脱毛の施術でワキ汗が増える?汗が増えたと感じる理由を解説

contents

脱毛後にワキ汗が増えることはある?

脱毛によってワキ汗の量が増えることはありません。

脱毛後にワキ汗の量が増えたと感じることもあるかと思いますが、脱毛と発汗の関連は、現在医学的に証明されていません。

脱毛後にワキ汗が増えたと感じる理由

ワキ毛を脱毛することでムダ毛がなくなり、これまで毛が保水していた分の汗を直に感じるようになります。これが脱毛後にワキ汗が増えたと感じる理由です。ワキ毛にはワキ汗の流れを止める作用や、毛に沿って汗を流し、汗を肌に付着させないようにする働きがあります。ワキはもともと汗をかきやすい部位のため、汗を止める役割を果たしていた毛がなくなったり、汗が肌に残ることで、「汗の量が多くなった…」と感じることがあります。

ワキ毛を脱毛するメリット

ここからはワキの毛を脱毛することによって得られるメリットをご紹介します。メリットは「自己処理によるお肌ダメージの軽減」「ワキのニオイを解消できる」という2つの点が挙げられます。

自己処理によるお肌ダメージの軽減

ワキのムダ毛を自己処理している方は多いのではないでしょうか。「カミソリで剃る」「毛を抜く」「脱毛クリームで除去する」など、自己処理にも様々な方法があります。しかし、どの方法も「お肌の黒ずみ」「肌荒れ」「埋没毛」などの肌トラブルの原因になります。

脱毛サロンで脱毛をすれば、ムダ毛の自己処理を行う必要がなくなり、お肌へダメージを与えずに済むため、肌荒れのリスクを抑えることができます。

ワキのニオイを解消できる

ワキにも汗腺があるため汗が出ます。ワキに毛が生えていると汗が溜まりやすくなるため、嫌なニオイの原因になります。

ワキの毛を脱毛しておけば、気になるニオイの心配をする必要がなくなるとともに、清潔感もキープできます。

脱毛でワキ汗、ニオイは軽減する!

脇のニオイの原因は「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から出る汗です。アポクリン腺から出る汗には多くの皮脂や老廃物が含まれており、これらが皮膚に常在する細菌の働きで分解されて不快なにおいの原因となります。

ワキが汗をかきやすい理由のひとつは、ワキの下にある「腋窩」という熱を帯びやすいくぼみです。放熱を促すために、アポクリン腺と、全身に存在する「エクリン腺」の2つの汗腺から多くの発汗が起こります。

腋窩には毛が密集して生えているため表皮の温度が下がりにくく、蒸れてさらに発汗量が増加。出た汗は毛穴にたまった皮脂や汚れと混じり合い、皮膚の常在菌によって分解され、同時にイヤなニオイが発生します。

ワキを脱毛して毛が無くなると表皮の温度が下がりやすくなって発汗量が減少し、毛穴の皮脂汚れと汗が混ざり合うことも少なくなるため、常在菌のはたらきが抑えられます。その結果、発生するニオイが軽減するのです。

脱毛後のワキ汗が気になるときの対策

ワキの脱毛後は、汗が毛に溜まらずにダイレクトに肌を濡らすため不快に感じたり、服への染み込みが気になったりすることが考えられます。

以下で紹介する効果的な汗対策を行なえば、脱毛後のワキ汗のストレスを軽減することも可能です。

制汗グッズを使う

拭き取り式の使い捨てシートや制汗剤で汗に対処します。すぐに汗を抑えたいときに、もっとも即効性がある方法です。

気軽に使えるスプレータイプや、気になる部位にダイレクト届くロールオンタイプ、直接肌に塗り込むクリームタイプなど用途や好みに応じて選べるのがメリット。

拭き取りシートにはデオドラント効果に加え制汗効果がある商品もあります。

脱毛直後の肌は敏感になっているため、施術後2~3日は制汗グッズの利用は控えたほうがよいでしょう。

ワキ汗用のパッドを使う

制汗剤の肌への影響が不安な人には、かいた汗を吸い取ってくれる汗取りパッドがおすすめです。

パッドを使用すれば、汗で服に汗ジミができることを防げるうえ、濡れた服が皮膚に触れる不快感を覚えずに済みます。

また、汗を吸い終わったパッドを確認して、実際にかいた汗の量が少なければ「意外に汗をかいてないんだな」と安心できるでしょう。

バッグやポケットに予備を入れて、汗を吸い切ったパッドとこまめに交換すれば外出中も快適に過ごせます。

ボトックス注射を打つ

制汗グッズや汗取りパッドを使うのが面倒な人や不安な人には、ワキへのボトックス注射がおすすめです。ボトックス注射は、天然のたんぱく質を精製した薬を脇の下に注入して、汗そのものを出にくくする施術です。

