脱毛 痛み

脱毛をしようと思ったときに気になるのが「脱毛の痛み」。

さまざまな情報を調べる中で「痛みに耐えられなかったらどうしよう」「医療脱毛は痛みが強い?」など、不安や疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事はこんな方におすすめ

  • 脱毛の痛みについて不安がある方
  • 脱毛の痛みを少しでも抑えたい方
  • 脱毛が痛い理由について詳しく知りたい方

本記事では、脱毛の痛みを感じやすい部位や脱毛方法痛みを軽減するために考えられる方法などについて解説していきます。脱毛の痛みに不安がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
※痛みの強さ、感じ方には個人差があります。本記事で紹介している方法は一般的に考えられるものであり、必ず痛みを軽減するものではありません。

脱毛の痛みは部位や機械によって違いがあるので、自分にあった方法を見つけましょう。

脱毛が痛い理由

脱毛が痛い

脱毛で痛みを感じる理由は、ライトやレーザーの照射によりメラニン色素を刺激する脱毛の仕組みにあります。

 一般的な脱毛機は、毛の黒いメラニン色素に反応してムダ毛の毛根にダメージを与えています。

照射時に発生する強い熱や刺激が、毛根組織だけでなく周辺の皮膚にも伝わるため、痛みを感じるというわけです。

脱毛の痛みはどんな痛み?

脱毛の痛みは個人差がありますが、一般的に「輪ゴムをパチンと弾いた時の痛み」に似ていると表現されることが多いです。他には「ピリッとした痛み」や「ヒリヒリする」「じんわり熱を感じる」などと表現されることがあります。

照射する瞬間に痛みを強く感じるので、継続的な痛みではなく瞬発的な痛みであることが特徴です。脱毛の痛みは部位、毛質、体質によって変わります。

自分が脱毛したい部位の痛みがどれぐらいなのか、あらかじめ目安を知っておくといいでしょう。

脱毛の痛みを感じやすい部位

もっとも痛みを感じた部位

アンケート調査の詳細
総数 割合
n 280 100%
ワキ 128 45.7%
VIO 84 30%
脚(足) 43 15.3%
10 3.5%
8 2.8%
手・指 7 2.5%

脱毛する部位により、痛みは異なってきます。 医療脱毛した際に痛みが感じやすい部位として挙げられることが多いのは「ワキ」と「VIO」です。

実際にキレイマ独自にアンケート調査を行ったところ、最も痛みを感じた部位としてワキとVIOと答えた方が7割以上でした。

人によって痛みの感じ方は変わりますが、ワキもVIOも人気の部位なので不安ですよね。

それぞれの痛みを感じやすい理由、特徴をみていきましょう。

ワキ脱毛

ワキ脱毛

ワキは濃く太い毛が密集しており、皮膚も柔らかくて薄い部位なので痛みを感じやすいといわれています。

 毛質も腕や脚の毛と比べると太くしっかりしているため、メラニン色素が反応しやすい傾向にあります。

また、ワキは日常生活で刺激を受ける機会が少ないため、痛みに免疫の少ない部位であることから刺激に敏感に反応しやすいともいわれています。

ただ、範囲が狭く照射も短時間で済むので、痛みに長時間耐えなければいけないということは通常ありません。

万が一肌トラブルが生じたときも人目につきづらい部位なので、しっかりした毛に対しての脱毛効果を確かめたい時にはおすすめの部位です。

ワキ脱毛のお試し体験ができるサロンが多いのも納得です。

VIO脱毛

VIO脱毛

VIOは皮膚が薄いだけでなく、神経や血管が集中している部位なので痛みがダイレクトに伝わることが多いです。

VIOと一言でまとめられることが多いですが、Vライン・Iライン・Oラインの3つの部位で痛みを感じ方は異なります。痛みの感じ方には個人差がありますが、最も痛いと感じるのがIラインといわれています。

