30代おすすめ美容液

年齢によるお肌の変化を感じやすい30代。「今までのスキンケアのままでいいのかな?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

いつものスキンケアをグレードアップさせるなら、美容液の導入がおすすめです。

ですが、種類が様々あって迷ってしまいますよね。

この記事はこんな方におすすめ

  • 肌悩みに合わせて美容液を選びたい方
  • おすすめの美容液を知りたい方
  • 自分に合った美容液を見つけたい方

この記事では、30代におすすめ美容液を肌悩みや特徴、値段などで比較し紹介しています。

いつものケアに美容液をプラスして、ワンランク上のお肌を目指しましょう!

これから美容液を使い始めたい方や、特徴や肌悩みでしっかり選びたい方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめ美容液5選

ビモラ ヒューマンステムセルセラム

ビモラ 美容液

おすすめポイント
  • ヒト幹細胞培養液※1を30%配合で、潤ったハリツヤ肌へ
  • 独自のリポソーム技術で高浸透
  • 定期購入で初回限定60%オフ

ビモラ ヒューマンステムセルセラムは、話題の保湿成分ヒト幹細胞培養液※1を高濃度配合しています。

 ヒト幹細胞培養液※1を贅沢に配合し、リポソーム技術によって高い浸透力にもこだわりました。

お得な定期購入のお申し込み

ビモラ

定期購入のお申し込みで、初回限定60%オフの税込8,800円で購入可能です。いつでも解約可能なので安心ですね。

ハラベン・シリコン・合成香料・合成色素・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤が不使用で、お肌に優しい成分構成もポイントです。

サラリとした、ミルクのようなテクスチャーですよ。

基本情報

メーカー 株式会社BimoRa
価格(税込)・内容量 22,480円/30mL
定期購入初回限定:8,800円(60%OFF)
全成分
成分詳細

水、ヒト脂肪細胞順化培養液、BG、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、酢酸トコフェロール、カプリロイルジペプチド-17

購入方法 公式サイト

公式サイト

※1 ヒト脂肪細胞順化培養液(保湿)

ソフィーナ iP ベースケアセラム

ソフィーナ 美容液

おすすめポイント
  • 洗顔後すぐに使用する土台美容液
  • 毛穴より小さな炭酸の泡が密着浸透
  • 肌を柔らげ、次に使う化粧品の馴染みをよくします

ソフィーナiPベースケアセラムは、洗顔後すぐに使用する土台美容液です。

 「化粧水の浸透が悪くなった?」と感じている方におすすめ。その後のスキンケアを助け、土台からアプローチします。

毛穴の約1/20のマイクロ炭酸泡

ソフィーナ
※2炭酸ガス(噴射剤)

毛穴の約1/20の大きさの炭酸泡がお肌の角層最深部まで浸透し、お肌を柔らげることで、その後の化粧水や美容液の馴染みをよくします。

環境やライフサイクルによってお肌が揺らいでしまうとき、特におすすめといえるでしょう。

濃厚な炭酸泡が浸透する、独特のテクスチャーも楽しいですね。

基本情報

メーカー 花王株式会社
価格(税込)・内容量 4,950円/90g
全成分
成分詳細

水、DPG、ジメチコン、二酸化炭素、イソノナン酸イソトリデシル、プロパンジオール、PEG-32、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、ナイアシンアミド、PEG-3ジメチコン、PEG-60水添ヒマシ油、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、リン酸K、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

購入方法 公式サイト、店舗

キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス

キールズ 美容液

おすすめポイント
  • 美白※1有効成分配合がメラニンの生成を抑え、シミを防ぐ
  • 肌荒れを防ぐ有効成分配合で肌を整える
  • トライアルセットもあり

キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンスは、メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ有効成分「アクティブビタミンC」※2を配合しています。

また、肌荒れを防ぐ有効成分「サリチル酸」も配合。お肌を健やかに保つ効果を期待できるでしょう。

 メラニンや余計な角質をオフ!シミなどの肌トラブルを予防し、健やかな肌へ導きます。

三つの美容成分配合

キールズ※1メラニンの生成を抑え、シミソバカスを抑えること ※2美白有効成分(3-O-エチルアスコルビン酸) ※3保湿成分 ※4有効成分 ※5潤いによりくすみの気にならない印象にすること

メラニンと角質のケアに効く有効成分に加え、保湿成分プロキシレンも配合しています。

まずは少量で試してみたい方に、お得なトライアルセットや他アイテムのプレゼントもある定期便もあり嬉しいですね。

キールズの他のアイテムも試してみたい方は、定期便もおすすめです。

基本情報

メーカー 日本ロレアル株式会社
価格(税込)・内容量 7,920円/30mL
全成分
成分詳細
3-O-エチルアスコルビン酸,酢酸DL-α-トコフェロール,サリチル酸,精製水,プロキシレン,濃グリセリン,ボタンエキス,チンピエキス,ラベンダー油,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.),プロピレングリコール,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,ヒドロキシエチルセルロース,キサンタンガム,無水エタノール,無水エタノール,安息香酸デナトニウム,第三ブタノール,フェノキシエタノール,クエン酸ナトリウム,水酸化カリウム,クエン酸,エデト酸二ナトリウム
購入方法 公式サイト・店舗

