脱毛はしない方がいい

ムダ毛の自己処理が減るだけでなく、毛穴が引き締まり肌がキレイになるなどメリットの多い脱毛。興味はあっても、料金や痛みなどに不安があり、なかなか踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

この記事はこんな方におすすめ

  • 脱毛はしない方がいいと聞いたことがある方
  • 脱毛しようか迷っている方
  • 脱毛のデメリットと対処方法を知っておきたい方

今回の記事では、「脱毛しない方がいい」と言われる理由である、デメリットな部分を徹底的に解説。デメリットの解消方法や脱毛のメリットなども解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

契約後に”こんなはずじゃなかった”と後悔しないように、事前にしっかり知識をつけておきましょう。

脱毛のデメリット

脱毛について調べていると、「脱毛はしない方がいい」という言葉を目にしたことがある人も多いかもしれません。なぜそのような意見があるのでしょうか?デメリットと共に解説します。

脱毛の主なデメリット

1.費用がかかる
2.部位によって痛みがつらいことがある
3.定期的に通う必要がある
4.脱毛完了した部分を元に戻すのは難しい

1費用がかかる

費用がかかる

全身脱毛にはそれなりの費用が必要です。サロンやクリニックの全身脱毛には顔・VIOが含まれていないプランがあり、全身ツルツルの肌を手に入れるためには、顔やVIOを別契約しなければなりません。

 中にはローンやクレジットの分割払いが利用できる場合もありますが、手数料がかかってしまい、人によっては割高感を感じることもあるでしょう。

また、剃り残しのシェービング料やキャンセル料、麻酔代などが発生すると、予定していたよりも高額になってしまうことも考えられます。

サロンやクリニックによって必要な追加料金は異なるので、料金面が不安な方は納得できるまでしっかり相談してから契約しましょう。

プラン料金はもちろん、どういった費用が追加で必要になるか、事前に必ず確認しましょう!

2部位によって痛みがつらいことがある

もっとも痛みを感じた部位

アンケート調査の詳細
総数 割合
n 280 100%
ワキ 128 45.7%
VIO 84 30%
脚(足) 43 15.3%
10 3.5%
8 2.8%
手・指 7 2.5%
調査期間 株式会社ジャストシステムファストアスク
調査目的 あなた自身に関する実態調査
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 脱毛サロン・クリニックの利用経験がある10代〜60代の女性
調査対象地域 日本
調査期間 2022年01月17日~2022年01月20日

脱毛のデメリットとしてあげられるのが、痛みを感じることがある点です。痛みは個人差があり断言はできませんが、一般的に脱毛サロンよりも医療脱毛の方が痛みが強いといわれています。

 痛みを感じやすい部位には「皮膚が薄い・毛量が多い・色素沈着がある・骨に近い場所」の特徴があります。

中でもワキやVIOは特に痛みを感じやすいです。実際にキレイマが実施した独自のアンケート調査でも、ワキとVIOで最も痛みを感じた女性が7割以上いることがわかっています。

痛みに耐えきれず、脱毛に通うことが嫌になってしまうことも考えられます。慎重に検討しましょう。

3定期的に通う必要がある

定期的に通わなければならない

全身脱毛は一度施術を受ければ終わるものではなく、定期的に通う必要があります。脱毛は「毛周期」という毛が生えるサイクルに合わせて行っていく必要があるためです。

 身体の毛は「成長期→退行期→休止期」のサイクルを繰り返しており、脱毛でアプローチできるのは基本的に「成長期」の毛だけといわれています。

成長期の毛は全体の20%程度。さらに身体の部位によって毛周期は変わるということもあり、1回の施術ですべての毛にアプローチすることは難しく、脱毛を完了させるには複数回施術を行う必要があるのです。

仕事や家事で忙しい女性にとって、定期的に何度も通うことが億劫に感じてしまう方もいます。

4脱毛完了した部分を元に戻すのは難しい

脱毛を行った場合、「やっぱりここの毛は残しておけばよかった」と後悔してしまうことがあるかもしれません。女性の場合、特にVIO脱毛で起こりやすい問題といわれています。

