脱毛 痛くない

脱毛に興味があるけど、「痛くないのかな」と不安を抱えている方も多いですよね。実際周りで、脱毛は痛かったという声を聞いたことがある方もいると思います。

特にワキやVIOは、ムダ毛が気になるけど痛みを伴いやすい部位。高い料金を払うのですから、できるだけ痛みのストレスなくツルスベ肌を手に入れたいですよね。

そこで本記事では、脱毛の痛みについての基礎知識や、痛みを強く感じやすい部位、脱毛の痛みを軽減する方法などを徹底解説していきます。

ほぼ痛くない、痛みを感じにくい脱毛方法を採用しているサロン・クリニックも紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

事前に痛みの対策方法を知っておけば、脱毛に対して怖がりすぎる必要はありませんよ。

本当は痛くない?脱毛が痛いと言われる理由

脱毛が痛いのには、脱毛方法が関係しています。脱毛で感じる痛みはよく、ゴムでパチンと弾かれたような痛みと表現されることが多いです。

 このゴムでパチンと弾かれたような痛みの正体は、脱毛器が毛のメラニン色素に反応して熱を発した瞬間に感じている感覚となります。

ある意味やけどなのですが、一瞬のことなので、ゴムで弾かれたような感覚が近いといわれています。脱毛器の光は同じ場所にずっと当てられ続けているわけではありません。

一つの毛穴に対しては一瞬当たる、というのを何回も何回も繰り返しています。そのため、ゴムで弾かれたような痛みを脱毛中は脱毛器を当てられた箇所に感じることになります。

特に痛みを感じやすい部位は?

脱毛は痛みを伴う場合が多いです。では、痛みを特に感じやすい箇所はどこでしょうか?

痛みを感じやすい部位と痛みを感じにくい部位には違いがあります。その秘密は、毛の濃さと太さ。第二次性徴で生えてくる毛は濃く太いため、光が反応しやすく、痛みを感じやすいのです。

ここでは、第二次性徴で生えてくる毛の脱毛について解説します。

デリケートゾーン

Vライン

デリケートゾーンは、太く濃い毛が密集している部位です。さらに、皮膚も薄いため脱毛時の痛みを感じやすいといわれています。

 特にIラインは粘膜付近で皮膚が非常に薄く、神経や血管が密集し敏感な部位なので痛みは強く感じやすいです。

メラニン色素を多く含んでいるので、脱毛機は反応しやすいですが、施術を重ねていくうちに毛が薄く、毛量も少なくなっていけば痛みも次第に弱まっていくでしょう。

毛がしっかりしている分、効果の実感も大きい部位ではあります。

ワキ

ニードル脱毛のメリット

ワキもデリケートゾーンと同様、黒く太い毛が密集する部位のため、痛みを強く感じやすい部位のひとつといわれています。

 しかし、ワキは範囲が狭い部位のため、そこまで痛みに耐える時間は少ないです。店舗によっては、両脇5分程度で完了するところもあります。

麻酔を使用するほどではないですが、個人差があるので人によっては耐えられない場合も。心配な方は、一度ワキ脱毛の無料体験があるサロンやクリニックで試してみるのもおすすめです。

痛くない脱毛方法は?

デリケートゾーン(VIO)とワキが黒く濃く太いちぢれ毛が生えるために特に痛みを感じることがわかりました。では、痛くない脱毛方法はないのでしょうか?

実は、脱毛の方法には現在さまざまな方式があります。サロンかクリニックかによっても異なりますし、サロンの中・クリニックの中でも、全く異なる脱毛メカニズムの機械を導入しているところがあるんです。

痛みを感じにくく脱毛するために何を基準に選んだら良いのか解説していきます。

医療脱毛よりサロン脱毛を選ぶ

腕脱毛

一般的に、医療脱毛に比べて、サロン脱毛の方が痛みがマイルドだといわれています。なぜなら、サロン脱毛では医療脱毛で使うような高出力の脱毛器を使用できないためです。

医療脱毛で使用する脱毛器は、毛穴の中の組織を破壊するほどのパワーを持っています。しかし、組織を破壊するのは医療行為であって、エステサロンでは行えません。

したがって、サロン脱毛では医療脱毛より低出力の脱毛器を使用することになります。低出力の脱毛器であれば、それだけ肌をパチンと叩くような痛みを感じにくいと考えられるのです。