ライスフォース

ライスフォース 美容液

おすすめポイント
  • 水分保持機能を改善する有効成分「ライスパワーNo.11」配合
  • 潤いを与えるだけでなく、保持するお肌へ
  • 定期便のお申し込みで、1年ごとの肌分析無料!

ライスフォースは、厚生労働省より認められた唯一の水分保持機能改善有効成分である「ライスパワーNo.11」を配合しています。

 ライスパワーNo.11エキスが水分保持機能を改善し、”自ら潤う肌”へ。保湿力不足が気になる方におすすめです。

お米と発酵の力

ライスパワー

ライスパワーNo.11エキスは、自然の発酵の力によって通常の保湿成分より小さく分解されているため、肌の隅々※角質層まで浸透します。

お肌の潤いを守るセラミドの壁を正常に保つことで、水分を逃さず潤った肌を保ちます。

さらに、購入縛りなしのお得な定期便のお申し込みで、1年ごとにアドバイザーによる肌分析が無料で受けられます。

化粧水、クリームのライン展開もしているので、合わせてチェックしてみましょう。

基本情報

メーカー 株式会社アイム
価格(税込)・内容量 11,000円/30mL
定期便:9,900円
全成分
成分詳細

ライスパワーNo.11、水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

公式サイト

デュウ リンクルスマッシュ

デュウ 美容液

おすすめポイント
  • シワ改善有効成分「ナイアシンアミド」配合
  • カネボウ独自の保湿成分配合でハリのある肌へ
  • 効果を高める塗り方指導のサイトあり

デュウ リンクルスマッシュは、シワ改善有効成分「ナイアシンアミド」配合の薬用美容液。口元や目元のシワ改善にアプローチします。

塗り方にコツがいるシワ改善美容液ですが、塗り方を教えてくれるアプリの使用で、やり方をマスターできますよ。

 シワのケアを新たに始めたい方におすすめ。有効成分だけでなく、保湿成分も配合しているので、肌にうるおいを与えてくれます。

有効成分と厳選した保湿成分配合

デュウ

有効成分ナイアシンアミドがシワを改善するだけでなく、保湿成分も多く含まれていることが特徴です。

口元や目元など、お肌がデリケートな箇所に塗るので嬉しいですね。

価格はオープン価格でしたが、税込6,000円前後で購入可能です。

爽やかなグリーンフローラルの香り付きです。

基本情報

メーカー 株式会社カネボウ化粧品
価格(税込)・内容量 オープン価格/20g
全成分
成分詳細

ナイアシンアミド、水、シュガースクワラン、ソルビット液、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、DPG、濃グリセリン、BG、トリイソステアリン酸グリセリル、ホホバ油、オリブ油、パルミチン酸セチル、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、長鎖分岐脂肪酸コレステリル、水添大豆リン脂質、イソステアリン酸、コレステロール、ジメチコン、フェノキシエタノール、カルボキシビニルポリマー、クロルフェネシン、水酸化K、キサンタンガム、パルミチン酸、ワレモコウエキス、海藻エキス-1、酢酸キトサミン、N-メチル-L-セリン、エデト酸塩、無水エタノール、トウヒエキス、ヒアルロン酸Na-2、香料

購入方法 通販サイト、店舗

美容液を選ぶポイント

美容液 花

美容液を選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。

ぜひ参考にして、自分に合った美容液選びに役立ててください。

美容液を選ぶポイント
  1. 医薬部外品と化粧品の違いを確認
  2. 肌悩みで選ぶ
  3. 美容液の種類で選ぶ

1.医薬部外品と化粧品の違いを確認

美容液に限らずスキンケア用品を選ぶ際、医薬部外品とそれ以外のものの区別がついていると、性質の違いが分かって便利です。

スキンケア用品は、医薬品・医薬部外品・化粧品のどれかに分類されます。

画像の表を参考にしてみて下さい。

医薬部外品について

効果は、医薬品>医薬部外品>化粧品。治療を目的としない美容液は、医薬部外品または化粧品に該当します。

 特定の肌悩みに対し重点的にお手入れをしたいときは、医薬部外品を選ぶのがおすすめですよ。

“薬用”という表記もよく見かけますが、基本的に医薬部外品を意味しています。

2.肌悩みで選ぶ

白い美容液

気になる肌悩みがある方は、それに合った美容液を選ぶのが美肌への近道です。

主なお悩み別に、おすすめの成分を紹介していきます。

日焼けによるシミやソバカス

メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを予防してくれる美白有効成分を含む医薬部外品を選びましょう。