 例えば「デリケートゾーンの毛をすべて脱毛したら温泉に行ったときに恥ずかしい思いをした」「パートナーの好みじゃなかった」などというケースです。

永久脱毛効果が期待できる医療脱毛や、サロン脱毛でも施術の回数を重ねている場合、脱毛前の状態に戻すということは難しいでしょう。

デメリットの解消方法

ここまで脱毛のデメリットを解説してきました。もしかしたら脱毛に対して、不安が大きくなってしまった方もいるかもしれません。しかし、デメリットには解消方法があるので安心してください。

脱毛解消を知っておくことで、脱毛のデメリットを最小限に抑えることができますよ。

1脱毛費用を抑えるためには追加費用の有無をチェック

追加料金例

脱毛費用を少しでも抑えるためには、追加費用の有無をチェックすることが大切。どんな追加費用が発生するかはサロンやクリニックによって異なるので、よく比較しましょう。

 予定が変わりやすい方はキャンセル料無料、スケジュールに合わせて通う店舗を変えたい方は、店舗移動手数料無料など、ライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

また、まとまったお金を用意することが難しい方でも、一度カウンセリングの際に相談してみましょう。分割払いや医療ローンに対応しているところなら、負担少なく脱毛をスタートできますよ。

追加費用は数千円程度ですが、毎回発生するとなると高額になってしまうこともあるので注意です!

2光の出力調整や麻酔で痛みを軽減できる

痛みの対処法

痛みに弱い方は、医療脱毛に比べて痛みが優しいとされる脱毛サロンを利用するのがおすすめ。脱毛サロンの脱毛器でも不安という方は、出力を弱めてもらうことも可能です。

 医療脱毛がしたいという方は、麻酔が利用できます。麻酔の種類はクリニックによって異なるので、どの麻酔が使えるか事前にチェックしておきましょう。

脱毛には痛みがつきもの。実際の脱毛機を使用しての無料体験やパッチテストを受けられるところも多いので、契約前にまずは脱毛機との相性を確かめると安心です。

脱毛は何度も通うことになるので、少しでも痛みを抑えられるところを選んでおきましょう。

3デリケートゾーンや眉のデザインは事前によく考えよう

デザインを考える

脱毛といっても、デリケートゾーンや眉、うなじは、人によって好みのデザインは違います。脱毛後にやっぱり残しておけばよかったと後悔しないよう、事前によく考えておきましょう。

 カウンセリングの際にスタッフに相談すると、人気のデザインや失敗しにくいデザインを提案してくれます。

脱毛していくうちに、理想のデザインが変わりそうな方は、最初は多めに毛を残しておくと安心です。後から整えていくことができれば、満足のいくデザインになりますよ。

デザインごとのメリット、デメリットや失敗談を知っておくことも大切です。

脱毛をすると汗が増えるって本当?

汗が増える

脱毛しようか迷っている方の中で「ワキ脱毛をするとワキ汗が増える」という噂を聞いた方もいるかもしれません。結論から言うと、脱毛とワキ汗は関係ありません

 サロンやクリニックの脱毛マシンがアプローチしているのは、バルジ領域や毛母細胞。汗腺の組織や機能へ直接的に影響を及ぼすことはありません。

ではなぜワキ汗が増えたように感じる方がいるのでしょうか。考えられる主な原因は次の3つです。

ワキ汗が増えたように感じる主な原因

・体毛が減って汗を感じやすくなった
・脱毛したことでワキを意識しすぎてしまっている
・「脱毛後多汗症」の疑いがある

ワキの毛がなくなることで、脱毛前よりも汗が肌に触れやすくなります。また、綺麗になったワキを意識しすぎて、それまで気になっていなかったワキ汗が気になるようになってしまうこともあるでしょう。

