AGAとは

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で男性型脱毛症のことを指します。成人男性に見られることが多く、生え際や頭頂部の毛が抜けて、薄毛になっていく症状です。

男性の中には、「最近少し髪が薄くなってきたけど、自分はAGAなのかな」「AGAの原因や治療法を知りたい」と疑問や不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

本記事ではAGAの原因や治療法、進行する前にできる対策など、AGAについて詳しく解説していきます。AGAを治療できるクリニックも紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

AGAについてよく知り、治療を行っていきましょう!

AGA=男性型脱毛症の原因と治療法

AGAという言葉は一般的になってきています。しかし、薄毛に悩む男性でも、AGAとは何かよく知らない場合も。自分がAGAなのか、治療可能なのかについて立ち止まって考えてみましょう。

AGAとは男性型脱毛症のこと

AGA

AGAとは、男性ホルモンによって薄毛が進行していくことを指します。英語ではAndrogenetic Alopeciaと言って、アンドロゲン=男性ホルモンの脱毛症という意味です。

男性は、思春期以降に男性ホルモンが体から分泌される量が変わります。分泌される男性ホルモンの量に左右されて、薄毛が進行していくのがAGAの特徴です。AGAになると髪の毛の毛質が柔らかくなっていく体質になってしまいます

AGAは「病気」というよりは自然現象なんですね。

AGAは病気なの?

老人

病気というよりは体質の変化で、老化と同じく自然現象ともいえます。薄毛はひたいや頭頂部から始まっていく場合が多く、一方もしくは両方から薄毛が進行していきます。

東京医科大学病院のサイトから引用した調査によると、日本では1,260万人がAGAに悩んでいるといわれています

 日本人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいるといわれています。

AGA9つのタイプとは?

AGA9つのタイプ

AGAは進行するのにパターンがあります。日本でよく知られているのが『ハミルトン・ノーウッド分類』という進行の具合を示す座標で、次のように分類されます※1。

タイプ 進行度
Ⅰ型 生え際が少し薄毛になっている。本人は気になるが、他の人からは気づかれにくい。
Ⅱ型 Ⅰ型よりも生え際が薄毛になっている状態。
Ⅱ vertex型 Ⅱ型の薄毛に加え、頭頂部が円形に薄くなっている。
Ⅲ型 生え際の薄毛がくっきりとM字の薄毛になっている。髪全体が軟毛になり、薄くなってくる。
Ⅲ vertex型 Ⅲ型の薄毛に加え、頭頂部がさらに円状に薄くなっている状態。
Ⅳ型 ひたいが広くなっていき、頭頂部が円形に薄くなる。
Ⅴ型 ひたいの広さが際立っていき、頭頂部とつながってしまいそうな状態。
Ⅵ型 ひたいの毛がなくなり、頭頂部とつながってしまう。
Ⅶ型 Ⅵ型がさらに進行し、頭の横側も薄毛が目立つ状態。

    AGAはハミルトン・ノーウッド分類でわかるような特徴的な薄毛が進行していきます。逆説的に、いきなり髪全体が薄くなっていく薄毛は、AGAではなく別の原因があるかもしれません※2

    病気とはいえず体の自然現象といわれるAGAですが、現在は予防と治療が可能です。

    AGAの原因とは?

    抜け毛

    AGAを予防したり治療したりするには、まず原因を知らなくてはなりません。AGAは男性ホルモンが原因となって起こる薄毛現象です。

    AGAは年齢とともに進行していきます。進行の引き金となっているのが、男性ホルモンです。※1

     ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が引き金となって、髪の毛の成長サイクルを乱してしまいます。

    AGAを引き起こす男性ホルモンが作用するのが生え際と頭頂部だけなので、AGAの薄毛は特徴的な始まり方をするのです。

    原因となる男性ホルモンは毛母細胞という毛が生えてくるところを攻撃して生えなくしてしまうので、薄毛になってしまいます。AGAを引き起こす男性ホルモンの分泌の仕方は遺伝によるところも※2あります。

