アイキャッチ

ワキやVIOなど太く濃い毛に比べて、顔や背中に生えている産毛の脱毛は難しいといわれています。なぜでしょうか?

実は、サロン脱毛や医療脱毛で使っている脱毛器の特徴に答えがあるんです。脱毛器は、黒い「メラニン色素」に反応して熱を加える性質があるもののため、色の薄い産毛には効果が薄いといわれています。

でもせっかく脱毛するなら「産毛もしっかり脱毛したい」そうお悩みの方もいらっしゃいますよね。

今回は、産毛を脱毛するのに必要な回数や期間、産毛脱毛に自信を持つサロンとクリニックをご紹介します。産毛の性質をよく知って、脱毛に役立ててくださいね。

産毛を脱毛しているのになかなか効果が出ないとおなやみの方も是非参考にしてみてください。

産毛脱毛は効果がないと言われている理由

女性の後ろ姿

産毛脱毛は効果がない、難しいと言われている理由は、産毛の色素と脱毛器の相性にあります。

 脱毛器はメラニン色素に反応して熱を発生させ、毛根や毛のうにアプローチするため、色の薄い産毛は苦手とされています。

反対に、ワキやVIOなどの濃く黒い毛は脱毛器が得意としている部分です。

産毛は顔や腕、足、背中などにたくさん生えていますが、遠目から一見すると生えていることに気づきません。それほど色素が薄く、遠目からパッとみて「黒い毛」が生えているとはわかりづらいのです。

脱毛器にも得意不得意があるんですね。産毛は色が薄いから難しい、と覚えておく必要があります。

産毛脱毛に必要な回数と期間は?

ワキやVIOよりも難しい産毛脱毛。では、産毛は全く脱毛できないのでしょうか?そんなことはありません。

時間はかかりますが、産毛も脱毛することができます。産毛をしっかり脱毛するのに必要な回数と期間がどれくらいなのか、サロンと医療脱毛に分けて解説していきます。

サロン脱毛の場合

キーボードとタブレット

サロン脱毛で産毛を脱毛する場合、医療脱毛の倍以上の期間と回数がかかるといわれています。医療脱毛では5〜8回で脱毛が完了すると言われていますので、倍となると10回〜16回以上かかる計算です。

 サロン脱毛では、医療脱毛に比べて使える脱毛器のパワーが低いのが回数を必要とする理由です。

体に永久的な変化をもたらす医療行為を行えないサロン脱毛では、弱い出力の脱毛器しか使用できません。弱い出力の脱毛器では、脱毛を実感するまで時間がかかります。

サロン脱毛の中には2週間に1回のペースで通えるところもあるので、期間的には短く済む場合もあります。

医療脱毛の場合

聴診器とペン

医療脱毛はサロン脱毛より高出力な脱毛器を使用することができます。医療機関のみが使える強い出力での脱毛器は、8回程度で脱毛を実感することができるようになっています。

ただし、毛周期に合わせて脱毛に通う必要があるのが難点です。毛周期に合わせて医療脱毛に通うと、8回では約2年必要となります。

サロンより期間はかかりますが、回数は少ないのが医療脱毛の特徴です。サロンと医療脱毛どちらがいいかは、脱毛を検討している方のお好みによります。

回数や期間、料金などを比較して、どちらが自分に合っているか選びましょう。

出典:https://se-ec.co.jp/find_best/datsumou/column/useful/medical-hair-removal-effective/

産毛脱毛に効果的な脱毛方式で選ぶ

脱毛器の中には、産毛脱毛を得意とする機能を持つ脱毛器があります。産毛脱毛を得意とするのは毛根ではなく毛のうにアプローチするタイプの機種です。医療レーザー脱毛にもサロン脱毛にもそれぞれ機械があります。

医療レーザー脱毛で産毛脱毛に使用される「ダイオードレーザー蓄熱式」と、サロン脱毛で産毛脱毛を得意とするSHR方式について、解説していきます。

医療レーザー脱毛:蓄熱式

ダイオードレーザー蓄熱式

医療レーザー脱毛には、蓄熱式と熱破壊式が存在しますが、産毛を得意とするのは蓄熱式の脱毛器です。蓄熱式脱毛器というのは、毛根ではなく毛のうのバルジ領域にアプローチする脱毛器のことをさします。