 しかし中には、脱毛後にワキ汗の発汗量が増える「脱毛多汗症」の症状が現れる方もいます。

一時的なもので、ほとんどの人は自然に治るといわれています。心配な方や、汗の量がかなり増えてしまったと感じる場合は、クリニックなどで医師に相談してみましょう。

ワキ脱毛をすることで、ムレにくくなりにおいが軽減されるというメリットもありますよ。

脱毛をする4つのメリット

脱毛をすることは、デメリットだけではありません。ここからは、脱毛のメリットについて解説していきます。脱毛をすることで得られる主なメリットは、次の4つです。

脱毛をするメリット

1.自己処理による肌の負担を軽減できる
2.ムダ毛を気にせずオシャレを楽しめる
3.自分の手が届かない部位も施術してもらえる
4.毛穴が目立ちにくくなる

1自己処理による肌の負担を軽減できる

自己処理で肌を傷つけるリスクがなくなる

ひとつ目のメリットは、脱毛によって自己処理の頻度が減ることで、肌の負担を軽減できるという点です。

カミソリや毛抜き、ワックスなどを使用する自己処理は肌への負担が大きく、埋没毛や色素沈着、肌荒れや乾燥、毛嚢炎などの肌トラブルの原因となってしまいます

 手軽に使用できるカミソリですが、実は肌の角質層まで削ってしまうので、肌を保護するバリア機能が低下して、外部からの刺激に敏感な状態になってしまいます。

脱毛をサロンや医療クリニックで行えば、定期的な自己処理から解放され、肌への負担を減らすことができるでしょう。

肌を痛めつけることなく、ツルツルの状態に近づけるでしょう。

2ムダ毛を気にせずオシャレを楽しめる

オシャレを楽しめる

全身脱毛を行うメリットとしてあげられるのが、ムダ毛を気にすることなくいつでも好きなファッションを楽しめるという点です。うっかり自己処理を忘れて、ふとした瞬間に自分のムダ毛に気づいたら、その日は思いっきり楽しめませんよね。

ノースリーブや背中の開いた服が着たい!と思っても、自己処理した後の肌に自信がない…とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

 脱毛をしておけば、急なおでかけの時も、時間がない朝もムダ毛を気にせず好きな服を楽しむことができます。

特に、うなじも含まれた全身脱毛ならアップヘアにも自信を持つことができるでしょう。いろいろなヘアスタイルに挑戦できて、ファッションの幅も広がりますね。

全身脱毛を行えば、ムダ毛に悩んでいた時間を別のことに使えるでしょう。

3自分の手が届かない部位も施術してもらえる

自分の手が届かない部位

全身のムダ毛を自分で処理をするとなれば、相当な時間が必要になります。特に背中やうなじなどは自分では見えないので、自己処理が難しい部位です。

家族や友人に手伝ってもらえれば安心ですが、一人で鏡を見ながら慎重に処理するには時間と肌を傷つけないようにする集中力がいります。

 サロンや医療クリニックでの脱毛なら、寝ているだけでOK。自分では難しい背中やうなじ、VIOまでしっかり脱毛ができます。

自分では手の届かない部位は、脱毛前のシェービングを無料で行ってくれるサロン・クリニックもあるので、追加料金が気になる方はしっかりチェックしておきましょう。

痛みが少ないサロン脱毛の場合、まるでエステを受けているような気分になれますよ。

4毛穴が目立ちにくくなる

毛穴が目立ちにくくなる

顔脱毛することのメリットは、広がってしまった毛穴が引き締まり、目立ちにくくなる点です。

ムダ毛があると、毛穴から分泌された皮脂や汚れが絡みついて毛穴を詰まらせる原因になり、毛穴自体もどんどん開いて目立ってしまいます。

 顔脱毛でうぶ毛を脱毛すれば、広がってしまった毛穴が小さくなっていく効果も期待できるでしょう。

また、顔に生えているうぶ毛には薄い色がついているため、密集して生えていると顔全体がくすんで見えてしまうことも。顔脱毛でうぶ毛がなくなれば、肌のトーンもパッと明るく見えますよ。