    AGAは遺伝が大きな原因となっているんですね。

    AGAの予防には毛周期が大切

    調べる

    AGAを予防するには、髪の毛の生えてくるサイクル(毛周期)を整えてあげることです。遺伝はどうにもなりませんが、髪の毛が生えやすくなるよう環境を整えてあげることは可能です。

    髪の毛にいい環境づくりとは、ストレスをためない・生活習慣を規則正しくすること。睡眠不足や栄養の偏り、運動不足は髪の毛の発育にいい環境ではないでしょう※1。しかし、予防でAGAを完全に防げるわけではありません。

     規則正しくストレスの少ない生活をしていても、AGAになるときにはなります。

    AGAになってしまった場合、AGAの体質は病院で治療が可能になっています。

    AGAの治療法は?

    AGAは病院で治療可能

    医者

    AGAは病院で治療が可能な体質の問題です※1。保険適用にはならないところに注意が必要です。

    ただ、病院で治療を受けることで、髪の毛の成長サイクルを活発にすることができます。病院ではどのようなAGA治療が受けられるか確認していきましょう。

     保険適用外にはなりますが、AGAは治療可能です。

    AGAの治療は飲み薬と外用薬

    薬

    AGAの治療は、飲み薬と外用薬を使います。飲み薬では、おもにAGAの原因となる男性ホルモンのはたらきを阻害して、毛が生えるサイクルを正常に戻すよう体にはたらきかけます※1

    肝臓に負担のかかる薬ですので、必ず服用前に血液検査を行います。個人輸入で勝手に飲み始めるのは、控えましょう。そのほかに、外用薬としてミノキシジルの配合された発毛剤を使用※2します。

     育毛剤と発毛剤の違いは後ほど説明します!

    ミノキシジル配合の発毛剤は、クリニックでも薬局でも手に入ります。

    AGAを治療できるおすすめクリニック3選

    この項目では、AGA治療が行えるクリニックを3つ紹介していきます。クリニックの実院展開が少なくても、オンライン診療を行なっているクリニックもあるので要チェックですよ。

    1AGAスキンクリニック

    AGAスキンクリニック
    おすすめポイント3つ
    • オンラインでも来院でも相談可能
    • 完全予約制で人に会わずに治療できる
    • 100万人の発毛治療を行なってきた実績に自信

    AGAスキンクリニックは、オンラインでも来院でもAGAの相談・治療が受けられます。初回カウンセリングは無料で、いざ治療を始めるとなったときの血液検査代もかかりません。

    治療を開始して6ヶ月が経ち、もしAGAの治療に満足がいかない場合は、全額返金を行っています。

    全額返金制度を利用するためには、来院当初の写真と6ヶ月後の写真を患者さん本人とクリニック側の双方が見て、効果がなかったと認める必要があります。

    また、治療薬が持病や副作用で飲めなくなった場合も返金できません。直営院と提携院あわせて100万人の発毛治療を行なってきた実績※1から、AGAスキンクリニックは発毛に自信があります。

     発毛に対して自信があるので、全額返金制度という強気な施策が出せるんですね。

    遠方の方へは初回のみ交通費の補助がありますので、家から遠いからといってAGAスキンクリニックでの治療を諦めなくても良いようです。

    AGAスキンクリニックのAGA治療例

    治療コース 毎月かかるお金(税込)
    予防を希望の方 初診3,700円/月再診以降6,200円/月
    AGAの進行を遅らせたい方 15,400円/月
    発毛を希望の方 38,500円/月

    AGA治療例として、予防を希望AGAの進行を遅らせる発毛を希望という3つのプラン例を挙げました。AGAスキンクリニックではほかにも本格的な治療コースがあり、本人の希望によって治療の内容と金額が異なります

    予防の段階でAGAスキンクリニックに通えば、1万円かからずに治療が受けられるんですね。お財布に優しいのは、早く治療を行うメリットになります。

    治療内容は内服薬の使用と、希望する発毛効果によっては外用薬や頭皮注射を行います。

    AGAスキンクリニックの基本情報

    クリニック数 全国62院
    診療時間 院によって異なります。お問い合わせください
    お問い合わせ方法 ウェブ・電話・メール・LINE

    2クリニックフォア

    クリニックフォア
    おすすめポイント3つ
    • オンラインでのAGA治療が可能なクリニック
    • 初診料は0円とお財布に優しい
    • お薬は宅配してくれて、クレジットカード等での支払いが可能

