医療脱毛 痛み

自己処理がほぼ不要になり、肌がキレイに見える医療脱毛。興味はあるけど、「痛みに抵抗がある」「耐えられる痛みか心配」と感じている方もいるかもしれません。

中には、特に痛みが強い部位や、痛みを軽減する方法を知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事でわかること

  • 医療脱毛が痛い理由
  • 脱毛時の痛みの軽減方法
  • 痛み軽減の工夫がされているクリニック

本記事では、医療脱毛の痛みについて解説します。脱毛が痛い理由や、痛みを減らす方法、痛みを感じにくい機械などについても説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

痛みを少なくする工夫をしているおすすめクリニックも紹介しています。

医療脱毛で痛みを感じる理由は?

医療脱毛に限らず、脱毛時には多少の痛みを伴うもの。痛みを感じる理由は、使用しているレーザーの仕組みにあります。

 レーザーはメラニン色素に反応して、毛根部分の発毛組織を破壊することで脱毛効果を発揮しています。

照射時、毛乳頭に働きかける熱の温度はなんと250℃以上。肌に直接作用するものではありませんが、毛根で発生した熱が周辺の皮膚に伝わることが痛みの原因です。

サロン脱毛の場合の熱は約70℃といわれているので、3〜4倍もの熱量があることがわかります。医療レーザーの方がパワーが強いため、その分痛みを強く感じやすいです。

一般的には”肌を輪ゴムで弾かれたような痛み”と表現されることが多いです。

照射方式によって痛みが異なる

医療脱毛の照射方式は大きく分けて「熱破壊式」と「蓄熱式」があります。このうち、痛みが強いのは「熱破壊式」といわれています。それぞれの特徴について解説していきます。

関連記事

熱破壊式

熱破壊式 特徴

熱破壊式は、ムダ毛の元となる毛乳頭・毛母細胞をターゲットにした脱毛方式。メラニン色素に反応するレーザーなので、ワキやVIOなどの剛毛部分に高い効果が期待できます。

 単発式やショット式とも呼ばれ、輪ゴムでパチパチと弾かれるような痛みと例えられることが多いです。

蓄熱式と比べると痛みは強くなりますが、照射回数は少なく済みます。メラニン色素に反応するという特性上、日焼け肌や色黒肌には照射ができない場合もあります。

頑固な毛に悩んでいる方や、できるだけ早く脱毛効果を実感したいという方にもおすすめです。

蓄熱式

蓄熱式

蓄熱式は、毛根の浅い部分にある毛を生やすための指令を与えている「バルジ領域」という部位がターゲット。発毛の命令が出せなくなることで、次に生えてくる毛を抑制できます。

 比較的弱いエネルギーでじわじわと熱を加えるので、急激な温度上昇はなく、熱破壊式と比べると痛みはマイルドです。

低出力のため肌に優しく、施術後の赤みや腫れ、やけどといった肌トラブルのリスクも少ないといわれています。色素の薄い産毛や細い毛にも効果が期待できるでしょう。

今生えている毛ではなく、これから生えてくる毛を抑制するため、効果の実感には時間がかかります。

痛みを感じやすい人の特徴

医療レーザー脱毛で痛みを感じやすい人には特徴があります。それぞれ痛みを感じやすい状況や特徴について詳しく解説していきます。

痛みを感じやすい人の特徴

1日焼けしている

日焼けした肌は、紫外線によるダメージを受けて炎症を起こしている状態になります。

 紫外線のダメージを受けた肌に脱毛のレーザーを加えると、いつもより強い痛みを感じる可能性が高いです。

日焼けによって肌自体にメラニン色素が生成されていると、ムダ毛がない部分にもレーザーが反応してしまいます。必要以上に照射が行われてしまうことで、痛みを強く感じるでしょう。

日焼けの程度によっては、脱毛を断られてしまうことも考えられます。

2生理中など敏感肌になっている

お腹をおさえる

生理中でもデリケートゾーン以外の脱毛は可能ですが、ホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になるため痛みを強く感じやすくなるので注意が必要です。