汗腺そのものを取り除く手術とは違い永続的な効果はありませんが、3~6か月程度は制汗効果が持続します。もっとも汗をかく夏場前に治療を行うと効果的です。

また、 症状によっては保険診療(3割負担)での治療が可能な場合もあります。

ワキ脱毛ができる脱毛サロン3選

ワキ脱毛に対応可能な脱毛サロンを厳選して3つ紹介します。

サロンによって店舗数や施術方法、脱毛機器などのさまざまな違いがあるので、自分のライフスタイルやニーズに合ったサロンを選びましょう。

ディオーネ

ディオーネ

ディオーネは、全国に111店舗(2022年10月現在)を展開する脱毛サロンです。技術水準は高く、施術による肌トラブルは創業以来ゼロ件の実績を誇ります。

ディオーネでは、すべての店舗で「ハイパースキン脱毛法」を採用しています。痛みや肌への負担が少なく、美肌・美白効果も期待でき、ワキのほか顔、VIOをはじめとする全身脱毛にも最適な脱毛方法です。

毎回の施術の都度、お肌の状態をチェックしてくれるので安心して施術を続けられます。

1パーツから好きな部位を選べて、気になる部位から気軽に始められるのもうれしいポイント。また、肌質が理由で他店で施術を断られてしまった方でも施術可能なケースがあります。不安な方は無料のカウンセリングで相談するとよいでしょう。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは、全国に店舗を展開する業界大手の脱毛サロンです。店舗間の移動が自由なので、転勤や就職などで引越した場合でも安心。

脱毛方式には、痛みがほとんどない先進の施術「S.S.C.iPS care」方式を採用しています。鎮静効果の高い美容液「iPトリートメントエッセンス」を使用することにより、美容脱毛としては最大級のレベルでの脱毛効果が実感できます。

さらに、S.S.C.iPS care方式はニードル式やレーザー式に比べて施術スピードも大幅にアップ。1秒間に約200本・両ワキなら3分での施術が可能です。

リーズナブルな料金設定に加え、完了保証コースや最安値保証制度なども充実。施術終了まで安心して通えます。

ストラッシュ

ストラッシュ

ストラッシュは「高品質なのに低価格の脱毛」を掲げる脱毛サロンです。シンプルで分かりやすい料金体系と、独自の予約管理により最短2週間から1ヶ月という予約の取りやすさを実現しています。気になる部分やデリケートな部分のムダ毛など、話しにくい悩みも女性スタッフなら安心して相談できます。

脱毛方式には、痛みの軽減を追求し、施術時にほとんど痛みがないといわれる「SHR脱毛」を導入。痛くて過去に脱毛を断念した方でも安心して脱毛できます。

他のサロンでは対応できないうぶ毛などのケースでも、顔など毛が細く薄い箇所にも反応させられるためしっかりとムダ毛の処理を行うことが可能です。

脱毛後のワキ汗に関するQ&A

ワキ汗がにおう原因は?

ワキ汗のニオイの原因は、皮膚に存在する常在菌のはたらきです。

汗そのものにニオイは無く、常在菌が汗と皮脂を分解することでニオイが発生します。

皮脂などを含んだニオイの元となる汗を分泌するアポクリン汗腺がワキに多く分布しているのも、ワキがニオイやすい原因の1つです。

さらに、普段は腕で閉じられているワキは通気性が悪く蒸れやすい部位であるため、より常在菌が繁殖しやすい環境であるとも言えます。

ワキ汗が出やすい体質はある?

ワキの下は汗腺が多く、汗を多くかきやすい部位です。ワキ汗をかきやすい体質の人は、家族にも同じ体質の人がいる場合が多く、遺伝的な要因も考えられます。

また、日常生活に支障が出るほど多量のワキ汗が出る場合は「腋窩多汗症」という病気の可能性もあります。ワキのほか、手のひらや足の裏、額などの汗腺が密集している部位の発症が多く見られ、手術による治療が一般的です。

キレイモのワキ脱毛について

キレイモでもワキ脱毛を行っています。キレイモは全身脱毛専門サロンのため、ワキを含めた全身の脱毛が可能です。脱毛のなかでもワキは人気部位のため、ワキをキレイにしながら全身の毛を脱毛したい方におすすめです。

ワキのみなど部位ごとに脱毛できるサロンもありますが、1つの部位を脱毛してキレイにすると他の部位の毛も気になるようになり、他のパーツを追加で購入して脱毛する方がほとんどです。部分脱毛を繰り返すと結果的に費用がかさんでしまうため、はじめから全身脱毛を選択する方が総額として安く済みます。

キレイモの全身脱毛は、来店から退店まで約90分と、スピーディな脱毛が可能です。お仕事で忙しい方や、家事や育児で時間が限られている方も安心してお通いいただけます。

また、キレイモでは先進の国産脱毛機を使用しているため、光脱毛の中でも痛みを最小限に押さえた施術が可能です。冷却ジェルも不要な脱毛マシンのため、施術中の寒さや、ジェルのぬるぬるした不快感もありません。

ワキの気になるニオイを抑え、自己処理の手間を省くことができるワキ脱毛。お肌トラブルなくキレイなお肌を目指したい方は、ぜひキレイモまでお越しください。