脱毛に迷ったらここ!全身脱毛おすすめサロン

1ストラッシュ

ストラッシュ

おすすめポイント
  • 医療関係者が選ぶ脱毛サロン7年連続No.1※1
  • 無料カウンセリングで両うで脱毛プレゼント
  • 2週間に1度通えるから、最短6ヶ月で完了※1
  • 顔、VIO含む全身脱毛が今だけ2ヶ月分無料※2
  • 美容成分たっぷりのジェルで美肌も目指せる

ストラッシュは「医療関係者が選ぶ脱毛サロン」7年連続No.1に輝いている実績がある脱毛サロン。毛周期に関係なく照射ができる脱毛方式を採用しているので、最短2週間に1回のハイペースで通えます。

 高保湿成分の美容成分がたっぷり含まれたジェルを肌に浸透。黒ずみを改善し、脱毛しながら美肌を目指せるのは嬉しいポイントです。

脱毛機に連続冷却システムが搭載されているので、痛みが少ないといわれています。敏感肌の方でもストレスフリーに脱毛できるので、安心です。

カウンセリングでは、実際に施術で使用する脱毛機での両うで脱毛が無料で受けられますよ!

ストラッシュの料金プラン例

全身脱毛月額制(顔&VIO込み)
期間 制限なし
月々(税込) 4,400円

ストラッシュの料金プランは、期間や回数を決めて脱毛できるコースと月額制のコースで分かれています。今なら各店舗先着30名様限定で、2ヶ月分無料のお得なキャンペーン実施中です。

自分が満足したらいつでも辞められるので、無駄がなく経済的に脱毛したい方におすすめ。学割やのりかえの割引率も最大30%と高いので、対象の方はぜひ検討してみましょう。

ローンを組むことに抵抗がある方や、自分に合った回数がわからない方におすすめです!

ストラッシュの基本情報(2022年4月8日現在)

店舗数 56店舗
来店間隔 最短2週間に1回
回数 6回〜18回・無制限
脱毛方式 SHR脱毛
IPL脱毛
予約方法 WEB・電話・LINE
割引 ペア割
リベンジ割
学割
キッズ割
キャンペーン情報
①顔・VIO含む全身脱毛2ヶ月無料
②無料カウンセリング来店で肌診断・両うで脱毛・フェイスマスクをプレゼント
③ホームケア脱毛器プレゼント
④ウマ羊膜エキス配合HADA TERASUプレゼント

公式サイト

料金プラン

※1 公式サイトの文言です。

※2 月額制プラン契約の方が対象です。

キャンペーン詳細

月額制プランを当日ご契約頂いた方(各店先着30名様限定)

カウンセリング来店の方全員。フェイスマスクはサンプルでのお渡しになります。

③④プラチナプランをご契約いただいた方。スタンダード・パーフェクトプラン18回・完了コースをご契約の方はホームケア脱毛器またはHADA TERASUどちらか1つお選びいただけます。

2シースリー

シースリー

おすすめポイント
  • このページからのカウンセリング予約で総額から10万円OFF※1
  • 脱毛、美肌がお家で叶う!4万円分の美容機器プレゼント※1
  • 回数無制限、追加費用なしの永久メンテナンス保証
  • イソフラボン、ヒアルロン酸配合のジェルでアフターケア
  • 6回コースは月々1,700円(税込)〜負担少なく全身脱毛が可能

シースリーは全身脱毛プラン2種類のみのシンプル設計。どちらも顔とVIO含む全身丸ごとの施術が可能で、日本人女性の肌のために開発された脱毛機で、痛み少なく脱毛していきます。

 通い放題プランは永久メンテナンス保証付き。更新手続きも必要ないので、脱毛に行かない期間があったとしても、気が向いた時にいつでも脱毛を再開できるのは嬉しいポイントです。

予約時間の1分前までに連絡すれば、キャンセル料や回数消化のペナルティはなし。仕事や学校で急用が入ったとしても追加料金の心配がいらないので、ストレスフリーに脱毛スケジュールが組めますよ。

美肌成分の入ったジェルでのアフターケアが受けられるので、脱毛しなが美肌も目指せます!