 他にも睡眠不足やストレスなど、ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因となる行動はいろいろ考えられます。

少しでも痛みを軽減するためにも、普段の生活習慣を見直したり、生理のサイクルを把握した上で肌の調子がいい時に行うようにしましょう。

3乾燥肌

肌の保湿が十分でなく、乾燥している場合も脱毛の痛みを感じやすくなります。乾燥した肌はバリア機能が低下しており、肌トラブルのリスクも高くなるので注意してください。

 レーザーの熱を吸収してくれる水分が足りないと、皮膚内部の細胞に刺激が伝わりやすくなるのが原因です。

日頃からしっかりと保湿を行い、肌のバリア機能を高めておきましょう。保湿することで、乾燥による肌トラブルのリスクを軽減したり、脱毛効果のアップも期待できます。

痛みを感じやすいといわれている部位

脱毛では、痛みを特に感じやすいといわれている部位があります。痛みを特に感じやすい部位の特徴について解説していきます。

痛みを感じやすい部位

1ワキやVIOなど毛が濃く太く、密集した部位

ワキやVIOといった、毛が太く密集している部位は痛みを感じやすいです。メラニン色素に反応するレーザーの場合、黒ずみがあると痛みが強くなります。

 特に痛みが強いといわれているのはIライン。粘膜に近く痛みに対して敏感であり、摩擦が発生しやすく黒ずみが生じやすいことが原因です。

はじめは痛みを苦痛に感じてしまうかもしれませんが、回数を重ねて毛量が減っていけば、痛みも感じにくくなるでしょう。効果の実感も早く感じられるといわれています。

痛みの感じ方には個人差がありますが、耐えられないと思ったら出力を下げてもらいましょう。

2顔などの皮膚がうすい部位

脱毛の痛みを感じやすいといわれている部位の特徴のひとつが、皮膚が薄く骨に近い部位。特に顔は、皮膚が薄いことに加えて、毛質も関係してきます。

 顔の産毛は薄いため、レーザーの出力が高くないとあまり効果を実感できません。出力の高いレーザーをあてれば、当然痛みも強くなります。

そうはいっても、施術範囲は狭く、痛みを感じる時間は少ないです。パワーにもよりますが、我慢できないほどの痛みということはないので、そこまで心配はいらないでしょう。

痛みの軽減対策がされているクリニックおすすめ5選

1フレイアクリニック

FREY-Aクリニック

おすすめポイント
  • ダイオードレーザーの蓄熱式脱毛を採用
  • 3種類のハンドピースを使い分けることでスピーディーに脱毛
  • 麻酔クリームの処方を無料で対応
  • 最大6万円OFFの学生プランを用意

フレイアクリニックは、ダイオードレーザーの蓄熱式脱毛を採用。冷却装置がついているため、照射と同時に肌を冷やし、炎症や火傷の発生のリスク低減につなげています。

 照射面積の異なる3種類のハンドピースを使用。広範囲の施術から、顔などの細かな部位まで丁寧な照射がスピーディーに受けられます。

麻酔クリームの処方や、施術当日のキャンセル(1回まで)が無料。急な体調不良や生理が来た時にも、追加料金や回数消化のペナルティがないので安心です。

フレイアクリニックの料金プラン例

全身脱毛セット 5回
プラン 月々(税込) 総額(税込)
一般 2,900円 173,800円
大学生、専門学生 2,800円 168,800円

フレイアクリニックの料金プランは、中高生・大学、専門学生・一般と分けられているのが特徴。学生のうちに契約すれば、卒業後も割引料金のまま通院できるのでお得感があります。

さらに、乗り換え割やペア割などの割引も併用可能。分割払いもできるので、医療脱毛は高いと諦めてしまった方も、一度無料カウンセリングで話を聞いてみましょう。

分割払いにすれば、毎月の負担少なく医療脱毛に通うことができますよ。

基本情報(2022年5月11日時点)