サロン脱毛といっても、様々な脱毛方式がありますが、中でもハイパースキン脱毛とSHR式脱毛はより痛みが優しいといわれています。

出典:https://se-ec.co.jp/find_best/datsumou/column/choose/description-of-hair-loss-and-hair-loss/

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛とは、痛みを感じる原因である熱の温度を低く設定してくれている脱毛方式です。

毛には毛周期というのがあり、毛が成長する時期と抜け落ちて毛穴がおやすみする時期があります。ハイパースキン脱毛は、おやすみする時期になっている毛穴にアプローチしていく脱毛方法です。

おやすみしている毛穴のバルジ領域という部分に弱い熱を与え、おやすみの期間を長くしてあげるのがハイパースキン脱毛の特徴。毛穴がおやすみの期間は毛が成長期に移行しないため、脱毛できる仕組みです。

SHR式脱毛

SHR脱毛は、ハイパースキン脱毛と同じように毛に栄養を与えるバルジ領域にアプローチする脱毛方法です。

 ハイパースキン脱毛との違いは、SHR脱毛は成長期の毛の黒い色に熱を与えることでバルジ領域に働きかける点といえます。

メラニン色素に熱を与えるため、熱さは多少発生します。しかし毛根にアプローチする脱毛方式であるIPL脱毛とは異なり、バルジ領域へのアプローチは比較的弱めの熱でも可能です。

サロン脱毛で使用される脱毛方式の中では、痛みを感じにくいように作られている脱毛方式といえます。

痛みへの配慮があるおすすめ脱毛サロン

痛みに弱い人におすすめの脱毛サロンを紹介していきます。3つご紹介するサロンは、ハイパースキン脱毛もしくはSHR脱毛を採用しているのが特徴。それぞれのサロンの長所を紹介していきますので、比較の対象にしてください。

ストラッシュ

ストラッシュ
おすすめポイント
  • 最短2週間に一度通える脱毛サロン
  • 日焼け肌、色黒肌でも通うことができる
  • 入会でホームケア脱毛器をプレゼント
  • 無料カウンセリングで両うで脱毛体験

ストラッシュはSHR脱毛を採用している脱毛サロン。医療関係者が選ぶ脱毛サロンでは、7年連続第1位※1を獲得しています。

 ストラッシュは、最短2週間に一度脱毛に通えることが特徴。早い人は6ヶ月程度で脱毛が完了します。

ストラッシュ

無料カウンセリングに来店で、両うで脱毛のプレゼントキャンペーン中。脱毛の痛みが心配な方でも、契約前に脱毛体験ができるので安心感がありますね。

月額制のプランなら各店先着30名限定で、2ヶ月分料金が無料になります!

基本情報(2022年4月20日現在)

サロン数 56店舗
脱毛間隔 最短2週間に一度
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話・LINE

ストラッシュ公式サイト

※1 公式サイトより

ラココ

ラココ
おすすめポイント
  • ルミクス脱毛というSHR脱毛器を使用
  • 全身脱毛の施術が30分で完了
  • 最短1ヶ月に1回照射できる

ラココはルミクス脱毛を採用している脱毛サロンです。ルミクス脱毛とは、ラココが使用している最新鋭のSHR脱毛器のことをさします。

 最短1ヶ月に1回の照射が可能で、早い方は6ヶ月で脱毛が完了。連射式のハイスピード脱毛なので、全身脱毛がたった30分程度で照射できます。

うぶ毛やほくろ毛、日焼け肌やアザの上の照射も可能なので、今まで脱毛を諦めてきた方にとってもおすすめのサロンです。

ラココ

脱毛時には3種のイソフラボンと生コラーゲンが配合されたローションを使用するので、脱毛しながら美肌も叶えられるでしょう。

提携ドクターのサポート体制も完備しているので、敏感肌の方も安心感があります。

基本情報(2022年4月20日現在)