シースリーの料金プラン例

全身脱毛6回完了コース
月額(税込) 1,700円〜
総額(税込) 95,000円〜

シースリーは回数制と、無制限プランの2つがあります。最初から無制限プランは心配という方でも、差額を支払えば後からプラン変更が可能なので、まずは6回完了コースにするのもおすすめです。

このページからの申し込みで、無制限プランは今なら10万円OFF、脱毛器&美顔器プレゼントのキャンペーン実施中。サロンとお家のWケア方式で、脱毛効果の持続性が期待できますね。

月額2,000円以内で全身の脱毛ができるので、学生の方でも無理なく通えます。

シースリーの基本情報(2022年4月8日現在)

店舗数 61店舗
来店間隔 約3ヶ月に1回
回数 6回・無制限
脱毛方式 IPL脱毛
予約方法 WEB・電話・LINE
割引 スイッチ割
ペア割
学割
キャンペーン情報
①このサイトからの申し込みで、総額から10万円OFF
②ホームケア脱毛機&美顔器プレゼント
③全国30ヶ所以上のリゾートホテル1カ所ペア宿泊券
④沖縄orディズニーオフィシャルホテルペア宿泊券

公式サイト

料金プラン

※1 キャンペーン詳細を確認してください。

キャンペーン詳細

プレミアム全身脱毛通い放題。こちらのサイトからカウンセリング申し込み後、契約締結時に定価380,600円より10万円値引きされます。

プレミアム全身脱毛コースをお申し込み頂いた方へ家庭用脱毛器(会員様向け販売価格20,350円)と家庭用美顔器(会員様向け販売価格20,350円)をプレゼントさせて頂きます。

キャンペーン期間内に1名様で無料カウンセリングにお申込みを頂き、プレミアム全身脱毛コースをご契約いただいた方。初回施術の終了後に申し込みできます。2022年9月30日まで

キャンペーン期間内に無料カウンセリングに2名で同時お申込みを頂き、プレミアム全身脱毛コースをご両名様がご契約の場合。『ホテルオークラ東京ベイ』『ロワジール スパタワー 那覇 』『カヌチャベイホテル & ヴィラズ』『ルネッサンス リゾート オキナワ』の内お選び頂いた1か所のペア宿泊券。※同時カウンセリングをお申込み頂いた両名様でのペア宿泊券となります。ご両名様の初回施術終了後に申し込みできます。2022年9月30日まで

②/③④キャンペーンはどちらか一つの選択となり、両方のキャンペーンをご申請頂いた場合は、先にご申請を頂いたキャンペーンが適用されます。ご申請後の変更は致しかねます。

まとめ

今回は「脱毛をしない方がいい」と言われている理由である、脱毛のデメリットの面を中心に説明してきました。脱毛は費用がかかり、痛みもあるので不安がある方も多いかもしれません。

しかし、脱毛をすれば自己処理の負担が減って、ムダ毛を気にすることなくいつでも好きなファッションを楽しめるなどメリットもたくさんあります。

デメリットの解決法を参考にしながら、ぜひ一度脱毛を体験してみてください。どんどんツルスベになっていく自分の肌に自信が持てて、脱毛に通うのが楽しくなりますよ。

脱毛のデメリットを事前によく理解しておけば、後悔や失敗も防げるでしょう。
・本記事は、いかなる企業や団体等の見解を代表するものでもありません。
・本記事は、その内容についていかなる保証をするものでもありません。
・記事内で紹介されている製品やサービスなどについてご不明点などがある方は、当該製品やサービスなどの公式サイトや、メーカーなどへのお問い合わせにてご確認をお願いいたします。
・記事内で紹介している製品やサービスなどについての情報は、記事の作成または更新時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。
おすすめの記事