    クリニックフォアグループはオンライン診療でのAGA治療に力を入れているクリニックです。コロナ禍になって厚生労働省は初診からオンライン診察することを認めました※1

    クリニックフォアグループではオンライン診療の便利さを活かし、AGAの相談や治療を家で他人に見られることなく受けられるようにしています。

    初回の診察料は0円。とりあえず話だけでも……という方にもおすすめです。

    オンライン診察は、ウェブでの問診を経て、電話かウェブカメラを通したテレビ会議システムで診療を行なっていきます。

    お支払いもクレジットカードかGMOあとばらいを使えるので、現金を使わない派の人にも安心。予約状況は公式サイトから簡単に確認できるので、最短当日のオンライン診察も可能です。

     当日でもオンライン診療が受けられるのは忙しい男性にとって嬉しいポイントです。

    薄毛の悩みがあったらとりあえずオンラインで、という時代になったのですね。

    クリニックフォアのAGA治療例

    治療コース 毎月かかるお金
    発毛ライトプラン 1ヶ月目0円、2ヶ月目以降9,163円/月(税込)

    クリニックフォアのAGA治療は単純明快です。治療薬ミノキシジルとフィナステリドを処方し、AGAに悩む患者さんに飲んでいただきます。ミノキシジルとフィナステリドは医師による処方が必要なお薬です。

     ドラッグストアに置いてある発毛剤に配合されているミノキシジルよりも高濃度のものをお薬として出すことができます。

    副作用の心配をする方にも、医師が診療をしてくれるから安心。薄毛に効果があると認められている薬だからこそ、リスクもありますがベネフィットも期待できます。

    全国にお薬を配送してくれるので、どこにいても気軽に診療が受けられますね。

    クリニックフォアの基本情報

    クリニック数 7院+オンライン診療※2022年3月28日確認
    診療時間 オンラインは9:00〜20:00
    お問い合わせ方法 ウェブ

    3AGAヘアクリニック

    AGAヘアクリニック
    おすすめポイント3つ
    • さまざまなエキスパートが患者さんをサポートするAGA専門クリニック
    • プライバシーに配慮し、カウンセリングから会計まで個室で行う
    • 治療効果がないと医師が判断した場合全額返金

    AGAヘアクリニックはAGA治療が専門のクリニックです。医師のほかに毛髪診断士・臨床検査技師・コンシェルジュが在籍※1し、AGA患者さんの気持ちに寄り添った治療を行なっていきます。

    AGAヘアクリニックは単なる増毛をかなえるだけではありません。

    患者さんがストレスなく生活でき、QOLをあげていけるようにさまざまなエキスパートが診療していきます。

    カウンセリングは毛髪診断士が行い、毛髪に関する知識や薬理学・精神医学的な観点からAGA患者さんに合ったアドバイスをしていきます。

    頭髪に関する不安を抱えて来院するAGA患者さんのために、カウンセリングルームはプライバシーに配慮。相談から会計までカウンセリングルームを移動することなく済ませられます。

     プライバシーに配慮された空間で、安心して治療が受けられるのがAGAヘアクリニックの特徴です。

    また、1年間継続して治療を行なったにもかかわらず、医師が「発毛の効果が認められない」と判断した場合は全額返金制度があります。

    AGAヘアクリニックのAGA治療例

    治療コース 毎月かかるお金(税込)
    髪の毛を維持したい 1,800円〜8,000円/月

    まずは発毛を実感したい

    10,800円〜18,000円/月

    より効果的な発毛を目指したい

    22,800円〜31,000円/月
    AGAヘアクリニックでは、上に挙げた3プラン※2のほかにも頭皮のフケやかゆみを相談するコース、毛髪サプリで抜け毛対策をするコースが用意されています。
    自分の悩みの程度とお財布の事情によって、どのコースを選ぶかクリニックとよく相談してみましょう。毎月かかるお金は、使用する薬品によって異なります。
    内服薬をどれだけ飲むか、外用薬を使うかどうかによって価格が変わってきますので、自分の薄毛の程度をしっかり相談しながらクリニックと納得いくまでかかる費用を話し合う必要があります。