熱破壊式脱毛器とは、毛根に直接アプローチし、毛根のメラニン色素に反応して脱毛を行っていきます。

 熱破壊式はメラニン色素に対して自信があるタイプですが、蓄熱式は毛に栄養を与えるバルジ領域にアプローチするため、毛の色を選びません。

よって、色素の薄い産毛でも、熱破壊式より蓄熱式のほうが脱毛するのが得意といえます。

サロン脱毛:SHR方式

IPL脱毛

サロン脱毛で使用する脱毛器にも、産毛を得意とする脱毛方式があります。産毛を得意とするのはSHR方式脱毛器で、IPL方式と比較されることが多いです。

IPL方式は医療レーザー脱毛の熱破壊式と同じく、毛根のメラニン色素にアプローチします。

 一方、SHR方式は蓄熱式脱毛器と同じく毛のうのバルジ領域にアプローチするため、毛の色が薄くても脱毛を実感できるのです。

SHR方式は、医療レーザー脱毛の蓄熱式と似ている、と覚えておきましょう。

脱毛の方式によって得意不得意があるので、産毛を脱毛するときは産毛を得意とする脱毛器を選ぶ必要があります。

産毛を脱毛する3つのメリット

産毛をしっかり脱毛することのメリットとして、主に以下の3点があげられます。

産毛脱毛のメリット
  • 肌がキレイになり毛穴が引き締まる
  • 自己処理の手間、時間が減る
  • 肌トラブルを起こしにくくなる

1肌がキレイになり毛穴が引き締まる

メイクをする女性

産毛の脱毛を行うと、肌がワントーン明るく見えます。毛穴から出ていた黒い毛がなくなることにより、肌から黒いドットのモザイクが消えたような状態になるのです。

 また、毛穴を塞いでいた毛がなくなることで、毛穴が締まるという点もメリットとしてあげられます。

結果的に肌がキレイになり、美肌で色白の人に見えるようになるんです。美白ケアをしたい人にも産毛脱毛はおすすめといえます。

出典:https://cuebic.co.jp/your_select/epilation/ep004

2自己処理の手間、時間が減る

産毛があると肌のトーンが暗く見えることがわかりました。では裏を返せば、自己処理をしていれば明るい肌を保てるということですが、自己処理をしつづけるのは時間と手間がかかります

 脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛を行ってしまえば、産毛を頻繁に自己処理する必要がなくなる点がメリットです。

全身の産毛を処理するのは、意外と面倒なもの。特に背中やおしりなどは、自分では手がとどきません。

サロンやクリニックによっては、剃毛サービスがついている場合もあるので、今まで自己処理に使っていた時間を別の時間として有意義に使うことができますよ。

3肌トラブルを起こしにくくなる

カプセルタイプの薬

産毛が気になるからと自己処理を続けていると、肌トラブルの原因となります。産毛の自己処理にはどうしても剃刀を使う必要が出てくるためです。

 剃刀を使うと、剃刀負けをする可能性も。剃刀負けしたところから雑菌が入り、肌が毛のう炎などを起こしてしまうケースも考えられるでしょう。

このような肌トラブルを予防するためにも、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。

産毛脱毛には硬毛化・増毛化のリスクがある?

産毛脱毛にはデメリットがないとも言い切れません。ごくまれに、硬毛化(産毛がかえって太くなってしまうこと)や増毛化(毛の量がかえって増えてしまうこと)のリスクもあります。

 硬毛化・増毛化がなぜ起こってしまうのかというメカニズムは、今のところわかっていません。

しかし、硬毛化・増毛化の副作用が起こってしまうのは100人に一人だと言われています。

1%の確率で起こることを多いか少ないか、どちらととらえるかは脱毛を受ける人の判断によります。1%であれば産毛脱毛を受けてみることにメリットの方が多い数字かもしれませんね。