 Iラインは粘膜に近く痛みにも敏感なため、施術時の痛みを強く感じるといわれています。

そして、デリケートゾーンは下着で摩擦が生じやすく、色素沈着を引き起こしやすい部位でもあります。肌に蓄積されたメラニン色素などにレーザーや光が反応してしまうというのも、痛みを感じやすい理由の一つです。

最初は我慢が必要ですが、回数を重ねて毛の量が減っていくと、痛みも感じにくくなるかもしれませんよ。

痛みを感じやすい部位の特徴

痛みを感じやすい部位

身体の中でも痛みを感じやすい部位の特徴として、主に次の3つがあげられます。

痛みを感じやすい部位の特徴
  • 神経や血管が集中している部位
  • 皮膚が薄い部位
  • 毛が密集している部位

神経や血管が集中している場合は、痛みが脳にダイレクトに伝わってしまうため痛みを感じやすいといわれています。また、皮膚が薄い部位は刺激に敏感なため、痛みに強く反応してしまいがちなことを留意しておきましょう。

そして毛が密集している部位は、脱毛機の性質上、メラニン色素が多く光を一気に吸収してしまうため痛みを強く感じることが多いです。

これらの条件が揃ってしまうと、脱毛時に痛みを感じてしまいやすくなることを覚えておきましょう。

脱毛の痛みを感じやすい人の特徴

部位以外に痛みを感じやすい特徴はあるのでしょうか。ここでは痛みを感じやすいといわれる人の特徴を解説します。

痛みを感じやすい人の特徴
  • 乾燥肌・敏感肌の人
  • 日焼け肌・色黒の人
  • 毛量が多い人

乾燥肌・敏感肌の人

乾燥肌・敏感肌

乾燥したお肌は皮膚のバリア機能が弱まり、刺激にとても敏感な状態です。

 潤いのある健康的な肌と比べ、乾燥した肌は痛みを感じやすくなってしまいがちです。

乾燥していると肌トラブルも発生しやすくなることが考えられますので、保湿ケアはしっかりと行いましょう。

また、痛みに不安を感じる方は、生理中の脱毛は控えた方がいいでしょう。普段よりもニキビができやすかったり、肌荒れしやすくなるように、お肌は敏感な状態で痛みを強く感じやすくなることがあります。

無理せず、改めてスケジュールを組み直すことをおすすめします。

日焼けをしている人

日焼け

日焼けをしている方は痛みを強く感じやすくなることがあるので注意が必要です。日焼けをすると肌内部で大量にメラニン色素が生成されます。

 一般的な脱毛機はムダ毛に含まれるメラニン色素に反応する特徴があり、皮膚内部で増えたメラニンが施術時の痛みを誘発する原因になる可能性があるためです。

また、日焼けによって肌が炎症を起こした状態で施術をすると、痛みだけでなくヤケドのリスクも高まり得ます。日焼けの程度によっては施術ができない場合もあるので、日頃から日焼け止めなどしっかり使用して紫外線対策を行うようにしましょう。

機械によっては日焼け肌や色黒肌の方でも施術可能なものもあるので、特性を確認しましょう。

毛量が多い人

毛量が多い人

毛量が多い場合、痛みを感じやすい傾向にあります。上述のとおり、脱毛の光やレーザーはメラニン色素に反応するため、毛量が多いと痛みを感じやすいといえます。

毛の濃さや量は個人差がありますし、部位によっても異なるので、痛みに不安がある方は一度カウンセリングでスタッフに相談するのがおすすめです。

脱毛に通い毛量が減っていけば、痛みも軽減されていくことが期待できます。

脱毛の施術方法によって痛みは変わる?