    自分の悩みの程度に合わせて治療内容を柔軟に変えてくれるんですね。

    AGAヘアクリニックの基本情報

    クリニック数 2院+オンライン診療※2022年3月18日確認
    診療時間

    10:00〜20:00

    お問い合わせ方法 ウェブ・電話

    AGA治療で注意したいこと

    AGA治療にはお金がかかります。なぜなら、AGA治療は保険適用ではなく自由診療の治療だからです。ここでは、AGA治療で気をつけたいことを解説していきます。

    AGA治療で注意したいこと
    ①自分の治療のゴールを話し合って決めたか
    ②高価な化粧水など売りつけられていないか
    ③薬の副作用について説明があったか

    1自分の治療のゴールを話し合って決めたか

    話し合い

    AGAの治療を受ける際に注意したいのが、自分の治療のゴールを医師としっかり話し合って決めたかどうかです。自分の生やしたい髪の毛の量と、医師やクリニックの目標が食い違っていると後々悲しくなる原因に。

    AGA治療には、肝臓に負担のかかる飲み薬や、男性ホルモンに働きかける外用薬を使用※1します。

     治療は体に負担もかける行為ですので、しっかりゴールを決めて治療に向き合わないと自分の健康を損なう危険があります。

    どこまで自分が髪の毛を生やしたいのか、どこまでリスクを受容するのかきちんと話し合いましょう。

    2高価な「化粧水」などを売りつけられていないか

    高価な化粧品

    AGA治療をするクリニックの中には、頭皮用の高価な化粧水を売ってくるところがあります。化粧水と表現しましたが、「育毛剤」または「化粧品」と標榜するところもあります※2

    育毛剤の効果は脱毛の予防や養毛あり、化粧品として売られているヘアトニックは頭皮を健やかに保つなどのためのものであって、発毛それ自体の効果はありません。

    決して、治療で使用する「発毛剤」と同じように髪の毛が生えてくるわけではないのです。

    AGA治療を行うクリニックが発毛剤ではなく自社製品の育毛剤や高価な化粧品を売りつけてこないか、十分チェックしましょう。

    3薬の副作用について説明があったか

    自分の薄毛のタイプ

    「くすりはリスク」という言葉があります。薬は良い効果もあれば、副作用もあり得るという意味です。AGA治療の飲み薬は男性ホルモンのはたらきを抑制し、髪の毛の発育につなげるという仕組みです※3

    男性ホルモンを抑制すれば、もちろん他の男性機能に影響が出てくることが考えられます。EDになったり、筋力が落ちたりと、男性らしい体ではなくなっていく可能性があります。

    使用する薬の副作用についてもしっかりカウンセリングをしてくれるクリニックを選びましょう。

    まとめ

    AGAの原因や治療方法、対策などAGAの基本について解説していきました。薄毛は今や治療が可能。自身の進行具合によって、適切な施術が受けられるクリニックを選ぶことが大切です。

    クリニックを選ぶ際には、通いやすさや明確な料金体系であるかなど自分にとって外せない基準を重視しましょう。ドクターとの信頼関係も大切になるので、ぜひ自分に合ったクリニックを見つけてくださいね。

    AGAを治療して、自分に自信を持てるようになれば生活も楽しくなりますよ。。
    ・本記事は、いかなる企業や団体等の見解を代表するものでもありません。
    ・本記事は、その内容についていかなる保証をするものでもありません。
    ・記事内で紹介されている製品やサービスなどについてご不明点などがある方は、当該製品やサービスなどの公式サイトや、メーカーなどへのお問い合わせにてご確認をお願いいたします。
    ・記事内で紹介している製品やサービスなどについての情報は、記事の作成または更新時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。
    おすすめの記事