クリニック数 13院
来院間隔 最短2ヶ月に1回
脱毛機 メディオスターNeXT PRO
メディオスターモノリス
割引 のりかえ割:3,000円割引
ペア割:10,000円割引
学生プランあり
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

2リゼクリニック

リゼクリニック
おすすめポイント
  • 創業10年、症例数100万件突破の実績※1
  • 毛質、肌質に合わせて4種類の脱毛機を使い分け
  • キャンセル料やシェービング料が無料!※2

リゼクリニックは開院10周年、症例数100万件を突破した実績のある医療脱毛クリニックです。効果を最大化するため、4種類の脱毛機を一人ひとりに合わせて使い分けています。

 追加料金のかかることの多い、予約変更やキャンセル料、剃り残しのシェービング代が不要なので安心です。

全国に展開しており、契約したクリニック以外でも手続きなしで自由に予約が取れます。会社帰りやショッピングのついでなど、脱毛スケジュールが立てやすいのは嬉しいポイントです。

リゼクリニックの料金プラン例

プラン名 月々(税込) 総額(税込)
全身+VIO+顔 5回 5,700円 288,000円

リゼクリニックではキャンペーンを開催中。はじめて契約する方に「だれでも割」として、顔・VIOを含めた全身脱毛を通常料金から10万円OFFで受けることができます。

コース終了後は、契約に含まれる部位を都度払いで何度でも、定価の半額以下で脱毛可能。満足するまで負担少なく通うことができるので、無駄がありません。

全身脱毛から細かい部分脱毛まで、細かいプランが豊富に用意されています。

基本情報(2022年5月11日時点)

クリニック数 24院
来院間隔 身体で8週間に1回
顔で6週間に1回
脱毛機 ラシャ
メディオスターNeXT PRO
ライトシェアデュエット
ジェントルヤグプロ
割引 学割:20%OFF
ペア割:10%OFF
のりかえ割:10%OFF
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

リゼクリニック公式サイト

料金プラン

料金:総額は割引を適用した金額。月々の料金は60回払いの場合の金額です。

※1 公式サイトの文言です。

※2 シェービング代無料は剃り残しに対するサービスです。照射予約日前日に全ての部位を自分で処理しておく必要があります。

3リアラクリニック

リアラクリニック
おすすめポイント
  • 金髪や日焼け肌にも照射が可能
  • 冷却口と照射口が一体型なので、スピーディーに脱毛完了
  • 家にいながらLINEで無料カウンセリングが受けられる
  • 予約キャンセル料、カウンセリング料が無料

リアラクリニックは医療脱毛だけでなく、ハイフや痩身も行っている美容クリニック。ドア付きの完全個室な空間で、リラックスしながら施術を受けることができます。

 予約日に急な予定で施術が受けられなくなっても安心のキャンセル料無料。無駄な追加料金の心配がいりません。

すべての院が、最寄駅から徒歩5分以内と好立地。雨など天気が悪くてもアクセスがよく、買い物などにも便利な場所にあるので、予定が立てやすいのも嬉しいポイントです。

リアラクリニックの料金プラン例

プラン名 月々(税込) 総額(税込)
リアラ式全身脱毛5回コース 1,800円 93,500円

リアラクリニックは全身から部位別など細かくプランが分かれています。リアラ式全身脱毛は、ひじ下やひざ下、手の甲や指など、人目につきやすく気になる部位だけを脱毛できます。

月々1,800円〜受けることができるので、費用を抑えたい方におすすめのプランです。気になる部位が複数ある場合は、無料カウンセリングでオーダーメイドのプランを作ってみましょう。

割引制度も豊富に揃っているので、一度見積もりを出してもらうことをおすすめします。

基本情報(2022年5月13日時点)

クリニック数 7院
来院間隔 最短1ヶ月に1回
脱毛機 メディオスターNeXT PRO
割引 学割:最大45,000円
ペア割:最大20,000円
乗り換え割:最大20,000円
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

