回毛が生える間隔が徐々に長くなってくる
12〜18回生えてくる毛が元の状態より細くなる
18回以上しばらく施術を受けなくても、ツルツルの状態が続く

【医療脱毛の場合】

1〜3回毛が生える間隔が徐々に長くなってくる
4〜6回生えてくる毛が元の状態より細くなる
7〜9回しばらく施術を受けなくても、ツルツルの状態が続く
10回以上しばらく毛が生えてこなくなる

介護脱毛の範囲

介護脱毛の範囲は、デリケートゾーン(Vライン・Iライン・Oライン)のことを指します。

Vライン:ビキニライン
Iライン:陰部の両側
Oライン:肛門まわり

介護を受けることを考えると、ハイジニーナと呼ばれるVIOをすべて脱毛するデザインが理想的です。

しかし、「温泉で人目が気になる」「すべて脱毛するのは抵抗がある」という声が多いのも事実です。

そんな方へ向けて、排泄介助のときに邪魔になりやすい、IラインとOラインだけを脱毛する選択肢もあります。

I・Oラインの毛量が減るだけで、ムレやにおい対策にもなるので、普段の生活や介護のことを考え、脱毛する範囲を選ぶといいですね。

介護脱毛の相場

ひと言で介護脱毛と言っても、脱毛サロンと脱毛クリニックのどちらを選ぶかで費用が大きく変わってきます。

相場料金だけを比べると、脱毛サロンの方がリーズナブルです。

【脱毛サロンの介護脱毛相場】

VIO 12回コース125,000円

【脱毛クリニックの介護脱毛相場】

VIO 8回コース150,000円

脱毛サロンが向いている人

  • 永久脱毛できなくても、自己処理が楽になる程度まで脱毛したい
  • 介護脱毛の費用をなるべく抑えたい

脱毛クリニックが向いている人

  • 短期間で効果の出る脱毛をしたい
  • 自己処理がいらないツルツルの肌にしたい

脱毛の目的や、目指す仕上がりによって費用が異なります

予算や脱毛にかかる期間を考慮して、カウンセリングを受けましょう。

介護脱毛に関するよくあるQ&A


介護脱毛はデリケートな部位なので、他人に相談するのは勇気が入りますよね。

「VIO脱毛は恥ずかしい」「シェービングはどうやるの?」といった不安をお持ちの方も多いと思います。

ここからは介護脱毛についてよくある質問についてご紹介していきます。

介護脱毛は自分でできるの?

自分で介護脱毛をすると、費用を抑えられる、他人にデリケートゾーンを見られなくて済むというメリットがあります。

安く簡単におこなえる一方で、どれも長期的な効果は期待できません

除毛クリーム
生えている毛をクリームで溶かす脱毛方法です。生えている毛には効果が出ますが、クリームは毛根までは届きません。

毛を溶かす成分が強いので、肌が弱い人は注意が必要です。

家庭用脱毛器
家庭用脱毛器は、脱毛サロンのように高い出力は出せません。

そのため、効果を実感するまでに時間がかかり、減毛効果も弱いです。

年齢を重ねていくと、自分で脱毛することは難しくなるでしょう。

本格的な介護脱毛を考えているなら、脱毛サロン・医療脱毛がおすすめです。

介護脱毛は保険診療になる?

残念ながら、介護脱毛には保険は適用しません

脱毛は病気の治療ではなく美容目的なので、自由診療に分類されます。

たとえば医療機関である脱毛クリニックで施術を受けても、保険は適用されず全額自己負担になります。

脱毛は効果が高い分、ある程度費用もかかります。

一度にまとまった金額を支払うのが不安な人は、分割払いや医療ローンを活用しましょう。

介護脱毛は恥ずかしい?

デリケートゾーンを見せることに、恥ずかしさを感じるのは当たり前のことです。

施術中は恥ずかしさや寒さ対策で、施術部位にタオルをかけてくれるサロンやクリニックが多いです。

施術はタオルをずらしながら行うので、デリケートゾーンが丸見えになることはほとんどありません。

あらかじめどのような体制で施術するのか、前もって確認しておくと不安を感じにくくなります。

Vライン脱毛の体制Iライン脱毛の体制Oライン脱毛の体制
あお向けで、足を軽く開くあお向けの状態で片方の膝を立てて、外側にたおすうつぶせで、足を軽く開く

部位がうまく見えないと、レーザーが正しく照射できず照射もれに繋がります。

リラックスして施術を受けましょう!

介護脱毛は男性も必要?

男性は女性よりも体毛が濃く太く、毛量も多い特徴があります。

デリケートゾーンの衛生面や、排泄介助の負担を減らせると考えると、介護脱毛は男性にもおすすめの施術です。

VIO脱毛により、デリケートゾーンのムレ・痒み・においなどの肌トラブルも軽減します。普段の生活の中でも快適に過ごせるメリットは大きいです。

男性も女性と同じように、Vラインは残してIラインとOラインだけ脱毛することも可能です。少しでも興味がある人は、カウンセリングで相談してみましょう。

デリケートゾーンのシェービングはどうやるの?

VIOのシェービングは、肌に負担をかけない電動シェーバーがおすすめです。

用意できないときは、安全ガード付きのカミソリも便利です。

①長い毛をシェーバーやカミソリでカットする

いきなり剃ると、毛が絡まりうまく剃れないことがあります。

②肌を傷つけないように、優しくシェービングする

毛の流れに沿ってシェーバーを当てて剃っていきます。

粘膜に近い部分は、皮膚を伸ばしながらシェーバーを当てると剃りやすいです。

IラインとOラインは、鏡を見ながらシェービングすることをおすすめします。

③保湿

シェービングにより、肌がダメージを受けている状態なので、しっかり保湿しましょう。

乾燥していると、脱毛の効果が得られない、刺激を感じやすくなるなどデメリットもあるので、脱毛期間中は必ず保湿を行ってください。

手の届きにくいIラインとOラインは、無料でシェービングをしてくれるサロンやクリニックが多いです。

剃り残しがあった場合のシェービングの料金について、事前にチェックしておきましょう。

まとめ


介護脱毛のメリット・デメリット、必要な料金や回数について解説してきました。

デリケートゾーンを介護脱毛することにより、

①介護する側の負担を軽くできる
②肌トラブルを予防できる
③肌を清潔に保てる

というメリットはとても大きいです。

脱毛した後は元に戻せない、刺激があるといったデメリットもありますが、将来の介護に備えて準備を始めてみませんか。

介護脱毛というとVIOが一般的ですが、介護を受けるときにワキや体のムダ毛を見られてしまうのは何歳になっても恥ずかしいですよね。

キレイモは全身脱毛専用サロンです。

VIOだけでなく全身丸ごとお手入れできます。刺激の少ない脱毛器と認定エステティシャンの高い技術で、キレイのお手伝いをしています。

キレイモでは最新の国産脱毛器を使用しています。

刺激が少ないので、冷却ジェルを使わずにスピード照射が可能です。

他の人に相談しにくい介護脱毛の不安や疑問、アンダーヘアのデザインにお悩みの方は、ぜひキレイモの無料カウンセリングにご相談ください。