脱毛の痛みは施術方法によって違いがあります。ここでは脱毛の痛みを施術方法別に確認していきましょう。

主な脱毛の施術方法
  • ニードル脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • 光脱毛

ニードル脱毛

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴に細い金属の針(絶縁針)を差し込み、そこに1秒未満の一瞬の電流を流すことで毛乳頭や毛母細胞などの毛根組織を破壊する脱毛方法です。

 直接毛根にアプローチできる分確実性が高く、1回の施術で高い効果が期待できますが、かなり強い痛みを伴うのが特徴です。

毛を一本一本処理するため、広範囲の脱毛には向いていません。確実に毛を無くしたい部位や細かなデザインをしたいという部位にはおすすめです。

医療機関で行うので麻酔が使用できますが、心配であればテスト脱毛を受けて判断しましょう。

医療レーザー脱毛

医療脱毛

現在、医療脱毛で使用されている脱毛機には大きく分けて2種類あります。

医療脱毛で使用されている脱毛機
  • 熱破壊式
  • 蓄熱式

熱破壊式は、バチッとした照射感のある従来から使用されてきたショット式のレーザーです。

一方、蓄熱式は数年前から登場した新しいタイプの脱毛機で、滑らせるように往復して照射し、じわじわと熱を与えていくタイプのレーザーをさします。

 2つのうち、より痛みを感じにくいのは「蓄熱式」の脱毛機です。

エステ脱毛とほぼ変わらないほど痛みを感じにくいといわれている機種もあるので、実際にクリニックで体験してみましょう。とはいえ、光脱毛よりもパワーが強いレーザーを使用するので、人によっては痛みを感じることもあります。

医療脱毛を検討している方は、2種類の効果等をよく比較して自分にあった方を選ぶといいでしょう。

光脱毛

足脱毛の範囲

光脱毛は、メラニン色素に反応して発生した熱を用いる脱毛方法です。大きく分けて3つの形式があります。

光脱毛の形式
  • IPL式脱毛
  • SSC式脱毛
  • SHR式脱毛

それぞれに得意な毛質や痛みの感じ方に違いがあるので、脱毛サロンに迷った時は導入している機械に注目しましょう。

 上記の中で最も痛みを感じにくいといわれているのは「SHR式脱毛」です。これは他の2つの形式よりも弱い出力の光を使用するためです。

ですが、メリット・デメリットや向いている肌質、通いたい頻度などが異なるため、よく比較して自分にあったタイプを選んでください。

ニードル脱毛、医療脱毛よりは痛みは弱いといわれているので、痛みに不安を感じる方は光脱毛をおすすめします。

脱毛の痛みを軽減する3つの方法

痛みに不安がある状態で脱毛を行うのは怖いですよね。以下では、脱毛の痛みを少しでも軽減するために考えられる方法を紹介します。

痛みを軽減するために考えられる方法
  1. スキンケアをしっかり行う
  2. 麻酔を使用する
  3. 脱毛部位を冷やす

1スキンケアをしっかり行う

スキンケア

上で説明したとおり、脱毛の際にお肌が乾燥していたりコンディションが悪い場合は、痛みを強く感じやすくなります。

 普段から丁寧なスキンケアを行い、しっかり保湿をして、痛みの軽減に努めましょう。

保水力のある肌は、脱毛時の照射パワーが均一に毛穴まで届きやすいので、痛みを和らげるだけでなく脱毛効果を実感しやすくもなるでしょう。

脱毛期間中はいつも以上にスキンケアに時間をかけ、ベストコンディションで施術を受けられるようにしましょう。

2麻酔を使用する

麻酔

クリニックで医療脱毛をする場合は、麻酔を使用することができます。

麻酔といっても鼻から吸引するだけのものや施術部位に塗るだけのものがほとんどなので安心してください。ただし、クリニックによっては麻酔代が発生したり、取り扱いがない場合もあるので事前に確認しておくといいでしょう。

麻酔が効くまでの時間があるので、施術時間が長くなる場合もあります。

3脱毛部位を冷やす

冷やす

脱毛部位を冷やすことで、照射時の熱を感じにくくすることができ、熱による肌へのダメージも抑えることにつながります。脱毛の痛みは、照射した光や熱が毛根の周辺に伝わることで引き起こされます。

 事前にしっかりと冷やしておけば、熱が伝わりづらくなり痛みを和らげることに繋がるわけです。

冷却方法はマシンに冷却機能が付いている場合や、保冷剤、冷却ジェルなどで冷やすなどサロンやクリニックによって様々です。施術後に自宅でも冷却することで、照射による炎症をより効果的に抑えることが期待できますよ。