産毛脱毛におすすめ脱毛サロン

1ストラッシュ

ストラッシュ
おすすめポイント
  • SHR脱毛で2週間に一度通うことができる
  • エレクトロレポーションという美容技術で脱毛しながらキレイに
  • ホームケア脱毛器をプレゼントしてくれるキャンペーンも

ストラッシュは、SHR脱毛を行なっている脱毛サロン。SHR脱毛は毛のうにアプローチするので、毛の色の濃さにかかわらず脱毛していくことが可能です。

また、エレクトロレポーションという電気の力を使った美容技術で、脱毛をしながら美肌を叶えていくこともできちゃいます。顔脱毛を行う際に、美肌ケアも一緒にできるというのは嬉しい限りですね。

ストラッシュの顔脱毛プラン例

脱毛部位 回数 金額
顔脱毛コース 6回 52,980円(税込)

ストラッシュの顔脱毛には6回、12回、完了コースがあります。顔脱毛では、こめかみからアゴ下まで脱毛範囲となるので、顔がパッと明るく見えるようになるでしょう。

6回は一括払いだと52,980円のお支払いになりますが、信販会社を利用したクレジット払いなら月々1,200円から顔脱毛を始められます。ちょっと高いランチをするくらいのお値段で顔脱毛できるのは嬉しいですね。

全身脱毛もお得な料金で受けられるキャンペーンがあるので、気になる方はチェックしてみてください。

基本情報(2022年4月20日現在)

サロン数 56店舗
来店間隔 最短2週間に1回
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話・LINE

2ラココ

ラココ
おすすめポイント
  • 最新のルミクス脱毛で脱毛を行える
  • 痛みが少なく、デリケートな肌にも優しい
  • 日焼け肌や敏感肌でも照射できる

ラココはルミクス脱毛を行なっている脱毛サロンです。ルミクス脱毛とは、最新のルミクス脱毛器を使ったSHR脱毛のことをさします。

 ラココの脱毛は痛みを軽減する工夫がされているのが特徴。顔はデリケートな部分なので、脱毛の際に痛みが少ないのは嬉しいポイントです。

1秒間で10ショットの連写ができるので、背中などの広い範囲の脱毛もスピーディーに完了します。時間が短縮されれば、予約も取りやすく、すきま時間に気軽に脱毛に通えますね。

ラココの顔脱毛料金プラン例

脱毛部位 回数 金額
オーダーメイド脱毛コース 50回 118,989円(税込)

ラココには顔脱毛というコースはありません。オーダーメイド脱毛コースの中から、自分のやりたい顔の部位を選んでいきます。

オーダーメイド脱毛コースは全身51部位の中から回数や施術箇所を決めて脱毛していく脱毛プランです。

顔もいくつかの部位に分かれており、ひたいや鼻など、自分の脱毛したい部分だけを脱毛することができます。

小鼻周りだけ気になっている、など、細かくオーダーしたい人には嬉しい脱毛プランですね。

基本情報(2022年4月20日現在)

サロン数 88店舗
来店間隔 最短1ヶ月に1回
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

まとめ

ここまで、産毛脱毛について解説を行いました。産毛脱毛は効果がないとよく聞くかもしれませんが、脱毛の仕組みや使用する脱毛機の特徴を理解しておくことで、それは間違いということがわかります。

どの脱毛方法でも効果は実感できますが、早く効果を実感したい場合は、サロン脱毛であればSHR脱毛、医療レーザー脱毛であれば蓄熱式を選ぶのがおすすめです。

硬毛化・増毛化のリスクも完全にないとは言い切れない産毛脱毛ですが、心配な方は実際にカウンセリングで相談してみましょう。まずは気になるサロンやクリニックをよく調べて、自分にあった場所で脱毛を行ってください。

産毛はあまり目立たないように思われますが、ケアするだけで印象がだいぶ変化しますよ。
・本記事は、いかなる企業や団体等の見解を代表するものでもありません。
・本記事は、その内容についていかなる保証をするものでもありません。
・記事内で紹介されている製品やサービスなどについてご不明点などがある方は、当該製品やサービスなどの公式サイトや、メーカーなどへのお問い合わせにてご確認をお願いいたします。
・記事内で紹介している製品やサービスなどについての情報は、記事の作成または更新時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。
おすすめの記事