サロン数 86店舗
脱毛間隔 1ヶ月に一度
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

ディオーネ

ディオーネ
おすすめポイント
  • ハイパースキン脱毛を採用しているサロン
  • 全国に111店舗展開し、通いやすい
  • 2週間に一度脱毛に通える

ディオーネはハイパースキン脱毛を採用している美肌専門脱毛サロンです。体感38℃の低温で、これから生える毛の種を生えなくする方法で、比較的痛みを感じにくいとされています。

ディオーネ

 光には肌内部でコラーゲンの生成をサポートする「フォト美顔」が3割含まれており、美肌&美白効果も期待できるでしょう。

自己処理で傷んだ肌や黒ずみのケアが脱毛と同時に叶うので、ワキやデリケートゾーンの肌ケアとしてもおすすめです。

無料カウンセリングでは実際の脱毛機を使用しての無料お試ショットが受けられます。

基本情報(2022年4月20日現在)

サロン数 111店舗
脱毛間隔 最短2週間に1回
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

痛みが不安だけど医療脱毛が受けたい場合

脱毛はサロン脱毛のほうが医療脱毛より痛みが少ないです。しかし、高出力で毛穴の組織を破壊できるパワーを持っているのは医療脱毛の方式となります。

医療脱毛を受けたいけれど、痛みに弱い人はどうしたらいいでしょうか?

この項目では、医療脱毛で痛みを緩和しながら脱毛する方法について解説していきます。

蓄熱式脱毛を選ぶ

腕脱毛

医療脱毛には、蓄熱式と熱破壊式がありますが、痛みが比較的マイルドなのは蓄熱式といわれています。

強いエネルギーのレーザーを単発で照射する熱破壊式に対し、蓄熱式は低出力のレーザーを少しずつ当てて、バルジ領域や毛乳頭などにアプローチする方式のためです。

肌への負担も軽く、熱破壊式では施術を断られることが多い日焼け肌や色黒肌の方でも施術ができます。

麻酔を使用する

聴診器

蓄熱式脱毛を選んだとしても、ワキやVIOとなると痛みに耐えられない人もいるかもしれません。痛みに耐えられないという方は、麻酔を使用するようにしましょう。

 基本的にクリニックであれば麻酔の用意がありますが、使用できる部位が決まっていたり、麻酔代が脱毛料金と別で発生することもあります。

麻酔を使用する可能性がある方は、事前に麻酔ができる対象部位や、麻酔料金の有無を確認しておくと安心です。

麻酔代は1,000円〜3,000円程度ですが、脱毛のたびに使用するとなると高額になってしまうので注意しましょう。

痛みへの配慮があるおすすめ医療脱毛クリニック

痛みに弱い人は蓄熱式脱毛器を使用しているクリニックがおすすめです。この項目では、蓄熱式脱毛器を採用している医療脱毛クリニックを3つご紹介します。

エミナルクリニック

エミナルクリニック
おすすめポイント
  • 蓄熱式脱毛器を採用している医療脱毛クリニック
  • 1ヶ月に一度通うことが可能
  • 剃り残しがあっても5分間シェービング無料

エミナルクリニックでは蓄熱式脱毛器を使用しています。新型の脱毛器を使用することによって、従来の2倍のスピードで連続照射が可能。全身脱毛は60分程度で完了します。

 背中やお尻など届きにくい範囲にはシェービングサービス付き。剃り残しの場合も、5分間は無料でシェービングしてくれるので追加料金の心配がいりません。

エミナルクリニック

万が一の肌トラブルの際には、すぐに無料対応。もちろん診療費や薬代などの費用は一切かからないので、敏感肌の方でも安心できるでしょう。

夜21時まで開院しているクリニックもあるので、仕事帰りにも通いやすいですね。

基本情報(2022年5月11日現在)

クリニック数 53院
脱毛間隔 最短1ヶ月に1回
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

アリシアクリニック

アリシアクリニック
おすすめポイント
  • 初回契約時に4回分脱毛の予約をとれる
  • 脱毛間隔は1ヶ月に一度
  • カウンセリングで自分に最適な脱毛回数を提案してもらえる

アリシアクリニックは予約の取りやすさが特徴のクリニックです。初回契約時にまとめて4回分予約を取ることができるので、脱毛スケジュールが立てやすいでしょう。

アリシアクリニック

 波長の異なる3種類のレーザーを照射できる蓄熱式脱毛器を採用。深さや太さの異なる毛が混在していても、効果的に脱毛が可能です。

当日だとしてもキャンセル料不要&回数消化等のペナルティもなし。全国にあるクリニックを自由に移動ができるので、会社や自宅の近くなど、スケジュールに合わせて通うことができます。

カウンセリング当日でも、空きがあればすぐに脱毛を受けることができますよ!