自分の行きたい店舗が冷却対応をしているか、事前に確認しておくと安心でしょう。

痛みに配慮!おすすめ脱毛サロン

1ストラッシュ

ストラッシュ

おすすめポイント
  • 医療関係者が選ぶ脱毛サロン7年連続No.1※1
  • 無料カウンセリングで両うで脱毛プレゼント
  • 2週間に1度通えるから、最短6ヶ月で完了※1
  • 顔、VIO含む全身脱毛が今だけ2ヶ月分無料※2
  • 美容成分たっぷりのジェルで美肌も目指せる

ストラッシュは「医療関係者が選ぶ脱毛サロン」7年連続No.1に輝いている実績がある脱毛サロン。毛周期に関係なく照射ができる脱毛方式を採用しているので、最短2週間に1回のハイペースで通えます。

 高保湿成分の美容成分がたっぷり含まれたジェルを肌に浸透。黒ずみを改善し、脱毛しながら美肌を目指せるのは嬉しいポイントです。

脱毛機に連続冷却システムが搭載されているので、痛みが少ないといわれています。敏感肌の方でもストレスフリーに脱毛できるので、安心です。

カウンセリングでは、実際に施術で使用する脱毛機での両うで脱毛が無料で受けられますよ!

ストラッシュの料金プラン例

全身脱毛月額制(顔&VIO込み)
期間 制限なし
月々(税込) 4,400円

ストラッシュの料金プランは、期間や回数を決めて脱毛できるコースと月額制のコースで分かれています。今なら各店舗先着30名様限定で、2ヶ月分無料のお得なキャンペーン実施中です。

自分が満足したらいつでも辞められるので、無駄がなく経済的に脱毛したい方におすすめ。学割やのりかえの割引率も最大30%と高いので、対象の方はぜひ検討してみましょう。

ローンを組むことに抵抗がある方や、自分に合った回数がわからない方におすすめです!

ストラッシュの基本情報(2022年4月8日現在)

店舗数 56店舗
来店間隔 最短2週間に1回
回数 6回〜18回・無制限
脱毛方式 SHR脱毛
IPL脱毛
予約方法 WEB・電話・LINE
割引 ペア割
リベンジ割
学割
キッズ割
キャンペーン情報
①顔・VIO含む全身脱毛2ヶ月無料
②無料カウンセリング来店で肌診断・両うで脱毛・フェイスマスクをプレゼント
③ホームケア脱毛器プレゼント
④ウマ羊膜エキス配合HADA TERASUプレゼント

公式サイト

料金プラン

※1 公式サイトの文言です。

※2 月額制プラン契約の方が対象です。

キャンペーン詳細

月額制プランを当日ご契約頂いた方(各店先着30名様限定)

カウンセリング来店の方全員。フェイスマスクはサンプルでのお渡しになります。

③④プラチナプランをご契約いただいた方。スタンダード・パーフェクトプラン18回・完了コースをご契約の方はホームケア脱毛器またはHADA TERASUどちらか1つお選びいただけます。

2シースリー

シースリー

おすすめポイント
  • このページからのカウンセリング予約で総額から10万円OFF※1
  • 脱毛、美肌がお家で叶う!4万円分の美容機器プレゼント※1
  • 回数無制限、追加費用なしの永久メンテナンス保証
  • イソフラボン、ヒアルロン酸配合のジェルでアフターケア
  • 6回コースは月々1,700円(税込)〜負担少なく全身脱毛が可能

シースリーは全身脱毛プラン2種類のみのシンプル設計。どちらも顔とVIO含む全身丸ごとの施術が可能で、日本人女性の肌のために開発された脱毛機で、痛み少なく脱毛していきます。

 通い放題プランは永久メンテナンス保証付き。更新手続きも必要ないので、脱毛に行かない期間があったとしても、気が向いた時にいつでも脱毛を再開できるのは嬉しいポイントです。

予約時間の1分前までに連絡すれば、キャンセル料や回数消化のペナルティはなし。仕事や学校で急用が入ったとしても追加料金の心配がいらないので、ストレスフリーに脱毛スケジュールが組めますよ。

美肌成分の入ったジェルでのアフターケアが受けられるので、脱毛しなが美肌も目指せます!