リアラクリニック公式サイト

料金プラン

料金:月々の料金は、60回払いの医療ローンで支払った場合の金額です。

4レジーナクリニック

レジーナクリニック
おすすめポイント
  • 熱破壊式と蓄熱式の脱毛機を毛質、肌質によって使い分け
  • WEBでカウンセリングが受けられるので来院の必要なし
  • 痛みが不安な方でも安心の麻酔代無料サービス

レジーナクリニックは、熱破壊式と蓄熱式の2種類の脱毛方式を採用しているクリニック。脱毛部位の肌質や毛質に合わせて使い分けるので、痛みへの配慮も可能です。

 明瞭な料金体系も魅力のひとつ。麻酔代や予約キャンセル料、シェービング代など脱毛料金以外の費用が発生しません。

会社や家の事情で来院が難しい場合は、オンラインカウンセリングも可能。LINEで簡単に脱毛コース診断も受けられるので、脱毛の支払いイメージも沸きやすいでしょう。

レジーナクリニックの料金プラン例

プラン名 月々(税込) 総額(税込)
全身脱毛ライト 5回 4,700円 207,900円

レジーナクリニックは、全身脱毛から部位脱毛まで細かくコースが分かれているので、オーダーメイドで脱毛プランを立てることができます。

回数は1回、5回、8回から選択可能。5回、もしくは8回の施術完了後にまだ気になる箇所がある場合は、通常の1回料金の半額で施術を受けることができるので、お財布にも優しいです。

転院手数料もかからないので、引っ越しや転勤があっても通い続けられるでしょう。

基本情報(2022年5月11日時点)

クリニック数 22院
来院間隔 最短2ヶ月に1回
脱毛機 ジェントルレーズプロ
ソプラノチタニウム
ソプラノアイスプラチナム
割引
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

レジーナクリニック公式サイト

料金プラン

料金:60回払いの医療ローンで手数料込みのお値段です。

5エミナルクリニック

エミナルクリニック
おすすめポイント
  • 蓄熱式+熱破壊式を使い分けできる脱毛機を採用
  • ハイフも受けられるプラン有り
  • 最短1ヶ月に1回のペースで施術可能
  • 全身脱毛5回の料金で6回受けられるキャンペーン中

エミナルクリニックは、全国50院以上展開しているクリニック。最短1ヶ月に1回のペースで脱毛が受けられて、蓄熱式と熱破壊式を使い分けできる脱毛器を採用しています。

 脱毛器の照射スポットを強力冷却することで痛みを軽減。連続照射なので施術スピードも速いことが特徴です。

脱毛プランによっては、医療ハイフが受けられるものも。選択肢が幅広いので、小顔やリフトアップにも効果があるという女性におすすめといえます。

エミナルクリニックの料金プラン例

プラン名 月々(税込) 一括料金(税込)
全身+VIOプラン
5回+1回
2,980円 174,900円

エミナルクリニックは、全身脱毛(顔・VIO無)5回コースの値段そのままで、66,000円相当のVIO脱毛と1回分追加(全身+VIO)の計6回受けられるキャンペーンを実施中です。

もし、5回で満足した場合は、残りの1回を医療ハイフに変更可能なので、悩みに合わせて選べる自由さが魅力。お得な料金で受けられるチャンスを逃さないようにしましょう。

一部プラン料金が対象外となる地域もあるので公式サイトで確認してください。

基本情報(2022年5月11日時点)

クリニック数 53院
来院間隔 最短1ヶ月に1回
脱毛機 クリスタルプロ
割引 お友達紹介割
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

エミナルクリニック公式サイト

料金プラン

料金:月々の料金は医療ローン60回払いの場合の金額(頭金55,000円、初回3,070円、2回目以降2,980円)総額233,890円。下記エリアでは「全⾝脱⽑+VIO」は240,900円(一括払)ですのでご了承ください。⻘森、盛岡、福島、群⾺、茨城、栃⽊、岐⾩、三重、兵庫(姫路院)、和歌⼭、福岡(小倉院、久留米院)、⼤分、熊本、宮崎、⿅児島、沖縄