基本情報(2022年5月11日現在)

クリニック数 24院
脱毛間隔 最短1ヶ月に1回
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

レジーナクリニック

レジーナクリニック
おすすめポイント
  • 麻酔代がかからない明朗な料金体系
  • 痛みに耐えられるかテスト照射可能
  • 2ヶ月に一度の脱毛間隔でクリニックに通える

レジーナクリニックは医療脱毛専門のクリニック。レジーナクリニックでは明朗な料金体系を採用しており、剃毛代や麻酔代がかかりません

レジーナクリニック

 痛みに弱い人が麻酔をつかいたいときに、麻酔代を追加で請求されないのが嬉しいポイントです。

また、痛みに耐えられるかどうか、テスト照射を受けることで実際に体験することも可能になっています。実際に自分の体で体験することで、痛みの程度を確認してから契約できます。

脱毛機は3種類完備しており、蓄熱式だけでなく熱破壊式も用意されていますよ。

基本情報(2022年5月11日現在)

クリニック数 22院
脱毛間隔 最短2ヶ月に1回
カウンセリング予約方法 ウェブ・電話

脱毛の痛みを抑えるポイント

脱毛の痛みを少しでも抑えるためにできることがあります。以下の2つの対策を行なって、脱毛の痛みを和らげましょう。

脱毛の痛みを抑えるポイント
  1. 日頃から保湿を心がける
  2. 生理中の施術を避ける

1日頃から保湿を心がける

オイル

脱毛の痛みを少しでも和らげるためにも、日頃から脱毛部位の保湿をしっかり行うようにしましょう。

 肌が乾燥していると、肌が敏感になり痛みを感じやすくなってしまうためです。

特に冬場は乾燥しやすい時期。保湿クリームやボディオイルなどを使用し、肌に水分を保たせましょう。

しっかり保湿してケアをすることで、脱毛効果も高まるといわれています。

2生理中の施術を避ける

生理中は肌が敏感になっており、ごく小さな刺激であっても痛みを強く感じる可能性があります。

生理前になると顔にニキビができる人がいるように、生理を原因とするホルモンバランスの変化で肌の敏感さは変化してしまうのです。

いつもはなんともない痛みであっても、生理中は強く感じたり、赤みなどの肌荒れが生じることも。痛い思いをしないためにも、脱毛は生理が終わってから施術を受けるようにしましょう。

生理中のデリケートゾーン脱毛は衛生上の理由から、断られることがほとんどです。

まとめ

ここまで、脱毛の痛みについて解説をしました。なぜ脱毛は痛みを感じてしまうのか、痛みを感じずに脱毛できる方法はないのかメカニズムを交えた説明でお分かりいただけたかと思います。

痛みの少ない脱毛方式がサロンにもクリニックにもあります。また、クリニックには麻酔を使用するという手段もあるので、痛みに弱いからといって脱毛を諦めずにいろいろと調査してください。

紹介したサロン・クリニックは痛みを減らす努力をしているので、痛みに弱い方もおすすめですよ。

痛みを和らげるためにも、日頃から保湿ケアもしっかり行いましょう!
・本記事は、いかなる企業や団体等の見解を代表するものでもありません。
・本記事は、その内容についていかなる保証をするものでもありません。
・記事内で紹介されている製品やサービスなどについてご不明点などがある方は、当該製品やサービスなどの公式サイトや、メーカーなどへのお問い合わせにてご確認をお願いいたします。
・記事内で紹介している製品やサービスなどについての情報は、記事の作成または更新時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。
おすすめの記事