厚生労働省が認可している美白有効成分は20種類以上ありますが、中でも定番のものを紹介します。

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシンアミド
  • アルブチン(ハイドロキノン誘導体)
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸(m-トラネキサム酸)

日頃から日傘や帽子などで紫外線を浴びないよう工夫することも大切ですよ。

乾燥小ジワ

青いクリーム

年齢を重ねるにつれ、目元やおでこなどのシワが気になり始めるものです。

乾燥小ジワを目立たなくさせるにはしっかり保湿することも大切ですが、シワ改善の有効成分を含む医薬部外品を選ぶことも効果的といえます。

厚生労働省が認可している有効成分は3つあります。

  • ニールワン
  • レチノール
  • ナイアシンアミド

これらの有効成分が含まれた商品を使い、早めにケアをすることが大切ですよ。

保湿

年齢を重ねるにつれ肌の保湿能力も低下していき、本来の肌の力だけでは保湿力を保つことが難しくなることもあります。

美容液を使って、潤い成分を補うことがおすすめです。

<おすすめの保湿美容成分>

  • ヒアルロン酸
  • ヒト幹細胞培養液
  • セラミド
  • ライスパワーNo.11

中でも「ライスパワーNo.11」は、皮膚水分保持能改善の有効成分として承認を受けている成分で、特におすすめです。

3.美容液の種類で選ぶ

美容液

一口に美容液といっても、大きく分けて3種類あります。種類によって特徴が異なるので、自分の肌に合ったものを選んでみましょう。

ブースター美容液

洗顔の後、化粧水の前に使用する美容液です。導入美容液や土台美容液が該当します。

環境やライフスタイルによりお肌が揺らぎやすくなることも。そんなときに、後に使う化粧品の浸透を助ける役割があります。

“最近化粧水の浸透が悪くなった?” “もっと浸透を良くしたい”と感じたときに、おすすめの美容液といえるでしょう。

エッセンス

化粧水と乳液などの基本のスキンケアでは物足りないと感じたとき、プラスアルファの効果を求めたいときにおすすめです。

特定の肌悩みに特化した役割を持ちます。

一般的に美容液と聞いてイメージするのは、エッセンスが多いかもしれません。

化粧水のようなサラッとしたテクスチャーのものが多いです。

セラム

女性

役割はエッセンスと同様で、さらに成分が濃縮されたアイテムです。

より集中してケアしたい方におすすめ。エッセンスよりもとろっとした濃厚なテクスチャーが多いでしょう。

美容液の使い方

美容液の使い方について、意外と馴染みがなくよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、美容液の正しい使い方について紹介します。

美容液の正しい使い方
  1. つける順番を守る
  2. 保管方法や使用期限を守る

1.つける順番を守る

順番

化粧品は基本的に、水分の多いもの→油分の多いものの順番で使うと効果的とされています。

具体的には、化粧水→美容液→乳液という順番で使うことが多いようです。

 ただし、導入美容液の場合は化粧水の前に使うなど、美容液の性質によって異なる場合もあるため、パッケージの指示をよく確認するようにしましょう。

優しくハンドプレスしながらつけると良いですよ。

2.保管方法や使用期限を守る

美容液ごとに設定されている保管方法や、使用期限を守るようにしましょう。

化粧品は、一度開封したら酸化が始まってしまいます。

使用期限を守らないで使用すると、雑菌が繁殖し思わぬ肌トラブルを引き起こしかねないので、注意しましょう。

 使用前にしっかりパッケージを確認し、正しい使用方法を守ることが大切です。

肌に直接つけるものなので、品質管理には気をつけましょうね。

まとめ

30代におすすめの美容液や、美容液を選ぶポイント、正しい使い方について紹介しました。

30代はお肌の変化を感じやすい時期ですが、そんなときに美容液が力強い味方となってくれるでしょう。

美容液は、それぞれの肌悩みにアプローチする、プラスαの効果を狙ったスキンケアアイテムです。

特定の肌悩みがある場合は、それを改善する有効成分を配合した美容液を選ぶことが、美肌への近道といえるでしょう。

普段から自分のお肌をしっかり観察して、変化を見逃さないようにしたいですね。
・本記事は、いかなる企業や団体等の見解を代表するものでもありません。
・本記事は、その内容についていかなる保証をするものでもありません。
・記事内で紹介されている製品やサービスなどについてご不明点などがある方は、当該製品やサービスなどの公式サイトや、メーカーなどへのお問い合わせにてご確認をお願いいたします。
・記事内で紹介している製品やサービスなどについての情報は、記事の作成または更新時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。
おすすめの記事