医療脱毛の痛みを軽減する方法

痛みをサロン脱毛より感じやすいのが医療脱毛とはいえ、できるだけ痛みは感じたくないものです。医療脱毛での痛みを軽減するためにできることを3つまとめました。

脱毛の痛みを軽減する方法

1蓄熱式脱毛を採用しているクリニックを選ぶ

脱毛器には「熱破壊式」と「蓄熱式」がありますが、痛みがマイルドなのは「蓄熱式」です。痛みに不安な方は、使用している脱毛器をチェックするようにしましょう。

蓄熱式脱毛機種の一例
ラシャ/ソプラノシリーズ/メディオスターシリーズ

高出力のレーザーを単発で照射する熱破壊式に対して、蓄熱式は低出力のレーザーで少しずつ温める脱毛方法のため、痛みを感じにくいとされています。

照射時間は熱破壊式よりやや長く、効果の実感まで時間がかかるので、自分の重視したいポイントで決めるといいでしょう。

中には、両方の機種を揃えていて部位や毛質に合わせて使い分けてくれるクリニックもありますよ。

2麻酔を使用する

麻酔

痛みの感じ方は個人差がありますが、どうしても耐えられない痛みの場合は、麻酔の使用も検討しましょう。脱毛時に麻酔が使えるのは、医療脱毛の特権です。

痛みに弱い方は麻酔代が無料のクリニックを選んでおくと安心でしょう。相場は1,000〜3,000円ほどですが、毎回料金が発生してしまうと思わぬ出費となってしまいます。

記事内で紹介した麻酔無料のクリニック

脱毛に使われる麻酔には、照射部位に塗りこむ「麻酔クリーム」とガスを使用した「笑気麻酔」の2種類が主。それぞれ料金や効果が出るまでの時間などが異なるので、クリニックで確認しましょう。

脱毛の痛みの対処法を知っておけば、脱毛時間も苦ではありません。

3保湿を心がけ乾燥を防ぐ

乾燥している肌は、うるおいのある肌に比べてバリア機能が低下しています。そのため、外部からの刺激を受けやすく、肌トラブルのリスクが高まるため注意が必要です。

 熱を吸収してくれる水分が足りていない状態でレーザーを受けると、皮膚の細胞に刺激が直接的に加わり、痛みを感じやすくなります。

痛みを感じにくくなれば、出力を下げる必要がなくなるので、より短時間で脱毛の効果を実感することが期待できるでしょう。

日頃からしっかり保湿をして、ハリのある柔らかい肌を手に入れてくださいね。

まとめ

脱毛はクリニックでもサロンでも痛みがつきもの。個人差はありますが、ワキやVIOなど毛の濃く密集した部位や、皮膚が薄い部位は特に痛みを感じやすいとされています。

しかし、蓄熱式脱毛を選んだり、麻酔を使用したりと痛みを軽減するための対処法を知っていることで、今まで脱毛を諦めていた方も受けることができるかもしれません。

本記事で紹介したクリニックは、どこも痛みを軽減する措置を行っています。麻酔代が無料のクリニックもあるので、追加料金が心配な方は検討してみましょう。

日頃から保湿をしっかり行い、肌のコンディションを保って脱毛にのぞめば、きっと理想のお肌が手に入れることができますよ。

予算や通いやすさなどを照らし合わせて、自分に合ったクリニックを見つけましょう!
・本記事は、いかなる企業や団体等の見解を代表するものでもありません。
・本記事は、その内容についていかなる保証をするものでもありません。
・記事内で紹介されている製品やサービスなどについてご不明点などがある方は、当該製品やサービスなどの公式サイトや、メーカーなどへのお問い合わせにてご確認をお願いいたします。
・記事内で紹介している製品やサービスなどについての情報は、記事の作成または更新時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。
おすすめの記事