シースリーの料金プラン例

全身脱毛6回完了コース
月額(税込) 1,700円〜
総額(税込) 95,000円〜

シースリーは回数制と、無制限プランの2つがあります。最初から無制限プランは心配という方でも、差額を支払えば後からプラン変更が可能なので、まずは6回完了コースにするのもおすすめです。

このページからの申し込みで、無制限プランは今なら10万円OFF、脱毛器&美顔器プレゼントのキャンペーン実施中。サロンとお家のWケア方式で、脱毛効果の持続性が期待できますね。

月額2,000円以内で全身の脱毛ができるので、学生の方でも無理なく通えます。

シースリーの基本情報(2022年4月8日現在)

店舗数 61店舗
来店間隔 約3ヶ月に1回
回数 6回・無制限
脱毛方式 IPL脱毛
予約方法 WEB・電話・LINE
割引 スイッチ割
ペア割
学割
キャンペーン情報
①このサイトからの申し込みで、総額から10万円OFF
②ホームケア脱毛機&美顔器プレゼント
③全国30ヶ所以上のリゾートホテル1カ所ペア宿泊券
④沖縄orディズニーオフィシャルホテルペア宿泊券

公式サイト

料金プラン

※1 キャンペーン詳細を確認してください。

キャンペーン詳細

プレミアム全身脱毛通い放題。こちらのサイトからカウンセリング申し込み後、契約締結時に定価380,600円より10万円値引きされます。

プレミアム全身脱毛コースをお申し込み頂いた方へ家庭用脱毛器(会員様向け販売価格20,350円)と家庭用美顔器(会員様向け販売価格20,350円)をプレゼントさせて頂きます。

キャンペーン期間内に1名様で無料カウンセリングにお申込みを頂き、プレミアム全身脱毛コースをご契約いただいた方。初回施術の終了後に申し込みできます。2022年9月30日まで

キャンペーン期間内に無料カウンセリングに2名で同時お申込みを頂き、プレミアム全身脱毛コースをご両名様がご契約の場合。『ホテルオークラ東京ベイ』『ロワジール スパタワー 那覇 』『カヌチャベイホテル & ヴィラズ』『ルネッサンス リゾート オキナワ』の内お選び頂いた1か所のペア宿泊券。※同時カウンセリングをお申込み頂いた両名様でのペア宿泊券となります。ご両名様の初回施術終了後に申し込みできます。2022年9月30日まで

②/③④キャンペーンはどちらか一つの選択となり、両方のキャンペーンをご申請頂いた場合は、先にご申請を頂いたキャンペーンが適用されます。ご申請後の変更は致しかねます。

まとめ

脱毛の痛みは、脱毛方法や毛質、肌質などによってそれぞれです。痛みが弱い機械を選んだとしても、その日のコンディションによって左右される場合もあります。

痛みが不安な方は、日焼けをしない、保湿をしっかりするなど自分にできることから始めていきましょう。また、痛みを和らげるためにどんな対応をサロン・クリニックが行ってくれているかを事前に確認しておくと安心です。

痛み対策への理解を深めつつ、脱毛について前向きに検討していきましょう!

脱毛体験やパッチテストを行なっている店舗を選ぶのもおすすめですよ。
・本記事は、いかなる企業や団体等の見解を代表するものでもありません。
・本記事は、その内容についていかなる保証をするものでもありません。
・記事内で紹介されている製品やサービスなどについてご不明点などがある方は、当該製品やサービスなどの公式サイトや、メーカーなどへのお問い合わせにてご確認をお願いいたします。
・記事内で紹介している製品やサービスなどについての情報は、記事の作成または更新時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。
おすすめの記事